社会人の勉強疲れの原因と勉強疲れを回避する方法

社会人の勉強疲れの原因と勉強疲れを回避する方法

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
社会人の勉強疲れの原因と勉強疲れを回避する方法
をお伝えします。

原因を知って、回避する方法を知って、勉強に疲れて勉強を辞めてしまわないようになっていってください。

せっかく勉強し始めたのにやめてしまうなんてもったいないですからね。

社会人の勉強疲れの原因


ここからは、
社会人の勉強疲れの原因
をお伝えします。

社会人の勉強疲れの原因① 仕事が忙しすぎる

社会人の勉強疲れの原因1つ目は、
仕事が忙しすぎる
です。

仕事が忙しすぎて、休まる暇がなくて、そんな日々の中で勉強もやっていると、勉強するのがすごくしんどくなっていって、疲れを感じてしまいます。

これが勉強疲れの原因の場合は仕事を変えるか、働き方を改善するのが良いかと思います。

社会人の勉強疲れの原因② ノルマがきつすぎる

社会人の勉強疲れの原因2つ目は、
ノルマがきつすぎる
です。

日々の勉強のノルマがきつすぎると、それをこなすのがしんどくて疲れを感じてしまいます。ノルマは緩くても意味ないけど、きつすぎてもダメですからね。

ということでこれが勉強疲れの原因の場合はノルマを調整しましょう。

社会人の勉強疲れの原因③ 内容が難しすぎる

社会人の勉強疲れの原因3つ目は、
内容が難しすぎる
です。

勉強している内容がレベルにあっておらず、難しすぎる場合も毎日勉強するのがしんどくなっていって疲れを感じてしまいます。

これが勉強疲れの原因の場合は、勉強の難易度を調整してください。

社会人の勉強疲れの原因④ 勉強頑張りすぎた

社会人の勉強疲れの原因4つ目は、
勉強頑張りすぎた
です。

一時期、テンションあがって勉強を頑張りすぎて、燃え尽き症候群みたいになってしまったときにも勉強疲れを感じやすいです。

頑張りすぎて、精根尽き果ててしまうみたいな感じですね。

これが勉強疲れの原因の場合は、まずは無理せず、その後の勉強のやり方を変えていきましょう。燃え尽きないように。

社会人が勉強に疲れたときの対策


ここからは、
社会人が勉強に疲れたときの対策
をお伝えします。

社会人が勉強に疲れたときの対策① 一時的に量を減らす

社会人が勉強に疲れたときの対策1つ目は、
一時的に量を減らす
です。

勉強に疲れてしまった時に通常と同じ量の勉強をしようとするのはけっこうしんどいと思います。

なので勉強疲れを感じてしまった時は一時的に量を減らしてみてください。それでしばらく継続して、疲れが癒えて落ち着いてきたらもとに戻していってください。

社会人が勉強に疲れたときの対策② 遊びの割合を増やす

社会人が勉強に疲れたときの対策2つ目は、
遊びの割合を増やす
です。

勉強疲れを感じているときに勉強の割合が多いと、なかなか疲れも取りづらいので、勉強疲れを感じたときは遊びの割合を増やしてください。

思いきり遊んでリフレッシュして、また勉強するエネルギーをためていきましょう。

社会人が勉強に疲れたときの対策③ 有休使ってのんびり過ごす

社会人が勉強に疲れたときの対策3つ目は、
有休使ってのんびり過ごす
です。

有休がたまってる場合は、有休使って休んじゃいましょう。勉強疲れを感じているときには仕事もいくのだるいと思います。

仮病でもなんでも使って休みましょう。有休はあるなら使った方が良いですからね。

有休使ってのんびり過ごして心と体を癒していきましょう。

勉強疲れを回避する方法


ここからは、
勉強疲れを回避する方法
をお伝えします。

勉強疲れを回避する方法① ノルマをこまめに調整する

勉強疲れを回避する方法1つ目は、
ノルマをこまめに調整する
です。

ノルマを最初に決めたら、それをずっと継続するのではなく、その時の体調や状況やレベルにあわせてこまめに調整してください。

こまめに調整することできつすぎず、ゆるすぎずちょうどいいノルマで勉強し続けることができ、疲れも感じにくくできます。

勉強疲れを回避する方法② 難易度はレベルに合わせる

勉強疲れを回避する方法2つ目は、
難易度はレベルに合わせる
です。

ノルマと同じで、勉強の難易度も自分のレベルに合わせてこまめに調整してください。つねに自分にちょうどいいレベルを意識して、きついならレベルを下げる、簡単ならレベルを上げるってしまくってください。

そうやって常にちょうどいいレベルで勉強することで、効率よく成長もできるし、問題が難しくて疲れることもなくなります。

勉強疲れを回避する方法③ 勉強がんばりすぎない

勉強疲れを回避する方法3つ目は、
勉強頑張りすぎない
です。

勉強をがんばることはすばらしいことですが、燃え尽きてしまうほど頑張るのはダメです。なので日頃から頑張りすぎない意識を持って取り組んでください。

テンションあがってる日にいつもより勉強頑張るのはいいですが、精根尽き果てるまで全力で勉強しまくるのはやめてください。

ちょっとエネルギーが余ってるくらいでやめておくのが丁度いいです。

勉強疲れを回避する方法④ 仕事で疲れるほど頑張らない

勉強疲れを回避する方法4つ目は、
仕事で疲れるほど頑張らない
です。

仕事は完全な歩合制でない限り疲れるほど頑張っても、そうじゃなくても給料ほとんど変わらないと思います。

それならべつに頑張る必要ないですよね。だから仕事は疲れるほど頑張らず、勉強のためのエネルギーを温存しておきましょう。

そうすれば仕事で疲れて勉強疲れを感じることはなくなります。

勉強疲れを回避する考え方


ここからは、
勉強疲れを回避する考え方
をお伝えします。

勉強疲れを回避する考え方① 少しでもしんどいときは無理しない

勉強疲れを回避する考え方1つ目は、
少しでもしんどいときは無理しない
です。

普段の生活の中で体力的にしんどいとき、精神的にしんどいときってあると思います。そういうときに、マジメな人ほど無理してしまいますが、それをやめてください。

少しでもしんどいときは無理せず、少し勉強量を減らしてください。そうすることで疲れるのを回避できます。

勉強疲れを回避する考え方② 気が乗らない日は最低限

勉強疲れを回避する考え方2つ目は、
気が乗らない日は最低限
です。

気が乗らない日もあるでしょう。そんな日は最低限の勉強でokです。

気が乗らない日に無理にやっても効率上がらないし、ストレスたまりますからね。そういう無理が積み重なると勉強疲れを感じてしまいますから。

勉強疲れを回避する考え方③ ゼロにしなければとりあえずok

勉強疲れを回避する考え方3つ目は、
ゼロにしなければとりあえずok
です。

勉強は最悪でもゼロじゃなければokくらいに考えて取り組んでください。

基本は設定したノルマをこなすべきですが、心や体の状態がイマイチな時は無理しない方がいいです。しんどいときに無理すると勉強で疲れを感じてしまうだけなので、最悪ゼロじゃなければいい位に考えて、気楽にやっていきましょう。

最後に


以上、
社会人の勉強疲れの原因と勉強疲れを回避する方法
でした。

社会人は意識しないとすぐに勉強疲れを感じてしまう可能性があります。

なのでここでお伝えした方法を使って、なるべく勉強疲れを感じず、気楽に楽しく勉強を継続できるようになっていってください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 社会人におすすめの勉強と遊びのバランスの見つけ方
⇒ 休みたいときは休むでokな4個の理由
⇒ 週末の夜遅くまで勉強するときにおすすめの勉強法
⇒ 大人が勉強しなくなるとバカになる2個の理由と8個の改善策

勉強継続テクニックカテゴリの最新記事