日本人が英語を話せない理由をつぶして話せるようになっていく方法

日本人が英語を話せない理由をつぶして話せるようになっていく方法

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
日本人が英語を話せない理由をつぶして話せるようになっていく方法
をお伝えします。
 
日本人は間違った勉強方法
たくさん叩き込まれてきたために、
英語を話せるようになろうとしても、
なかなか話せるようになりません。
 
とりあえずその理由をはっきりさせて、
それをつぶして話せようになるトレーニングを
積んでいきましょう。

 
 
 

目次

日本人はどれくらい英語を勉強しているのか?


ここからは、
日本人はどれくらい英語を勉強しているのか?
についてお伝えします。
 
まずはその事実を
知っておいてください。
 
 

日本人はどれくらい英語を勉強しているのか?① 高卒で英検2級程度

日本の英語教育を高校まで受けた場合、
英検2級レベルまで
到達できているはず

だそうです。笑
 
ちなみに、
海外留学行けるレベル
です。
 
高校卒業すると、
かなり話せるレベルに
到達することになっています。
 
でも現実は…笑
って話ですよね。
 
 

日本人はどれくらい英語を勉強しているのか?② 英検2級の実力を持つ高校生の割合

実際、英検2級レベルに到達している
高校生の割合がどれくらいいると思いますか?

 
英検2級レベルに到達している高校生の割合は、
2%
と言われています。
 
2%ですよ。笑
ほとんどいないようなもんです。
 
日本人の多くは
高校は行ってると思います。
 
だけどそこで英語を学んでも、
2%しか身についてないってことです。
 
 
 

日本人が英語を話せない理由


ここからは、
日本人が英語を話せない理由
をお伝えしていきます。
 
しっかり理解して、
無駄な勉強を省いていくことで、
話せるスキルを伸ばしていきましょう。
 
 

日本人が英語を話せない理由① 英語のカリキュラムの問題

日本人が英語を話せない理由1つ目は、
英語のカリキュラムの問題
です。
 
日本の英語教育のカリキュラムは
ぶっちゃけ話すためのものではありません。
 
読み書きのための勉強
です。
 
教科書には
気持ち程度の英会話は登場するけど
たまにしか出てこないので
誰も使えるようにはなりません。

 
 

日本人が英語を話せない理由② 教師の問題

日本人が英語を話せない理由2つ目は、
教師の問題
です。
 
日本の英語教師に、
ハズレが多いのも問題
だと思います。
 
もちろんアタリの先生もたくさんいますよ。
 
発音もちゃんとできて、
正しい英語を教えてくれる先生もいます。
 
だけど、
そうじゃない教師の話もたくさん聞きます。
 
正しい発音1つろくにできない教師も
過去にはいました。
 
そんなのが教えている時点で、
英語がちゃんとみにつくわけないですよね。
 
 

日本人が英語を話せない理由③ 日本人の考え方の問題

日本人が英語を話せない理由3つ目は、
日本人の考え方の問題
です。
 
日本人は英語が難しい
って勝手にカンチガイ
しています。
 
言語の難しさで言えば、
圧倒的に日本語の方が難しいです。
 
日本語は自由すぎるので。
 
それに比べて英語は、
しっかりルールが決まっているので、
それをしっかり覚えて練習すれば
ちゃんと身につきます。

 
なのに勝手に、
難しいってカンチガイして、
日本人は英語が話せなくなってしまってます。
 
 

日本人が英語を話せない理由④ 勉強法の問題

日本人が英語を話せない理由4つ目は、
勉強法の問題
です。
 
学校では、
読み書きの勉強ばかり習うので、
英語の勉強=読み書きのトレーニング
って意識になっています。
 
話せるようになりたいなら、
それではだめなんですよね。
 
ひたすら単語とか熟語とか文法覚えても、
それでは書けるようにはなっても
話せるようにはなりません。
 
 

日本人が英語を話せない理由⑤ 親の問題

日本人が英語を話せない理由5つ目は、
親の問題
です。
 
親が英語なんていらない
とかバカなこと言ってると、
子供もそれに洗脳されて
英語は必要ないってカンチガイします。
 
なので、
親がそんなことを言うのは
絶対にやめてください。
 
とりあえず、
「中学レベルの簡単な英語くらいできないと恥ずかしい」
っていう意識をもってください。
 
 

日本人が英語を話せない理由⑥ 完ぺきを求め過ぎ

日本人が英語を話せない理由6つ目は、
完ぺきを求め過ぎ
です。
 
日本人はなぜか
英語を話すときに完璧を求め過ぎます。
 
「完ぺきな語順、完璧な文法を使って
完ぺきな文章を話さないといけない」
 
ってカンチガイして、
話せなくなっています。
 
これは学校教育の弊害でも
あると思います。
 
学校のテストでは
完ぺきに書かないと減点されますからね。
 
だけど話す場合は、
その意識は捨ててください。
 
完ぺきじゃなくても
なんとかなります。
 
イッテQの出川イングリッシュを
参考にしてください。
 
めちゃくちゃだけど、
目的地にちゃんと到達できてますよね?
 
あれは極端な例だけど、
ようはそういうことです。
 
 
 

英語のテストでいい点とっても話せない理由


ここからは、
英語のテストでいい点とっても話せない理由
をお伝えします。
 
英語のテストではいい点とれても
それで英語が話せるとは限りません。
 
それを理解して、
考え方を変えていき、
話せるようになっていってください。

 
 

英語のテストでいい点とっても話せない理由① テストに必要ないから

英語のテストでいい点とっても話せない理由1つ目は、
テストに必要ないから
です。
 
話すスキルは多くの場合、
テストに必要ありませんよね。
 
そしたらそのトレーニングしませんよね。
だから話せないんですよ。
 
そんだけです。
 
 

英語のテストでいい点とっても話せない理由② 難しく考えすぎだから

英語のテストでいい点とっても話せない理由2つ目は、
難しく考えすぎだから
です。
 
テストでいい点とれる人ほど、
普段完ぺきな英語を書けているので、
話すときも難しく考えすぎてしまいます。
 
なので、
難しく考えるのをやめましょう。
 
単語並べるだけでも
けっこう伝わりますから。
 
 
 

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法


ここからは、
英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法
をお伝えします。
 
ちょっと意識を変えて、
勉強法を変えるだけで、
かなりスムーズに英語が話せるように
なるかと思います。
 
ぜひやってみてください。
 
 

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法① 中学レベルの英語の習得

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法1つ目は、
中学レベルの英語の習得
です。
 
中学の英語は
英語の基本中の基本が詰まってます。
 
なのでとりあえず
中学レベルはある程度身につけておきましょう。
 
特に中1、中2レベルの、
単語と文法ですね。
 
 

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法② フレーズの習得

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法2つ目は、
フレーズの習得
です。
 
あいさつ、質問などの、
決まり文句は覚えていきましょう。
 
フレーズをたくさん覚えるだけでも
かなり話せるようになると思います。
 
いろいろなフレーズは、
こちらにまとめてあるので
参考にしてください。
⇒ 英語の挨拶とか。いろんなシーン別のフレーズを紹介!
 
 

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法③ 英語を実際に使う

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法3つ目は、
英語を実際に使う
です。
 
英語を話せるようになるためには
やはり英語を実際に使うのが一番です。
 
どれだけ知識をつめこんでも、
実際に話さなければ絶対に身につきません。
 
スポーツの練習で、
どれだけフォームを鍛えても、
実際の試合で使わないと身につかないのと一緒です。
 
実践が一番
ってことですよ。
 
 

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法④ ネイティブの感覚を学ぶ

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法4つ目は、
ネイティブの感覚を学ぶ
です。
 
英語には日本語とは異なる
感覚や文化的背景
がたくさんあります。
 
その辺を学ぶことでも
英語の理解をはやめる
ことができます。
 
ネイティブの人たちは
こういう感覚でこの言葉を使っている
 
これがわかると、
細かいニュアンスの違いで
単語を使い分けることもできるようになります。
 
ネイティブの感覚を学ぶには
一億人の英文法
という本が個人的にはおすすめです。

 
 

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法⑤ 単語はいっぱい覚える

英語が話せない日本人が英語を少しでも話せるようになる方法5つ目は、
単語はいっぱい覚える
です。
 
文法はそんなに高度なことは
学ばなくてもいいと思うけど、
単語はたくさん知っておいて損はありません。
 
とくに、
名詞と動詞
ですね。
 
知ってる単語が増えれば増えるほど
わかる英語が増えていくと思います。
 
なので単語は学び続ける!
 
この意識で取り組んでください。
 
 
 

わたしが英語が少し話せるようになった理由


ここからは、
わたしが英語が少し話せるようなった理由
をお伝えしようと思います。
 
わたしは学生時代にあることがきっかけで、
英語を鍛えられて、
少し話せるレベルになりました。
 
その理由を紹介します。
 
 

わたしが英語が少し話せるようになった理由① 英語を使わざるを得ない環境

わたしが英語が少し話せるようになった理由1つ目は、
英語を使わざるを得ない環境
です。
 
学生時代、
研究室に留学生が来ました。
 
その留学生は日本語が話せなかったので、
英語でコミュニケーション取るしかありませんでした。
 
その結果、
英語を使うようになって、
少しずつ鍛えられました。
 
 

わたしが英語が少し話せるようになった理由② 意思を伝えるために調べまくった

わたしが英語が少し話せるようになった理由2つ目は、
意思を伝えるために調べまくった
です。
 
留学生に実験を教えなければいけない機会がありました。
 
実験は操作を間違えると、
失敗してしまうので、
すごく細かく伝える必要がありました。
 
そのため、
意思を正確に伝えるために
いろいろ調べまくりました。
 
これも英語力を伸ばすのに
良い影響を与えたと感じています。
 
いずれにしろ、
とにかく英語を使うことが
大切
ってことです。
 
そしたら
少しずつ話せるようになっていきます。
 
 
 

英語が話せないのは向き不向きじゃない


英語が話せないのは
自分が英語に向いてないからだ

 
とか感じている人がいたら、
それは間違いだと言わせてもらいます。
 
あなたが今まで英語が話せてないのは、
教育のシステムと勉強方法が悪いから
です。
 
向き不向きは関係ありません。
 
だから
そういうネガティブな感情は捨てて、
積極的にトレーニングつんでいってください。
 
 
 

最後に


以上、
日本人が英語を話せない理由をつぶして話せるようになっていく方法
でした。
 
間違った勉強方法をやめて、
正しいトレーニングをつめば、
確実にスキルは高まって話せるように
なっていきます。
 
なのでコツコツ着実に
積み重ねていきましょう。
 
とくに大切なのは、
英語を意識して使っていくことです。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

英語カテゴリの最新記事