仕事で疲れるのを防ぎ、勉強の体力を温存する4つの方法

仕事で疲れるのを防ぎ、勉強の体力を温存する4つの方法

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
仕事で疲れるのを防ぎ、
勉強の体力を温存する4つの方法

をお伝えします。
 
いつも疲れて
なかなか勉強できない
そんなあなたのための体力温存テクニックです。
 
ぜひ使ってみてください。
 
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由


ここからは、
仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由
をお伝えします。
 
この理由があるから、
仕事で疲れるのを防いだ方がいい
ってお話です。
 
しっかり理解して、
体力温存していきましょう。
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由① 大して給料変わらないから

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由1つ目は、
大して給料変わらないから
です。
 
完全歩合制の会社でない限り、
疲れるほど働いても、
そこそこしか働かなくても、
給料は大して変わらないと思います。
 
ってことは、
がんばるだけ無駄じゃないですか。
 
たいして変わらないモノに
体力使うなんて非効率ですよね。
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由② 自分の時間を元気に楽しむため

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由2つ目は、
自分の時間を元気に楽しむため
です。
 
メインは勉強のため!っていう
お話ではありますが…
 
仕事で疲れると、
休みの日は寝るだけになったりして、
自分の時間も楽しめませんよね。
 
人生楽しくないと、
イヤ
じゃないですか。
 
だから、
せっかくの自分の時間を
寝るだけなんて悲しい使い方
しないためにも、
仕事で疲れるのは防いだ方がいいんです。
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由③ 自分の成長にエネルギーを使うべきだから

仕事で疲れるのを防ぎ体力を温存した方がいい理由3つ目は、
自分のせいz法にエネルギーを使うべきだから
です。
 
会社で疲れるほど働いても
たいしていいことありません。
 
たまに数千円給料が増える程度でしょう。
 
そんなことに
エネルギー使うくらいなら、
自分の成長にエネルギーを使って、
勉強して、資格取るとか、
英語の試験で圧倒的な結果出すとかして、
ステップアップしていきましょう。
 
なにも同じ会社に
何年もしがみつく必要はありません。
 
自分の時間でスキルアップして、
もっと条件の良い会社に転職する
というのもアリだと思いますよ。
 
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法


ここからは、
仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法
をお伝えします。
 
仕事で疲れるって感じている方は、
どれかしらに
該当すると思います。
 
該当する対策を使って、
体力を温存していって下さい。
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法① 仕事が暇でたいくつなとき

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法1つ目は、
仕事が暇でたいくつなとき
です。
 
仕事が大した量無くて、
すぐその日の分終わってしまって、暇。
 
これって疲れますよね。
かなりストレスになっていると思います。
 
暇な時間の使い方を工夫していきましょう。
暇な時間を勉強の時間に変えちゃいましょう。
 
オフィスがあるならそこで。
 
外に出られるなら、
外のどこかで勉強する。
 
そんな感じでやっていきましょう。
 
くわしい勉強法は以下の記事を参考にして下さい。
⇒ 仕事で暇な時に勉強する時の効率的な3つの勉強法
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法② ムダな仕事が多いとき

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法2つ目は、
ムダな仕事が多い
です。
 
ムダな仕事が多いと
これまた無駄に疲れますよね。
 
なのでこれをやらなくてよくなる
とっておきの方法をお伝えします。
 
 
 
職場に1人くらいませんか?
 
根っからの奴隷気質な方。
 
誰からの雑務でも
よろこんでやってくれるタイプの人。

 
もしいるならムダな仕事は、
そういう人に、
おまかせしちゃいましょう。
 
かなりラクになると思いますよ。
 
別に罪悪感とか
感じる必要ありません。
 
その奴隷気質な方は、
そういうムダな仕事をすれば
評価されるって思ってるんですから。
 
そういう人に仕事を与えてあげる、
ある意味社会貢献ですよね。笑
 
 
 
もしそういう人がいない場合は、
 
ムダな仕事は上司から
ちゃんとした指示がない限りは
絶対に手を出さない

 
っていうスタンスを
貫きましょう。
 
本来仕事は、
上司からの指示を受けてやるものです。
 
自分で探すもの
なんていうずれた思考は捨てて、
指示待ちモードでやっていきましょう。
 
これでかなりムダに疲れるのを
軽減できるはずです。
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法③ ムダな責任感は捨てる

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法3つ目は、
ムダな責任感は捨てる
です。
 
仕事に対して、
無駄に責任感持っていると、
無駄に疲れます。

 
責任感なんて
持つ必要ありませんよ。
 
自分の会社なら
話は違いますが…
 
そうじゃない場合は、
責任感なんていりませんよ。
 
部下の失敗は上司の責任
ですからね♪
 
 
 
仕事がうまく回らなかったら、
それはスタッフが悪いんじゃなくて、
管理する上司の能力不足
ってだけの話です。
 
だから、
変な責任感は捨てていきましょう。
 
そんなもの持ってても、
疲れるだけで、
あなたにとっていいことは
なにもありませんよ。
 
 

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法④ くだらない人間関係は排除する

仕事で疲れるのを防ぎ勉強の体力を温存する方法4つ目は、
くだらない人間関係は排除する
です。
 
会社の人間関係のせいで
仕事で疲れている
人って
多いんじゃないでしょうか。
 
会社の人間関係なんて、
排除していきましょう。
 
仕事上必要なモノだけ
最低限残して、
あとは排除していきましょう。
 
それが一番
疲れずに済みます。
 
仕事中に会話して、
たまたま気が合って
仲良くなった人以外とは、
ムリに関わろうとしないように
しましょう。
 
上司に気に入られようとか、
同僚と上手くやろうとか、
そういうのやめましょう。
 
疲れるだけだから。
 
別に仲良くなくても
仕事はできます。
 
だから、
くだらない会社の人間関係は
排除して疲れるのを防いでいきましょう。
 
 
 

最後に


以上、
仕事で疲れるのを防ぎ、
勉強の体力を温存する4つの方法

でした。
 
仕事で疲れる
って感じている方は
ぜひ使ってみてくださいね。
 
疲れるのを防いで
体力温存すれば、
自分のための勉強にも元気に
向かっていけます。
 
がんばっていきましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

体力温存テクニックカテゴリの最新記事