大人のための勉強の目の疲れ解消法4選

大人のための勉強の目の疲れ解消法4選

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
大人のための勉強の目の疲れ解消法4選
を紹介します。

大人たちは、仕事&プライベートでパソコン、スマホなどを触りまくるので子供たち以上に目が疲れているような気がします。

さらに勉強もしたらものすごく目が疲れちゃいます。

あと目が疲れた状態で勉強してもなかなか勉強効率高まりません。

なので大人のための疲れ解消法を持っておき、うまーく疲れを解消できるようになっておいてください。

大人が勉強で目が疲れる原因


ここからは、
大人が勉強で目が疲れる原因
をお伝えします。

大人が勉強で目が疲れる原因① 疲労の蓄積

大人が勉強で目が疲れる原因1つ目は、
疲労の蓄積
です。

日頃の疲れが蓄積してしまうパターンですね。

なんか1日中目がかゆかったり、乾燥したりして、調子がイマイチになります。

日頃からしっかり目を休めることができていないとなりやすいです。

気合入れて勉強開始してもすぐに目に疲れを感じてしまいます。効率上がりません。

大人が勉強で目が疲れる原因② スマホ、パソコン使い過ぎ

大人が勉強で目が疲れる原因2つ目は、
スマホ、パソコン使い過ぎ
です。

仕事でパソコン作業しまくって、休憩中はスマホ触って、家に帰ってからもパソコン、スマホ、テレビ…

目が休む暇がありません。疲れるに決まってますよね。

こんな状態で勉強したら、効率上がらないし、さらに目が疲れます。

大人が勉強で目が疲れる原因③ 休まな過ぎ

大人が勉強で目が疲れる原因3つ目は、
休まな過ぎ
です。

目はしっかり休ませないと、どんどん疲れがたまっていきます。

その状態で勉強したら、さらに目の疲れをためて悪化させてしまいます。効率も上がりません。

大人が勉強で目が疲れる原因④ まばたきが少ない

大人が勉強で目が疲れる原因4つ目は、
まばたきが少ない
です。

ひごろからまばたきが少ない人は、目が乾燥しやすいのでそれに伴って疲れやすくなってしまいます。

とくに集中したらまばたきはさらに減って、すごく乾燥します。

勉強の時も集中するので、まばたきが異常に減って、すごく乾燥して目が疲れちゃいます。

大人が勉強で目が疲れる原因⑤ 部屋の環境が悪い

大人が勉強で目が疲れる原因5つ目は、
部屋の環境が悪い
です。

勉強する部屋の環境が悪い場合も目が疲れやすくなってしまいます。

ホコリっぽいとか、乾燥しすぎているとか、そういうところですね。

環境が悪い場合は環境を改善しましょう。

大人が勉強で目が疲れる原因⑥ 明るすぎる

大人が勉強で目が疲れる原因6つ目は、
明るすぎる
です。

スマホやパソコンの画面が明るすぎる状態で使っていると、すごく目が疲れてしまいます。

その状態で勉強したら、さらに目を疲弊させてしまいます。

あと勉強するときも明るすぎたら、眩しくて目に負担かかって疲れを激増させてしまいます。

大人の勉強の目の疲れ解消法


ここからは、
大人の勉強の目の疲れ解消法
をお伝えします。

大人の勉強の目の疲れ解消法① 目薬をこまめに

大人の勉強の目の疲れ解消法1つ目は、
目薬をこまめに
です。

まずは日頃から目薬をこまめにさすようにしましょう。

で、勉強中もこまめに目薬さしてください。

勉強中もそれ以外も意識して、目の疲れを解消できるようにしておくことで、疲れてない状態で勉強できるようになり、勉強効率上がります。

大人の勉強の目の疲れ解消法② 蒸しタオルで暖める

大人の勉強の目の疲れ解消法2つ目は、
蒸しタオルで暖める
です。

蒸しタオルを目の上に乗っけて10分くらいだらだらしてみてください。

目の疲れがかなり吹き飛びます。

目が重いくらい疲れたときに特に効果を実感できると思うのでぜひやってみてください。

大人の勉強の目の疲れ解消法③ こまめに必ず休憩

大人の勉強の目の疲れ解消法3つ目は、
こまめに必ず休憩
です。

勉強中に限らずすべての時間に、目を休めるための休憩をこまめにとるようにしてください。

目は意識して時間をとらないと休まることがないので、必ず意識してこまめに休憩させてください。

大人の勉強の目の疲れ解消法④ 休憩中はスマホ禁止

大人の勉強の目の疲れ解消法4つ目は、
休憩中はスマホ禁止
です。

勉強の合間の休憩は当然ですが、それ以外の目の休憩のときにもスマホは禁止です。

あたりまえです。スマホ触ったら目の休憩になりませんから。

目が疲れにくくする方法


ここからは、
目が疲れにくくする方法
をお伝えします。

ここの方法を取り入れることで、今までよりは少し目が疲れにくくなると思うので試してみてください。

目が疲れにくくする方法① 意識してまばたきする

目が疲れにくくする方法1つ目は、
意識してまばたきする
です。

まばたきが少ない方は意識してまばたきするようにして、まばたきの回数を増やしてください。

まばたきすれば少し目が潤いますからね。意識して回数増やせばけっこう乾燥防げるはずです。

目が疲れにくくする方法② なるべく遠くから見る

目が疲れにくくする方法2つ目は、
なるべく遠くから見る
です。

離れすぎてもダメですが、パソコンとかスマホの画面はなるべく遠くから見るのを意識してみてください。

近くで見るとそれだけ目が疲れやすくなります。意識して少し遠くから見るだけで、目の疲れのたまり方がかなり変わると思います。

目が疲れにくくする方法③ デスク加湿器を使う

目が疲れにくくする方法3つ目は、
デスク加湿器を使う
です。

デスクに置いて使える加湿器があるのでそれを使うことでも目の乾燥を防げます。

パソコン作業のときにつけておくと、目がかなりラクでした。

勉強の時もつけておくと同じく目に優しいです。

★デスク加湿器

加湿器 卓上 オフィス 静音 小型 ミニ加湿器 除菌 連続加湿約10時間 7色LEDランプ 気化式 大容量 200ml 持ち運び便利 空焚き防止 超音波式 おしゃれ usb ナチュラル 車載 車用 加湿器

目が疲れにくくする方法④ マスクをつける

目が疲れにくくする方法4つ目は、
マスクをつける
です。

マスクをつけることで、呼吸するたびにマスクの上の隙間から息が目にあたります。

呼気は水分含んでいるので、それが加湿効果をもたらしてくれて少し目の乾燥を軽減できます。

意外と疲れも感じなくなるので試してみてください。

最後に


以上、
大人のための勉強の目の疲れ解消法4選
でした。

大人は子供以上に目が疲れやすいので、ぜひ意識して取り入れてみてください。

いろいろな解消法や対策を取り入れていくことで、かなり目の疲れはたまりにくくなります。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 勉強したいのに勉強できない社会人のための勉強時間の作り方と時間の使い方
⇒ 社会人が勉強しない理由と勉強しない5個の恐ろしいデメリット
⇒ 大人の勉強のやり直しに塾はおすすめしない5個の理由
⇒ 英語を話す練習にぴったりの英語勉強アプリ

体力温存テクニックカテゴリの最新記事