暗記できない人がやりがちな5個のダメな覚え方とおすすめの覚え方

暗記できない人がやりがちな5個のダメな覚え方とおすすめの覚え方

こんにちは、
しょうりです

コチラでは、
暗記できない人がやりがちな5個のダメな覚え方とおすすめの覚え方
を紹介します。

暗記できないって感じている方はここで紹介する覚え方をぜひ取り入れて、暗記できないって感情を吹き飛ばしてください。

目次

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方


ここからは、
暗記できない人がやりがちなダメな覚え方
をお伝えします。

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方① 短時間で大量に覚えようとする

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方1つ目は、
短時間で大量に覚えようとする
です。

短い時間で大量に覚えようとするのは、できなくはないけどかなり大変です。

で、覚えたとしても一気につめこんだものってすぐに抜けていってしまいます。

なので短期間で大量に覚えようとするのはやめましょう。

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方② たまにまとめてやる

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方2つ目は、
たまにまとめてやる
です。

暗記はコツコツやるのが基本です。

なので週末だけがっつりやるとか、気が向いたときにがっつりやるというような、たまにまとめてやる系のやり方もダメです。

やってる感じはするけど身につきません。

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方③ 復習をしない

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方3つ目は
復習をしない
です。

暗記に限らずすべての勉強で言えることですが、復習は必須です。

1回覚えた気になってその後復習しなかったら、完全に忘れていきます。

なので復習をしないのもダメです。

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方④ 書こうとしない

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方4つ目は、
書こうとしない
です。

暗記で一番効率いいのは書いて覚えるやり方です。

それなのになぜか書くことをやたら拒否したがる人がいますが、それもダメです。

効率良い方法があるのにそれを使わないなんてアリエナイですから。

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方⑤ 手を動かしているだけ

暗記できない人がやりがちなダメな覚え方5つ目は、
手を動かしているだけ
です。

書いて覚えようとしているのに全然暗記できない人はこれが原因です。

ただ手を動かしているだけで、脳が働いて無かったらそれは無意味な作業になっておしまいです。身につくわけありません。

暗記できない人におすすめの覚え方


ここからは、
暗記できない人におすすめの覚え方
をお伝えします。

暗記できない人におすすめの覚え方① 意思を持って書く

暗記できない人におすすめの覚え方1つ目は、
意思を持って書く
です。

暗記できない多くの人に欠けている意識なのでまずはこれを徹底してください。

暗記するときには覚えようという意思を強く持って取り組んでください。

「この1回で完璧に覚える!」って意志があるのとないのでは暗記効率は大きく変わりますから。

暗記できない人におすすめの覚え方② 毎日コツコツ継続する

暗記できない人におすすめの覚え方2つ目は、
毎日コツコツを継続する
です。

暗記はたまにがっつりやっても身につきません。

なので毎日コツコツ継続するのを徹底してください。

毎日の勉強量はそんなに多くしなくていいので、とにかく継続することを重視してください。

毎日コツコツ積み重ねていけば着実に暗記できるようになっていきます。

暗記できない人におすすめの覚え方③ たまにテストしてチェック

暗記できない人におすすめの覚え方3つ目は、
たまにテストしてチェック
です。

どれくらい覚えているかをたまにテストしてチェックしてください。

ちゃんと覚えていれば成果を実感できるし、暗記できてないところも明確になって勉強のムダを省けます。

暗記できない人におすすめの覚え方④ 音読もする

暗記できない人におすすめの覚え方4つ目は、
音読もする
です。

基本的に暗記するときは書くのが良いですが、必ず書かなきゃいけないってわけでもありません。

書くのができない状況もあると思うのでそういうときは音読でokです。

基本は書いて覚える。無理な時は音読する。これで時間を無駄にせず暗記できるようになっていきます。

暗記できない人におすすめの覚え方⑤ 覚えてもたまに復習する

暗記できない人におすすめの覚え方5つ目は、
覚えてもたまに復習する
です。

完全に覚えたと思っているところも、ずっと放置したら忘れていきます。

なのでたまに覚えたことも復習するようにしてください。ちょっと見直すとか、ちょっと書くとかで十分です。

少しでも触れて思い出すことで、より記憶を維持しやすくなります。

暗記できない人に欠けている意識


ここからは、
暗記できない人に欠けている意識
をお伝えします。

暗記できない人に欠けている意識① 覚えられないはない

暗記できない人に欠けている意識1つ目は、
覚えられないはない
です。

暗記できない人はよく「やってるけど覚えられない」って言うと思います。

でもそれは間違いです。この世界に覚えられないはないんですよ。

あるのは、
覚えるまでやったか、覚えるまでやってないか
このどっちかです。

「暗記できない=覚えるまでやってない」ってだけのことです。そう考えて勉強しましょう。そしたら自分を甘やかすことなく勉強に取り組めるようになります。

暗記できない人に欠けている意識② 人は忘れる生き物

暗記できない人に欠けている意識2つ目は、
人は忘れる生き物
です。

人間の脳は一度覚えたことでも忘れるようにできています。

だから復習が大切なんです。ほったらかしていたらどんどん忘れていきます。

人は忘れる生き物って意識があれば、忘れてしまう前にたまに復習するクセが徐々についていきます。

暗記できない人におすすめの復習法


ここからは、
暗記できない人におすすめの復習法
をお伝えします。

暗記できない人におすすめの復習法① 寝る前に復習する

暗記できない人におすすめの復習法1つ目は、
寝る前に復讐する
です。

寝る前に少し復習するようにしてください。

寝る前に復習しておけば寝ている間に記憶をさらに深く定着させてくれるので効率的です。

暗記できない人におすすめの復習法② 移動中に復習する

暗記できない人におすすめの復習法2つ目は、
移動中に復習する
です。

移動中に新しいことをがっつり覚えるのはちょっとしんどいと思うので、その時間を復習に使いましょう。

軽く見て復習するだけで十分なので、移動中の暇な時間をガンガン復習に使っていってください。

暗記できない人におすすめの復習法③ 会議中に復習する

暗記できない人におすすめの復習法3つ目は、
会議中に復習する
です。

会社でのつまらない会議中にも復習しましょう。

会議中は思いきり勉強するのは難しいので、頭の中で覚えていることを思い出して復習してください。

思い出すのも十分な復習効果があるので、退屈で眠いだけの会議の時間も有意義に変えていけます。

最後に


以上、
暗記できない人がやりがちな5個のダメな覚え方とおすすめの覚え方
でした。

暗記できないって感じている人は、やり方が間違っている場合がほとんどです。

なので正しいやり方に変えて、勉強やり直してみてください。そしたらきっちり暗記できるように変わっていくと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 大人の数学の学び直しにおすすめのツールと勉強法
⇒ 英語を話す練習にぴったりの英語勉強アプリ
⇒ 社会人が勉強しない理由と勉強しない5個の恐ろしいデメリット
⇒ 大人が勉強しても覚えられないのを改善する8個の方法

暗記テクニックカテゴリの最新記事