少ない回数で覚えて忘れない勉強法

少ない回数で覚えて忘れない勉強法

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
少ない回数で覚えて忘れない勉強法
をお伝えします。

社会人は限られた時間の中でなるべく効率よく覚えていかないといけないのでぜひ活用してみてください。

少ない回数で覚える勉強法


ここからは、
少ない回数で覚える勉強法
をお伝えします。

少ない回数で覚える勉強法① 声にだしながら書く

少ない回数で覚える勉強法1つ目は、
声に出しながら書く
です。

ただ書くだけよりも声に出しながら書く方が、能動的に勉強できるのでより暗記効率が高まります。

1回でより深く覚えることができ、少ない回数で覚えることができるようになっていきます。

少ない回数で覚える勉強法② うろうろしながら読む

少ない回数で覚える勉強法2つ目は、
うろうろしながら読む
です。

書く勉強ができない時はうろうろしながら読むのがおすすめです。

座って読むより、うろうろすることで身体を動かしながら勉強できるので、脳を活性化しながら勉強でき、暗記効率が高まり、少ない回数で覚えやすくなります。

少ない回数で覚える勉強法③ 常にテストする

少ない回数で覚える勉強法3つ目は、
常にテストする
です。

テストできるときは常にテストするようにしてください。テストすることで覚えていることとそうじゃないことを確認できるし、集中して勉強に取り組めます。

あと覚えてなかったことを明確にしてその場で復習することでしっかり覚えていけます。

少ない回数で覚える勉強法④ 痛みを伴って勉強する

少ない回数で覚える勉強法4つ目は、
痛みを伴って勉強する
です。

覚えるときに自分をぶん殴って覚えるとか、間違えるたびになにか大切なものを捨てるとか、遊ぶ時間がなくなるとか…

なにかしら痛みを伴うようなルールをつくって勉強すると集中力が高まるし、印象のも残りやすいので少ない回数で覚えられるようになります。

少ない回数で覚える勉強法⑤ 間違えたところは書きまくる

少ない回数で覚える勉強法5つ目は、
間違えたところは書きまくる
です。

問題解いていて、間違えたところはその場で書きまくって覚えましょう。ただ答え合わせしただけでは頭入りませんからね。

間違えるたびに罰ゲームとして10回とか20回書くようにすればイヤでも覚えていけます。

少ない回数で覚えるために必要な意識


ここからは、
少ない回数で覚えるために必要な意識
をお伝えします。

ここの意識を取り入れるとより効率よく少ない回数で覚えられるようになっていくので意識してみてください。

少ない回数で覚えるために必要な意識① この1回で覚える

少ない回数で覚えるために必要な意識1つ目は、
この1回で覚える
です。

「今やっているこの1回で完全に覚える!」っていう意識を常に持って勉強してください。そうすることでそう考えてない時よりは圧倒的に覚えるのが速くなります。

ささいなことですがやるのとやらないので大きく変わるのでぜひ意識してみてください。

少ない回数で覚えるために必要な意識② ミスしたら撃たれる

少ない回数で覚えるために必要な意識2つ目は、
ミスしたら撃たれる
です。

あくまでもイメージの話ですが、勉強中こめかみに銃口突きつけられているような気持ちで勉強しましょう。

「ミスしたら撃たれる」って考えて勉強すると、すごく集中して勉強できます。実際に撃たれるわけじゃないからあくまでもイメージですけどね。

想像力豊かな方はぜひ使ってみてください。

覚えたことを忘れなくする勉強法


ここからは、
覚えたことを忘れなくする勉強法
をお伝えします。

覚えたことを忘れなくする勉強法① 毎日触れる

覚えたことを忘れなくする勉強法1つ目は、
毎日触れる
です。

毎日触れることで忘れる暇なく頭に叩き込んでいけるので、間を空けて勉強するよりは少ない回数で覚えていけます。

完全に覚えた後は多少間空けてもいいけど、覚え始めは回数減らすなら毎日触れてください。

覚えたことを忘れなくする勉強法② 思い出す

覚えたことを忘れなくする勉強法2つ目は、
思い出す
です。

覚えるのに時間がかかる人は勉強している瞬間以外に勉強のことを一切思い出さないからなかなか覚えられないし忘れるんです。

なので意識して勉強したことを日常生活の中で思い出すようにしてください。かなり変わってきますから。

少ない回数で覚えるメリット


ここからは、
少ない回数で覚えるメリット
をお伝えします。

少ない回数で覚えるメリット① 勉強時間短縮

少ない回数で覚えるメリット1つ目は、
勉強時間短縮
です。

少ない回数で覚えられるようになると、単純に勉強時間が短縮できますよね。

例えば今までは10回で覚えたことを5回で覚えられるようになれば、勉強時間半分で済むわけです。

余った時間は自由時間にしたり、さらに勉強したりと有意義に使えます。

少ない回数で覚えるメリット② 勉強がラクになる

少ない回数で覚えるメリット2つ目は、
勉強がラクになる
です。

少ない回数で覚えることができるようになれば、1つ1つの勉強に必要な労力が大幅に減っていきます。

なので勉強がすごく楽になります。覚えられなくて辛いなんて感情は一生感じることなくなります。

少ない回数で覚えるメリット③ 勉強が楽しくなる

少ない回数で覚えるメリット3つ目は、
勉強が楽しくなる
です。

少ない回数で覚えられるようになれば、効率よくテンポよく、たくさんのことを勉強して、さらにしっかり記憶できるようになっていくので勉強するのが楽しくなっていきます。

試験でもちゃんと成果出せるようになりますしね。

最後に


以上、
少ない回数で覚えて忘れない勉強法
でした。

同じことを覚えるなら、少ない回数で覚えられた方が良いに決まってます。その方が圧倒的にラクだし、効率的だし、楽しいですからね。

「ラクして覚える」とか言うとケチつける輩もいるけど、ラクできた方が良いに決まってます。

ということでぜひ取り入れて、ラクに楽しく勉強していってください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 勉強スピード遅い人のための勉強スピードを上げる6つの方法
⇒ 社会人向け。自分に合った勉強スタイルの見つけ方
⇒ 丸暗記の5個のコツと丸暗記がダメって言われる理由
⇒ 恥ずかしい大人の6個の特徴とシンプルな改善策

暗記テクニックカテゴリの最新記事