社会人のための勉強の8個コツ。勉強のコツがわからない方、必見です。

社会人のための勉強の8個コツ。勉強のコツがわからない方、必見です。

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
社会人のための勉強の8個コツ
をお伝えします。
 
社会人になると、
時間がない、忙しい、疲れる
とかいろいろあって、
「勉強できない」
「勉強する暇がない」

なんて言う人が多いかと思います。
 
だけどそれは、
気のせいです。
 
社会人が勉強できないのは、
勉強のコツを知らないだけです。
 
コツさえ知ってしまえば、
忙しくても、疲れていても、時間がなくても
ちゃんと勉強できるようになります。
 
というわけで、
社会人のための勉強のコツ
知って、利用してみてください。
 
 
 

社会人のための勉強のコツ メンタル編


ここからは、
社会人のための勉強のコツ メンタル編
をお伝えします。
 
勉強を効率よくやっていくために
意識すべきことです。
 
これらを意識して、
勉強に向かっていけば、
効率良く進化していけるでしょう。
 
 

社会人のための勉強のコツ メンタル編① 高速化を意識

社会人のための勉強のコツメンタル編1つ目は、
高速化を意識
です。
 
学生時代に比べると、
社会人は勉強に使える時間が
明らかに少なく
なります。
 
なので限られた時間の中で
効率よくやることが求められます。
 
その第一段階として、
高速化を意識しましょう。
 
勉強の時に限らず、
日常のあらゆる動きを
はやく行うことを意識して
実践して
ください。
 
その結果、
自由に使える時間が増え、
勉強のスピードも上がって

いいことだらけです。
 
というわけで、
常に高速化を意識して
生活してみてください。
 
 

社会人のための勉強のコツ メンタル編② 勉強する理由を明確にする

社会人のための勉強のコツメンタル編2つ目は、
勉強する理由を明確にする
です。
 
学生時代には
受験合格っていう
わかりやすい目標がありました。
 
社会人になると
そういうのは無くなります。
 
でもあったほうが
勉強は捗ります。
 
なので勉強する理由
明確にきめちゃいましょう。
 
なんでもokです。
 
試験で何点取るとか
資格試験合格みたいな、
具体的なゴールでもいいし、
 
英語が全く話せないなんてダサイから、
とにかく毎日英語に触れて
少しくらい話せるようになる!
 
とかでもokです。
 
意思が強ければ、
そういう感じでもちゃんと継続できます。
 
もし自分の意思が弱いと感じるのであれば、
具体的な数字を掲げていきましょう。
 
 

社会人のための勉強のコツ メンタル編③ 覚えるまでやる意識

社会人のための勉強のコツメンタル編3つ目は、
覚えるまでやる意識
です。
 
よく勉強したけど
覚えられなかった
って言う人いますが、
間違ってます。
 
勉強は、
覚えるまでやったか、
覚えるまでやらなかったか

しか存在しません。
 
で、勉強するのであれば、
覚えるまでやる
という意識を常にもって
取り組んでください。
 
この意識がないと
すべてが中途半端になってしまいます。
 
 

社会人のための勉強のコツ メンタル編④ やめないって決める

社会人のための勉強のコツメンタル編4つ目は、
やめないって決める
です。
 
勉強する理由を明確にして、
覚えるまでやるって覚悟決めたら、
最後に「やめない」って決めてください。
 
中途半端なところで
絶対にやめないって
決めてください。
 
これを最初に決めて取り組むと、
続けられます。
 
「やめない」って思うのではなく、
決定してください。
 
絶対に破ってはいけない
決定事項として、
「やめない」って決めてください。
 
効率良く継続するためには
必須の意識です。
 
 
 

社会人のための勉強のコツ 行動編


ここからは、
社会人のための勉強のコツ 行動編
をお伝えします。
 
次は実際に
どういう感じで勉強していけばいいか?
についてです。
 
ここで紹介するコツを
すべて取り入れれば、
かなり効率よく勉強できるはずです。
 
 

社会人のための勉強のコツ 行動編① 毎日必ず触れる

社会人のための勉強のコツ行動編1つ目は、
毎日必ず触れる
です。
 
どんなに忙しくても、
どんなに疲れていても、
毎日必ず触れてください。
 
5分とかでもいいので、
必ず触れるようにしてください。
 
どうしてもしんどい日は、
寝る前に本を少し読むとか、
単語を確認するとか、
そんなんでもいいので
必ず触れてください。
 
毎日必ず触れるかどうかが
その先の勉強のモチベーションと
効率に大きく影響します。
 
 

社会人のための勉強のコツ 行動編② ノルマを設定して守る

社会人のための勉強のコツ行動編2つ目は、
ノルマを設定して守る
です。
 
毎日何問解くとか、
決めておいてください。
 
どうしてもつらい日は例外で、
それ以外の日はそのノルマを
必ず守って勉強してください。
 
こうすることで、
過剰なサボりを防ぐことができます。
 
ただ決めて満足するのではなく、
ちゃんと守ってください。
 
世の中の勉強続かない人の多くは、
時間で設定するから失敗するんです。
 
ノルマにすれば、
毎日のゴールが明確だし、
時間関係ないから
早く終わらせるために
集中
して取り組めます。
 
 

社会人のための勉強のコツ 行動編③ サボったら次の日に2倍やる

社会人のための勉強のコツ行動編3つ目は、
サボったら次の日に2倍やる
です。
 
どうしてもつらくて、
ノルマをサボった日の次の日は、
2倍
やりましょう。
 
そういうルールを
徹底してください。
 
そういう風に
ちゃんと筋通すように
勉強していかないと、
徐々にやらなくなっていきます。
 
なので、
サボったら2倍やる。
 
逆に、
がんばった日の次の日は
軽めにする
っていうのもアリですよ。
 
 

社会人のための勉強のコツ 行動編④ 毎日テストする

社会人のための勉強のコツ行動編4つ目は、
毎日テストする
です。
 
ノルマで勉強するのと
関連するんですが、
常にテストを行いましょう。
 
簡単なモノでokです。
 
5分で英文5個書く
とか
単語20個の書き取りテスト
とか
 
そういうのを毎日やりましょう。
 
なぜテストすべきなのかというと、
テスト形式が一番集中できるし、
一番身につくから
です。
 
やればわかりますよ。
 
 
 

社会人の勉強の注意点


ここからは、
社会人の勉強の注意点
についてお伝えします。
 
気をつけておかないと、
勉強イヤになるかも
しれないので
知っておいてください。
 
 

社会人の勉強の注意点① 合わないモノは使わない

社会人の勉強の注意点1つ目は、
合わないモノは使わない
です。
 
ここでいろいろコツを
お伝えしましたが、
合わないモノもあるかもしれません。
 
そういうのは
ムリに使わなくてokです。
 
合わないやり方で
ムリに続けようとすると
ストレスたまってイヤになります。
 
だから使えそうだと思ったもの、
自分に合いそうなものをピックアップして
使っていってください。
 
 

社会人の勉強の注意点② 過剰に無理はしない

社会人の勉強の注意点2つ目は、
過剰に無理はしない
です。
 
ノルマ制にすると、
マジメな人は過剰にムリして
ノルマをこなそうとしてしまいがちです。
 
それはやめてください。
無理は禁止です。
 
上でも書きましたが、
しんどいときは軽くでいいんです。
 
元気な時にそこでサボった分
ちゃんとやれば問題ありませんからね。
 
だから、
過剰に無理してノルマをこなそうとする
なんてことはやめてください。
 
 

社会人の勉強の注意点③ 休むのも勉強

社会人の勉強の注意点3つ目は、
休むのも勉強
です。
 
2つ目と関連しますが、
異常に疲れているときは
ちゃんと休みましょう。
 
疲れすぎた状態で、
がっつり勉強しようとしても
効率悪いだけですからね。
 
休むのも勉強
 
そう考えて、
疲れすぎた日は軽くだけにして、
さっさと休む。
 
これを徹底してください。
 
 
 

最後に


以上、
社会人のための勉強の8個コツ
でした。
 
社会人になって勉強しようと思ったけど、
勉強のコツ知らない!どうすればいい?

ってなっていた方は
特に使ってみてくださいね。
 
かなりストレス少なく、
効率良く勉強できるはずなので。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

勉強継続テクニックカテゴリの最新記事