英語初心者向けの高効率な英単語暗記術を3ステップでお届け

英語初心者向けの高効率な英単語暗記術を3ステップでお届け

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
英語初心者向けの高効率な英単語暗記術
についてお伝えします。
 
メインは初心者向けの暗記術ですが、
慣れてきた人、上達した人向けの
暗記術もまとめてお伝え
するので、
ぜひ参考にしてください。
 
 
 

英語初心者向けの英単語暗記術


ここからは、
英語初心者向けの英単語暗記術
をお伝えします。
 
英語初心者におすすめしたい
英単語暗記術は2つです。
 
いきなり英語を英語で認識するのは
しんどいと思うので、
日本語に近い形で英語を覚えていく/strong>
そんな視点の暗記術です。
 
 

英語初心者向けの英単語暗記術① カタカタで読み方を書いて覚える

英語初心者向けの英単語暗記術1つ目は、
カタカナで読み方を書いて覚える
です。
 
英単語暗記をするときは、
発音もセットで覚えるのが基本です。
 
だけど、
いきなり発音記号とか、
ただしい音で覚えるのって
初心者にはなかなか難しいものです。
 
なので初心者のうちは、
自分の耳に聞こえた音を
聞こえたとおりにカタカナにして
書いておいてそれで覚えて
ください。
 
最初はそれでokです。
 
聞こえた音を
カタカナで書いて覚える
 
それでまずは発音を
覚えていきましょう。
 
 

英語初心者向けの英単語暗記術② オリジナル読みで覚える

英語初心者向けの英単語暗記術2つ目は、
オリジナル読みで覚える
です。
 
次は
英単語のスペルの覚え方
です。
 
こちらも
初心者のころって、
英単語のスペルも
全然わからないと思います。
 
慣れていけば、
なんとなく感覚でわかるんですが、
いきなりそれをやるのはしんどいです。
 
なので、
慣れるまではオリジナルのごろあわせ
覚えてください。
 
ローマ字読みと英語読みを
組み合わせるイメージ
です。
 
例えば、
「station」
なら
「スタチオン」
みたいな。
 
自分なりのものでokです。
自分ルールで読み方作って
覚えてください。
 
とりあえず最初は
それでやったほうが覚えやすいです。
 
ローマ字なら
日本人にもなじみがあるはずなので、
イメージしやすいですからね。
 
わたしも初心者のころは
そうやって覚えました。
 
まずはちゃんと書けるようになる
これが大切です。
 
 
 

英語に少し慣れてきた人向け英単語暗記術


ここからは、
英語に少し慣れてきた人向けの英単語暗記術
をお伝えします。
 
初心者向けの英単語暗記術で
まずは単語を覚えていって、
英語に慣れてきたらこっちのやり方
少しずつ変えていってください。
 
正しい発音、スペルの感覚を
磨いていくことができます。
 
 

英語に少し慣れてきた人向け英単語暗記術① 正しい音を聞いて覚える

英語に少し慣れてきた人向け英単語暗記術1つ目は、
正しい音を聞いて覚える
です。
 
初心者のうちは、
カタカナで書いて覚えるでokですが、
慣れてきたら正しい音で
覚えていく
ようにしましょう。
 
カタカナ読みで
それっぽい発音は身についていると思うので、
それを本物に近づけていくだけです。
 
音声を聞いて、
ひたすら正しい音に
頭の中で書き換えていきましょう。

 
 

英語に少し慣れてきた人向け英単語暗記術② 英語の発音のパターンで覚える

英語に少し慣れてきた人向け英単語暗記術2つ目は、
英語の発音の塊で覚える
です。
 
初心者のうちは、
ローマ字っぽく語呂合わせでokですが、
慣れてきたらスペルも英語の覚え方に
変えていきましょう。
 
英語の単語は、
発音のパターンが決まってます。
 
例えば、
「station」なら、
s ta tion
って塊になってます。
 
sはス
taはテイ
tionはション
ってどの単語でもだいたいそう読むはずです。
 
そんな発音のパターンを理解して、
その塊で覚えていきましょう。
 
ローマ字読みで
スペルは頭に入っていると思うので、
そのスペルを英語の発音の塊に
少し書き換えるだけでokです。
 
 
 

英語が上達した人向け英単語暗記術


ここからは、
英語が上達した人向けの英単語暗記術
をお伝えします。
 
単語をたくさん覚えて、
ある程度英文が読めるようになり、
英語を英語で認識するのが
あたりまえになってきたら、
ここのやり方
を使ってください。
 
 

英語が上達してきた人向け単語暗記術① 英作文しながら覚える

英語が上達してきた人向け単語暗記術1つ目は、
英作文しながら覚える
です。
 
英語が上達してきたら、
もうあまりがっつり英単語覚える必要は
無くなってきます。

 
なので英作文しながら、
知らない単語が出てきたら
その都度頭の中に追加していく

という感じでやっていきましょう。
 
日本語を英語に直すトレーニングをやるなかで
まだ頭に入りきってない表現や単語は
必ず出てきます。
 
そういうのに出会うたびに
その場で5回10回書いて練習して、
頭に入れていきましょう。
 
 

英語が上達してきた人向け単語暗記術② 長文読みながら覚える

英語が上達してきた人向け単語暗記術2つ目は、
長文読みながら覚える
です。
 
ある程度上達したら、
長文も読めるようになっていると思います。
 
長文読んでいるときに、
知らない単語に出会った時に
追加していきましょう。
 
基本は英作文のときと同じです。
 
出会うたびにその場で練習して、
どんどん新しい英単語を
頭に追加していきましょう。
 
 
 

英単語暗記で持っておくと便利なモノ

ここからは、
英単語暗記のために
持っておくと便利なモノ
をお伝えします。
 
持っていれば、
すぐ単語を調べることが
できるので効率高まります。
 

英単語暗記で持っておくと便利なモノ① スマホ

英単語暗記で持っておくと便利なモノ1つ目は、
スマホ
です。
 
今の時代ほとんどの人が
すでに持っているような気はしますが、
英単語の勉強に役立ちます。
 
デフォルトで英和辞典、和英辞典が
入っているもの
もあるし、
入ってなくてもネットですぐ検索すれば
わからない単語もすぐに解決
です。
 
ガラケーでもできなくはないけど、
スピードはスマホの方が圧倒的に早いです。
 
もしまだガラケーなのであれば、
勉強効率上げるためにスマホにするのを
おすすめします。
 
 

英単語暗記で持っておくと便利なモノ② 電子辞書

英単語暗記で持っておくと便利なモノ2つ目は、
電子辞書
です。
 
スマホじゃなくて、
電子辞書でもokです。
 
電子辞書は薄くて
持ち運びもしやすいので
カバンに忍ばせておいても邪魔になりません。
 
今の時代、
電子辞書1つに
すごい数の辞書はいっているので
英語の勉強以外にも使えますしね。
 
スマホではなく、
あえて電子辞書使うのも
良い
と思います。
 
 
 

最後に


以上、
英語初心者向けの高効率な英単語暗記術
でした。
 
英語に慣れるまでは
日本語に近いノリで覚える

 
慣れてきたら徐々に
英語として理解していく

 
その順番でやっていけば、
あまりしんどい思いすることなく
継続していきやすいと思います。
 
ぜひ真似てみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり