素直に真似るのが効率よく学ぶ秘訣

素直に真似るのが効率よく学ぶ秘訣

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
素直に真似るのが効率よく学ぶ秘訣
ということについてお伝えします。

すでに自分の勉強のスタイル、テクニックを確立している人は関係ないですが、これからスタイルを見つけたり、テクニックを学んでいこうという方は、素直に真似るのが一番効率良いです。

なので素直に真似て効率よく学んでいきましょう。

素直に真似るほうが効率良い理由


ここからは、
素直に真似るほうが効率良い理由
をお伝えします。

素直に真似るほうが効率良い理由① よけいなことすると効率落ちるから

素直に真似るほうが効率良い理由1つ目は、
よけいなことすると効率落ちるから
です。

勉強のテクニックは素直に真似ないと、効率落ちます。とりあえずすでに結果が出ている効率よく勉強できる方法なんだから、まずはそのまま実践しないと、正しく学べません。

よけいなことすると間違った使い方をしてしまって正しい効果が得られなくなってしまいます。

だから素直に真似る方が良いんです。

素直に真似るほうが効率良い理由② よけいなこと考えると効率落ちるから

素直に真似るほうが効率良い理由2つ目は、
よけいなこと考えると効率落ちるから
です。

勉強のテクニックを試すときによけいなことを考えるのもやめましょう。ごちゃごちゃ考えたって効率落ちるだけですから。

効率良くできる方法って言われているなら、素直に受け入れて余計なこと考えずに、信じて実践してみてください。

素直に真似るほうが効率良い理由③ そのまま実践すればそのまま成果得られるから

素直に真似るほうが効率良い理由3つ目は、
そのまま実践すればそのまま成果得られるから
です。

すでに成果がでている効率良い勉強方法は、そのまま実践すればそのまま成果が得られるはずです。だから素直に真似る方が良いんです。

多少合わない部分があっていじるにしても、それはまずは素直に真似るのを実践してみにつけた後の話です。

素直に真似ないデメリット


ここからは、
素直に真似ないデメリット
をお伝えします。

素直に真似ないデメリット① 間違ったやり方で実践してしまう

素直に真似ないデメリット1つ目は、
間違ったやり方で実践してしまう
です。

素直に真似るのをやらない場合、間違ったやり方で実践してしまう可能性が高いです。間違ったやり方でやってしまったら効率良い勉強法の効果が得られなくなってしまいます。

せっかく良い勉強法に出会ったのにそれはもったいないですよね。

素直に真似ないデメリット② 結局効率悪いままになる

素直に真似ないデメリット2つ目は、
結局効率悪いままになる
です。

素直に真似るのをやらないでいると、ずーっと今までの効率悪いやり方を継続してしまうことになります。

だからその先もずーっと効率悪いまま勉強することになってしまいます。

素直に真似ないデメリット③ 効率よく成長できなくなる

素直に真似ないデメリット3つ目は、
効率良く成長できなくなる
です。

素直に真似ないせいで、効率良く勉強できなければ、当然効率よく成長することもできません。

素直に真似るだけで効率良く成長できるようになるのにもったいないです。

真似て学んだ後のカスタマイズ方法


ここからは、
真似て学んだ後のカスタマイズ方法
をお伝えします。

まずは素直に真似して勉強してみて、身につけてから自分にがっちり合うようにカスタマイズしていってください。

真似て学んだ後のカスタマイズ方法① カスタマイズは細かく

真似て学んだ後のカスタマイズ方法1つ目は、
カスタマイズは細かく
です。

勉強法のカスタマイズはなるべく細かくやっていってください。今日の自分に合うやり方も来月の自分には合わないこともありますからね。

こまめにチェックして、その都度こまかくカスタマイズして、常に最適化していきましょう。

真似て学んだ後のカスタマイズ方法② 自分に合わない部分をいじる

真似て学んだ後のカスタマイズ方法2つ目は、
自分に合わない部分をいじる
です。

勉強法、テクニックの中で自分に合わない部分て出てくると思います。基本的にはそういう部分を自分に合うカタチにいじってください。

例えば「60分勉強して10分休憩」という方法があるけどこのリズムが合わない場合は、「30分勉強して5分休憩」にしてみるとか、という感じです。

いつまでも効率悪い人の特徴


ここからは、
いつまでも効率悪い人の特徴
をお伝えします。

いつまでも効率悪い人の特徴を持っていたら、いつまでも勉強効率悪いままで良いことないので、ここで把握して、改善して、素直になっていきましょう。

いつまでも効率悪い人の特徴① 自分の考えが正しいと思っている

いつまでも効率悪い人の特徴1つ目は、
自分の考えが正しいと思っている
です。

すでに圧倒的な成果を出しているのであれば、その考え方は正しいのかもしれません。だけど成果が伴ってないのであればその考え方は間違っているってことです。

それなのに効率悪い人って自分の考え方が正しいって思いこんでいます。

いつまでも効率悪い人の特徴② 素直に自分の間違いを認めない

いつまでも効率悪い人の特徴2つ目は、
素直に自分の間違いを認めない
です。

いつまでも効率悪い人は自分の間違いを素直に認めることもしませんね。

明らかに間違っているのにもかかわらずそれを認めないので、いつまでも改善せず、効率悪いまま進んでいって失敗を繰り返します。

いつまでも効率悪い人の特徴③ いちいち反抗する

いつまでも効率悪い人の特徴3つ目は、
いちいち反抗する
です。

いつまでも効率悪い人は素直に学ぶということができないので、いちいち反抗します。効率良い勉強法に出会っても、とりあえず否定から入るので、なかなか正しく学ぶことができません。

その結果、ずーーーーっと効率悪いまま、成果も出せない人生が続いていきます。

そんなの悲しいじゃないですか。だから素直に真似て学びましょう。

最後に


以上、
素直に真似るのが効率よく学ぶ秘訣
でした。

素直に真似るのと素直に真似ないのでは、素直に真似る方が圧倒的に効率よく学べるし、圧倒的に効率よく成長していけます。

だから余計な思考は排除して、良いと言われているものはとりあえず受け入れて、素直に真似ることでどんどん吸収していってください。

そしたらどんどん効率よく勉強できるようになって、成果も自然についてくるようになります。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 社会人がオンラインで勉強するメリットとデメリット
⇒ 社会人の勉強の孤独に立ち向かう4個の方法
⇒ 勉強机の足元が寒い時の3つの超おすすめ対策
⇒ 恥ずかしい大人の6個の特徴とシンプルな改善策

メンタルカテゴリの最新記事