社会人におすすめの勉強場所とおすすめ勉強法。朝昼夜別。

社会人におすすめの勉強場所とおすすめ勉強法。朝昼夜別。

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
社会人におすすめの勉強場所とおすすめ勉強法
朝昼夜別にわけてお伝えします。
 
それぞれの時間帯に合う場所、
合う勉強法を使って、
効率良く、疲れず、ストレス感じず、
勉強を継続して
いきましょう。
 
 
 

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法


社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法
お伝えします。
 
朝の勉強には
ここで紹介する場所で、
勉強していきましょう。
 
それが効率的です。
 
 

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法① 電車

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法1つ目は、
電車
です。
 
電車通勤の方の場合ですね。
電車内で勉強しましょう。
 
ただつったていても、
時間がもったいない
ですよね。
 
だから、
なにかしら勉強するものを
事前に用意しておいて、
その時間を有効に活用しましょう。
 
座れるなら読む系、見る系
座れないなら聞く系の勉強を
用意しておきましょう。
 
 

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法② 車

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法2つ目は、

です。
 
車通勤の方の場合は
こっちですね。
 
車通勤の場合、
手を使う勉強はできないので、
基本的には聞く系の勉強を
やっていきましょう。
 
見る系もできなくはないけど、
危ないのでやめておきましょう。
 
 

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法③ 自宅

社会人の朝の勉強場所とおすすめ勉強法3つ目は、
自宅
です。
 
朝少し早く起きて、
自宅で勉強する場合ですね。
 
自宅なので、
どんな勉強法でもできますが、
朝の場合は、
あまりハードな勉強は
しないように
しましょう。
 
なぜかというと、
会社行く前に疲れちゃうからです。
 
がっつり書く勉強とか、
めっちゃ音読するとか

 
そういうのは
避けていきましょう。
 
 
 

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法


ここからは、
社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法
をお伝えします。
 
社会人が昼に勉強するならここ!
っていうのを紹介します。
 
昼にも少し勉強すると、
いい感じに勉強時間が確保できて、
効率良く勉強が進みます。
 
ご自分に合いそうなのを
使ってください。
 
 

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法① 店

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法1つ目は、

です。
 
ランチを食べに、
外に出る方向けですね。
 
食べてすぐ出る!
って感じの店ではない
のんびりすごせるタイプの店を
選んでそこで食後に少し勉強しましょう。
 
堂々と勉強道具広げると、
店側にケチつけられることも
あるかもしれないので、
外の店を使う場合は、
軽めの勉強の準備をして
おきましょう。
 
スマホで動画見るとか、
アプリで軽く復習するとか、
 
そのくらいが良いと思います。
 
 

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法② オフィス

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法2つ目は、
オフィス
です。
 
昼のオフィスが静かで、
集中しやすい場合は、
さっさとメシ食ってオフィスに戻って
勉強するのがおすすめ
です。
 
オフィスであれば、
おもいきり勉強道具を広げて
勉強するのも全然okなので、
問題集持っていって、
解きまくる
とかもアリです。
 
オフィスでの勉強では、
英語の発音練習ができない
くらいですかね。
 
それ以外はどんなのでも
出来るかと思います。
 
 

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法③ 公園

社会人の昼の勉強場所とおすすめ勉強法3つ目は、
公園
です。
 
公園のベンチで、
だらだら過ごす
のではなく勉強する

ってのもなかなかいいと思います。
 
スマホアプリ、
スマホで動画見る、
勉強用の本を読む

 
このアタリであれば
公園でのんびりリラックスして、
取り組めると思います。
 
店やオフィスで勉強するのは
あまり気が乗らない場合に
おすすめです。
 
 
 

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法


ここからは、
社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法
をお伝えします。
 
朝、昼とは若干違うところもあるので、
それぞれの時間に合わせて使ってください。
 
 

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法① 電車

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法1つ目は、
電車
です。
 
これは朝と同じです。
 
座れるなら読む系見る系
たちっぱなら聞く系を使って
勉強しましょう。
 
 

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法② 車

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法2つ目は、

です。
 
車も朝と同じく
ですね。
 
聞く系で勉強しましょう。
 
 

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法③ 自宅

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法3つ目は、
自宅
です。
 
家が一番集中できる方は、
さっさと帰宅して、
自分の部屋で勉強する
が一番いい
と思います。
 
そして夜は朝と違って、
疲れることは気にしなくていいので、
朝、昼にできなかったハードな勉強を
やるのもok
です。
 
がっつりべんきょうするかどうかは
その日のコンディションに合わせて
決めてください。
 
必ずハードな勉強しろ!
ってことはありません。
 
 

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法④ 店

社会人の夜の勉強場所とおすすめ勉強法4つ目は、

です。
 
家ではあまり集中できないタイプの方向けです。
 
家じゃ集中できないのであれば、
さっさと家に帰るのではなく、
どこかしらの店に行って、
そこで勉強するのがgood
です。
 
図書館とか、
マックとか、
カフェ的なところとか、
なんでもokです。
 
自分が集中できそうなところ
選んで使ってください。
 
そんで閉店時間があるなら
その時間まで集中して勉強する
って決めてやるとかすれば、
効率良くできると思います。
 
 
 

おすすめの勉強法


ここからは、
読む系、見る系、書く系、聞く系
それぞれの勉強について、
おすすめを紹介します。
 
 

おすすめの勉強法① 読む系

勉強法1つ目、
読む系についてです。
 
読む系は、
読んで字のごとく。
 
読んで勉強できるものを
使って勉強する

ってことです。
 
読む勉強でおすすめなのは、
以下の2つ。
 

  

 
よかったら使ってみてください。
 
 

おすすめの勉強法② 見る、聞く系

勉強法2つ目は、
見る、聞く系についてです。
 
見る系の勉強は、
スタディサプリENGLISHがおすすめです。

 
TOEIC対策であれば、
授業の動画を見ればいいし、
英会話コースであれば、
オートリスニングっていう機能があるので
それを使って英語に触れることができます。
 
 

おすすめの勉強法③ 書く系

勉強法3つ目は、
書く系
です。
 
書く系は、
ぶっちゃけなんでもokです。
 
なんでもいいので、
1冊英語の問題集を買いましょう。
 
それをふつーに解くか、
日本語を見て英語に直す練習
をしましょう。
 
書く系は実際に問題解く!
これが一番です。
 
 
 

最後に


以上、
社会人のおすすめ勉強場所とおすすめ勉強法
を朝昼夜別で紹介しました。
 
ぜひ時間帯によって使い分けてみてください。
 
状況に合わせて
勉強場所や勉強方法を
上手く使い分けることで
あまり疲れず効率よく勉強を継続できます。
 
ちょっと意識してやるだけで
かなりかわってくるので、
今日から取り入れてみてください!
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

勉強継続テクニックカテゴリの最新記事