社会人が早起きして勉強するメリットとデメリット

社会人が早起きして勉強するメリットとデメリット

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
社会人が早起きして勉強するメリットとデメリット
をお伝えします。

社会人が勉強する場合、早起きして勉強するのも戦略の1つとして持っておくと便利です。

なのでメリット、デメリットを理解したうえでぜひ活用してみてください。

目次

社会人が早起きして勉強するメリット


ここからは、
社会人が早起きして勉強するメリット

をお伝えします。

社会人が早起きして勉強するメリット① 集中しやすい

社会人が早起きして勉強するメリット1つ目は、
集中しやすい
です。

朝はほかの時間帯に比べるとまわりが圧倒的に静かなので、集中しやすいです。

夜も静かですが朝はうるさいバイクとか走ってくることもないのでより静かな気がします。

社会人が早起きして勉強するメリット② コツコツ継続しやすい

社会人が早起きして勉強するメリット2つ目は、
コツコツ継続しやすい
です。

朝必ず勉強するのを習慣化したら、毎日自然にコツコツ勉強を積み重ねていけるようになります。

夜に勉強する場合、疲れて勉強できなかったり、帰ってくるのが遅くなって時間がなかったりってことがありますが、朝の場合はそういうのがないので着実に継続しやすいかなと思います。

社会人が早起きして勉強するメリット③ 生活リズムが良くなる

社会人が早起きして勉強するメリット3つ目は、
生活リズムが良くなる
です。

朝勉強するようにすると、会社行くギリギリまで寝て、慌てて準備して出るとか、夜遅くまでだらだら過ごすとかいうことをなくせます。なのでその結果、生活リズムも良くなります。

生活リズムが良くなれば健康になります。健康になれば元気に勉強できるし、仕事も元気にこなせるようになります。

社会人が早起きして勉強するメリット④ 疲れてない状態で勉強できる

社会人が早起きして勉強するメリット4つ目は、
疲れてない状態で勉強できる
です。

社会人が早起きして勉強する最大のメリットがコレかもしれません。

夜帰ってきてからの勉強では多少なりとも疲れがたまってしまっています。だけど朝であれば寝て回復した状態で勉強できるので元気いっぱいです。

疲れてる時より高い集中で効率よく勉強できます。

社会人が早起きして勉強するデメリット


ここからは、
社会人が早起きして勉強するデメリット
をお伝えします。

社会人が早起きして勉強するデメリット① 夜更かしできない

社会人が早起きして勉強するデメリット1つ目は、
夜更かしできない
です。

早起きするためには夜更かしできなくなります。

でもまぁべつに夜更かしなんてしないほうがいいので大したデメリットではないかなと思いますけど。

社会人が早起きして勉強するデメリット② ちょっと疲れるかも

社会人が早起きして勉強するデメリット2つ目は、
ちょっと疲れるかも
です。

早起きして朝から勉強すると、それでちょっと疲れる可能性はあります。

とはいっても仕事に支障をきたすほど疲れるってことはないと思うので、これも大したデメリットではないかなと思います。

社会人が早起きするためにおすすめの小技


ここからは、
社会人が早起きするためにおすすめの小技
をお伝えします。

社会人が早起きするためにおすすめの小技① なにやるかを前日の夜に決めておく

社会人が早起きするためにおすすめの小技1つ目は、
なにやるかを前日の夜に決めておく
です。

なんの勉強するかを寝る前に決めてリスト化しておきましょう。

朝起きてから決めていると、貴重な朝の時間を無駄にしてしまいますからね。それを避けるため、あと朝起きてスムーズに勉強開始するために先にやるコトは決めておきましょう。

社会人が早起きするためにおすすめの小技② 勉強道具を準備しておく

社会人が早起きするためにおすすめの小技2つ目は、
勉強道具を準備しておく
です。

これも朝起きてスムーズに勉強始めるために大切です。

準備っていがいと面倒なものですからね。先に準備しておいて、起きてすぐ勉強にとりかかれるようにしておくと、ラクだし、時間も無駄にしません。

社会人が早起きするためにおすすめの小技③ 起きてすぐ柑橘系ジュースを飲む

社会人が早起きするためにおすすめの小技3つ目は、
起きてすぐ柑橘系ジュースを飲む
です。

起きてすぐ100%の柑橘系ジュースを飲むと、すっぱさで目が覚めるし、糖質、ビタミン補給にもなって勉強に良い効果を与えてくれます。

枕元に置いておき、起きてすぐ飲むのがおすすめです。

社会人が早起きするためにおすすめの小技④ アラームはすぐ止めれなくしておく

社会人が早起きするためにおすすめの小技4つ目は、
アラームはすぐ止めれなくしておく
です。

スマホのアプリを使って、アラームを簡単には止めれないようにするのもおすすめです。

わたしが使ってるのは「起こしてME」というアプリです。

アラームを止めるために計算問題解いたり、写真撮ったり、スマホフリフリしないといけなかったりというミッションをこなさないといけないので、アラーム止めてる間にイヤでも目が覚めます。

よかったら使ってみてください。

早起きしてやるのにおすすめの勉強


ここからは、
早起きしてやるのにおすすめの勉強
をお伝えします。

早起きしてやるのにおすすめの勉強① 計算練習

早起きしてやるのにおすすめの勉強1つ目は、
計算練習
です。

まずは基礎的な計算練習がおすすめです。基礎的なモノを解いて、ある程度頭のウォームアップがすんだら少し難しいのにも挑戦してみてください。

早起きしてやるのにおすすめの勉強② 暗記系の復習

早起きしてやるのにおすすめの勉強2つ目は、
暗記系の復習
です。

新しいことを暗記するというよりは、覚えていることの確認の方がおすすめです。

朝の時間は限られているので簡単にできることをやった方が良いですからね。なので新しいことを覚えるのではなく、すでに覚えていることを復習して記憶の強度を高めましょう。

早起きしてやるのにおすすめの勉強③ 基礎の練習問題

早起きしてやるのにおすすめの勉強3つ目は、
基礎の練習問題
です。

計算や暗記の復習などの超基礎的な勉強の気分じゃない時は、練習問題を解いてみるのもアリです。

すでに解き方をある程度覚えている問題にチャレンジしてみてください。まだ身についてない問題は時間がかかる可能性があるので避けてください。

早起きしてやるのにおすすめの勉強④ 前日にやった応用問題の復習

早起きしてやるのにおすすめの勉強4つ目は、
前日にやった応用問題の復習
です。

前日に解いた応用問題を朝にもう一回解いてみるのもおすすめです。

寝る前に理解したことをしっかり覚えているかの確認になるし、忘れていたら再度解くことで、より深く脳に刻むことができます。

最後に


以上、
社会人が早起きして勉強するメリットとデメリット
でした。

社会人が朝早起きして勉強するようにするとかなり勉強がスムーズに進められるようになります。

なのでメリットとデメリットを理解したうえで、ぜひ取り入れてみてください。

ちなみに朝が超苦手な方は無理して取り入れる必要はありません。朝早起きするのが苦痛じゃない方はぜひ試してみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 社会人向け。自分に合った勉強スタイルの見つけ方
⇒ 社会人が勉強習慣を身につける8個の勉強法
⇒ 英語ができないのが悔しいと思った人のための6個の英語勉強法
⇒ 働きながら大学受験するなら絶対に使うべき勉強法8選

健康カテゴリの最新記事