英語の発音練習におすすめの2つの方法

英語の発音練習におすすめの2つの方法

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
英語の発音練習におすすめの2つの方法
についてお伝えします。
 
誰でも手軽にできる
英語の発音練習法
です。
 
ぜひ使ってみてください。
楽しみながら上手くなっていけるかと思います。
 
 
 

日本人が英語の発音が下手な理由

日本人が英語の発音が下手な理由① 変なカタカナ発音で習うから

日本人が英語の発音が下手な理由1つ目は、
変なカタカナ発音で習うから
です。
 
英語の問題集とか見ると、
単語にカタカナで発音書いてあったりします。
 
あってるのもあるけど、
なかには絶対違うっていう発音もあります。
 
その変なカタカナ読みで
覚えてしまうから発音が下手
なんです。
 
本来英語の発音は、
日本にはないものがけっこうあるので、
カタカナで覚えていては
一生正しい発音にはなれません。
 
appleをアップル
と読んでいては話になりません。
 
 

日本人が英語の発音が下手な理由② 単語1つ1つを強く発音するから

日本人が英語の発音が下手な理由2つ目は、
単語1つ1つを強く発音するから
です。
 
日本語は、
1音1音をしっかり発音する言語
だけど、
英語はそうではありません。
 
単語の並び次第で、
つなげて読んだり、
発音しない音とか、
すごく小さくしか発音しない音が
かなりあります。
 
それなのに、
日本語の感覚のままで、
全部の単語を1つ1つ細切れで
発音していたらダメに決まってます
よね。
 
でも誰もちゃんと教えてくれないから
そのままダメな発音で覚えちゃうんです。
 
 

日本人が英語の発音が下手な理由③ 教える人間がハズレだった

日本人が英語の発音が下手な理由3つ目は、
教える人間がハズレだった
です。
 
カタカナ読みとか、
英語の読み方ができていないのは、
あなただけのせいではありません。
 
教える人間がハズレだった
ってことです。
 
本当に英語をわかっている人が
指導者だったらそんな教え方しません。
 
サッカーの授業なのに、
テニスラケット持たせて
素振りさせるようなもんです。
 
おかしいでしょ?
 
だから、
指導者がハズレだったことも
大きな原因の1つなので、
自分だけのせいじゃない
ってことは理解しておいてください。
 
あと、
トレーニングすれば
今からでもちゃんと発音できる
ようにはなります。
 
なので心配しないでください。
 
 
 

英語の発音練習におすすめの方法


英語の発音練習におすすめの方法
についてお伝えします。
 
個人的なおすすめです。
 
わたしは以下の方法で、
英語の発音が上手くなった感じてます。
 
なのでマネしてみてください。
 
 

英語の発音練習におすすめの方法① 英語の歌詞の歌

英語の発音練習におすすめの方法1つ目は、
英語の歌詞の歌
です。
 
日本人の歌手でも、
海外の歌手でもokです。
 
聞こえるままに、
マネして歌ってください。
 
歌詞カード見れば、
書いてある単語をそのまま1つ1つ歌ってないのが
わかると思います。
 
それが実際の英語の読み方に
つながります。
 
会話とは若干違う部分も
あるかもしれないけど、
少なくとも日本人のカタカナ読み、
1つ1つ発音する読み方とは違うので、
それを矯正するのにはちょうどいいです。
 
ちなみに日本人歌手の場合は、
発音が下手くそじゃない人を選んでください。
 
個人的には、
ワンオク、宇多田ヒカルがおすすめです。
 
歌のレパートリー増やしつつ、
いい英語の発音練習になります。
 
 

英語の発音練習におすすめの方法② スタディサプリENGLISH英会話コース

英語の発音練習におすすめの方法2つ目は、
スタディサプリENGLISH英会話コース
です。
 
月980円で使える
英会話教材
です。
 
自分の発音を録音して
チェックしてもらうコーナーがあるので、
とてもいい練習になります。
 
何回やっても、
×がつくと若干テンション落ちますけどね(笑)
 
でもしっかり判定してくれるので、
続ければ上手くなっていくと思います。
 
1トレーニング10分くらいでできるので、
気楽に続けやすいです。

 
 
 

効率よく英語の発音を鍛えるために必要な意識


ここからは、
効率良く英語の発音を鍛えるために必要な意識
についてお伝えします。
 
勉強には、意識が大切です。
しっかり心に刻んでおきましょう。
 
 

効率よく英語の発音を鍛えるために必要な意識① 毎日少しずつでも継続する

効率よく英語の発音を鍛えるために必要な意識1つ目は、
毎日少しずつでも継続する
です。
 
勉強はたまにがっつりより、
少しずつでも毎日やる方が効果的です。
 
なので、
どんなに忙しくても
毎日ほんのちょっとでも練習する
 
これを徹底しましょう。
 
英語の歌1曲歌うとか、
スタディサプリのトレーニング1個だけやるとか
 
そういう感じで、
少しは触れていきましょう。
 
5~15分くらいの時間は
誰だって作れるはずです。
 
 

効率よく英語の発音を鍛えるために必要な意識② 自信をもって発音する

効率よく英語の発音を鍛えるために必要な意識2つ目は、
自信をもって発音する
です。
 
言語の習得は、
はっきり自信を持ってしゃべる練習しないと
身につきません。
 
そうしておかないと
いざ使う場面で使えません。
 
勉強するときは
家の中だと思うので、
自信満々に発音していきましょう。
 
感情をガンガン表に出して、
ジェスチャーしながら、
カラダ動かしながら、
発音
しましょう。
 
しゃべり方のイメージは、
海外ドラマとか映画のキャストの
しゃべり方
です。
 
日本人からすると
基本みんなオーバーじゃないですか?
 
イメージは
あれです。
 
 
 

最後に


以上、
英語の発音練習におすすめの2つの方法
でした。
 
ぜひ取り入れてみてください。
 
英語の発音が下手って
ダサい
じゃないですか。
 
英語わかってる風なこといって、
togetherをトゥギャザー
って発音する日本人いっぱいいるけど、
キモいじゃないですか。
 
だから発音は正しく覚えて
正しく言えるようにしていきましょう。
 
日本人が発音下手って知ってる外国人の人なら
日本語発音でも理解してくれるかもしれないけど、
 
そうじゃなかったら、
日本語発音は全然通じませんからね。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

英語カテゴリの最新記事