英単語暗記を効率よく進めるコツと効率が悪い英単語暗記法

英単語暗記を効率よく進めるコツと効率が悪い英単語暗記法

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
英単語暗記を効率よく進めるコツと効率が悪い英単語暗記法
についてお伝えします。
 
暗記が苦手な方は
ぜひ参考にしてみてください。
 
 
 

英単語の暗記の大前提


ここからはまず、
全ての暗記の大前提について
お伝えします。
 
ココでお伝えする前提を
しっかり理解していないと、
どんなにすばらしい勉強法を使っても
成果が得られないことになってしまいます。
 
 

英単語の暗記の大前提① 覚えられないはない

英単語の暗記の大前提1つ目は、
覚えられないはない
です。
 
暗記に関して、
覚えられない
というのは存在しないんです。
 
あるのは、
覚えるまでやった

覚えるまでやってないか
だけです。
 
 

英単語の暗記の大前提② 覚えるまでやるのが勉強

英単語の暗記の大前提2つ目は、
覚えるまでやるのが勉強
です。
 
勉強したけど暗記できなかった
っていうのはありえないんですよね。
 
暗記するまでやるのが
勉強
だから。
 
厳しいともうかもしれませんが、
これが現実です。
 
たくさん覚えている人は、
それだけの勉強をやっている
というだけです。
 
逆に言えば、
やりさえすれば、
誰でも覚えることはできる

ということです。
 
というわけで、
暗記の大前提を心に刻んで、
がんばっていきましょう。
 
 
 

効率が悪い英単語暗記方法


ここからは、
効率が悪い英単語暗記方法を
お伝えします。
 
覚えられない
って言う人がやっている暗記法
だと思います。
 
とりあえず、
やっていたらやめましょう。
 
 

効率が悪い英単語暗記方法① ひたすら書くだけ

効率が悪い英単語暗記方法1つ目は、
ひたすら書くだけ
です。
 
ひたすら書くのって
効果ありそうに感じるかもしれませんが、
ただ書いても効果は半減です。
 
英単語暗記の場合は、
ただ書くよりも、
発音も一緒に勉強した方がいいです。
 
 

効率が悪い英単語暗記方法② ひたすら見るだけ

効率が悪い英単語暗記方法2つ目は、
ひたすら見るだけ
です。
 
単語帳や単語カードを
ひたすら見るだけで覚えていく。
 
これも非常に効率が悪いです。
 
すでにほとんど全部頭に入った人が
復習としてやるなら効果あるけど、
まだあまり頭に入っていない状態で
これやっても効果ほとんどありません。

 
 

効率が悪い英単語暗記方法③ ひたすら聞くだけ

効率が悪い英単語暗記方法3つ目は、
ひたすら聞くだけ
です。
 
聞くのもよく言われる暗記法だけど、
効率悪いです。
 
その音声に全神経集中していればいいけど、
たいがいそうじゃないですよね。
 
なにかしながらとか、
ぼんやり聞いてるだけ
 
これでは、
ボーっと音楽聴いたり、
ぼーっとテレビ見ているのと
変わりません。
 
脳が働かないから、
頭にも入りません。

 
 

効率が悪い英単語暗記方法④ ペースが遅い

効率が悪い英単語暗記方法4つ目は、
ペースが遅い
です。
 
ペースが遅いと
1つ1つに時間がかかるので、
めちゃめちゃ効率悪いです。
 
効率良くしたいなら、
これは最初に改善すべき点です。
 
とくに効率悪い人は、
基本的な動き、書くスピードが遅い傾向があります。
 
とりあえずそれを改善していきましょう。
 
ペースが遅いと、
集中も低下してしまいますし。
 
 
 

英単語の暗記を効率よくやるコツ


ここからは、
英単語の暗記を効率よくやるコツ
をお伝えします。
 
効率悪いやり方を
こっちでお伝えするやり方に変えれば、
すごく効率よく英単語を暗記していけるように
なると思うので取り入れてみてください。
 
 

英単語の暗記を効率よくやるコツ① 発音しながらやる

英単語の暗記を効率よくやるコツ1つ目は、
発音しながらやる
です。
 
書くときは、
単語を正しい発音言いながら書く
 
単語カードや単語本を見るときは、
スペルを見ながら、発音する
 
という風に、
発音をセットで
暗記
していきましょう。
 
英単語の暗記に、
正しい発音の暗記は必須なので、
 
どんなタイプの勉強するときも、
基本発音しながらやる
ってイメージでいきましょう。
 
 

英単語の暗記を効率よくやるコツ② 回転率を上げる

英単語の暗記を効率よくやるコツ2つ目は、
回転率を上げる
です。
 
効率よく暗記するには、
スピードが不可欠です。
 
さらに強く暗記するためには、
反復が不可欠です。
 
というわけで、
回転率を上げていきましょう。
 
例えば100個の単語を覚える場合、
1周するのに30分とかかかっていたら
遅いわけですよ。
 
遅くとも10分15分で、
100個書いて、1時間で3~4周は
できるようにしていきましょう。
 
読む場合はもっと短いスパンで
まわしてください。
5分で100個とか。
 
とにかく、
常にスピードを意識してください。
 
そうすれば勝手に回転率は
上がっていきます。
 
 

英単語の暗記を効率よくやるコツ③ 継続する

英単語の暗記を効率よくやるコツ3つ目は、
継続する
です。
 
勉強の鉄則ですね。
 
1日がっつり英単語をつめこんでも、
そのあとなにもしなければ、
1週間でほとんど忘れます。
 
なぜかというと、
人間の脳がそういう風にできているから
です。
 
なので、
継続的に勉強し続けることが
必須
です。
 
1回完璧に覚えたら、
そのあとは軽くでも大丈夫です。
 
だけどまずは、
きっちり暗記してしまうまでは、
がっつり時間使って、
しつこく繰り返していきましょう。
 
 

英単語の暗記を効率よくやるコツ④ 毎日テストする

英単語の暗記を効率よくやるコツ4つ目は、
毎日テストする
です。
 
英単語を見て、書く練習する
 
これだけでは、
なかなか頭に入らないし、
実戦向きではありません。
 
ということで、
毎日単語テストしてください。
 
1日何回かテストするのが
オススメ
です。
 
朝、昼、夜に1回ずつテスト
とか
 
朝仕事行く前にテストして、
夜寝る前にもう一回テストする
とか
 
なんでもokです。
 
テストすることで、
リアルな記憶レベルが
はっきりします。
 
毎日繰り返していくことで、
暗記の成長具合も点数で明確に
わかるところもいいところですね。
 
 
 

英語の暗記に飽きないコツ


ここからは、
英語の暗記に飽きないコツ
をお伝えします。
 
がっつりやっていると
飽きやすくなる
ので、
飽きないコツも導入して、
うまーく継続していってください。
 
 

英語の暗記に飽きないコツ① 同じリズムでやらない

英語の暗記に飽きないコツ1つ目は、
同じリズムでやらない
です。
 
同じ勉強法を毎日続けていると
飽きます。
 
なので、
その日によって勉強法を
適度に変えて
いきましょう。
 
今日は書いてやる日、
明日は読んでやる日、
みたいな感じです。
 
変える頻度は
とりあえず飽きない程度に
テキトーに自分で調整してください。
 
 

英語の暗記に飽きないコツ② 毎日違う単語に触れる

英語の暗記に飽きないコツ2つ目は、
毎日違う単語に触れる
です。
 
例えば、
1000個暗記するのが目標なら、
200個ずつ5個の塊にわけて、
単語を毎日変えて暗記する
という風にしましょう。
 
同じ単語を毎日繰り返すと
マジで飽きます。
 
ゲームで毎日
クリア済みの同じステージを
繰り返しやらされるような感じ

になってきます。
 
くそつまらないですよね?
 
毎日単語が変われば、
それもなくなるので
飽きにくくできます。
 
 

英語の暗記に飽きないコツ③ 短期目標を立てる

英語の暗記に飽きないコツ3つ目は、
短期目標を立てる
です。
 
例えば、
1ヶ月で1000個暗記!とか、
2週間で500個暗記!とか
ですね。
 
短すぎると定着しないので、
数週間~3ヵ月程度で
設定するのがいいかと思います。
 
目安は2週間で150~200個くらい
ですね。
 
それより少ないと
ぬるくなってだダレちゃうと思います。
 
 
 

最後に


以上、
英単語暗記を効率よく進めるコツと効率が悪い英単語暗記法
でした。
 
ここで紹介したやり方を使えば、
飽きずにストレスなく、
継続していくことができ、
やがて大量の単語を覚えられる
と思います。
 
ぜひ使ってみてください。
 
しょうり

暗記テクニックカテゴリの最新記事