失敗から学ぶべき3個のことと失敗を活かす4つのテクニック

失敗から学ぶべき3個のことと失敗を活かす4つのテクニック

こちらでは、
失敗から学ぶべき3個のことと失敗を活かす4つのテクニック
をお伝えします。
 
失敗を恐れず行動して、
失敗を活かし成功に着実に近づくために

ぜひ知っておいてください、
 
 
 

失敗に対する正しい考え方


ここからは、
失敗に対する正しい考え方
をお伝えします。
 
まずは失敗に対する
正しい考え方を知って、
積極的に行動できるように
なりましょう。
 
 

失敗に対する正しい考え方① 失敗はしてもいい

失敗に対する正しい考え方1つ目は、
失敗はしてもいい
です。
 
失敗はしてもいいんです。
むしろ積極的に失敗していきましょう。
 
ちょっと失敗したくらいで、
人生終わったりしませんから。
 
1度の失敗で人生終わるようなリスクがあるなら
それはリスクが大きすぎるからやめるべきです。
 
 

失敗に対する正しい考え方② 失敗した数は挑戦した数

失敗に対する正しい考え方2つ目は、
失敗した数は挑戦した数
です。
 
たくさん失敗したってことは、
それだけたくさんの挑戦をした証拠です。
 
たくさん挑戦したけど
たくさん失敗したからって
ネガティブになる必要はありません。
 
挑戦する勇気と行動力がある
ってことですからね。
 
あきらめずに挑戦続けましょう。
 
 

失敗に対する正しい考え方③ 失敗してもやめない

失敗に対する正しい考え方3つ目は、
失敗してもやめない
です。
 
失敗してもやめないようにしましょう。
 
資金的に限界、
精神的に限界
 
とかいうのであれば
仕方ないけどそうじゃないなら
やめないほうがいいですよ。
 
失敗はやめる理由にはなりませんから。
 
 

失敗に対する正しい考え方④ 失敗にびびらない

失敗に対する正しい考え方4つ目は、
失敗にビビらない
です。
 
失敗しないように行動するのは
大切
なことです。
 
だけど失敗にビビる必要はありません。
 
どれだけ気をつけても
失敗するときはしてしまいます。
 
だから過剰にビビる必要はありません。
 
 
 

失敗に対する間違った考え方


ここからは、
失敗に対する間違った考え方
をお伝えします。
 
ここでお伝えする考え方でいると
失敗を活かせず無駄にしてしまうので、
ここの考え方は捨てておいてください。
 
 

失敗に対する間違った考え方① 失敗をとりあえず忘れる

失敗に対する間違った考え方1つ目は、
失敗をとりあえず忘れる
です。
 
失敗は忘れてはいけません。
 
忘れたらそれは無かったことになり、
また同じ失敗を未来で繰り返すことになります。
 
だから絶対に失敗から目をそらしてはいけません。
 
 

失敗に対する間違った考え方② 失敗は悪いコト

失敗に対する間違った考え方2つ目は、
失敗は悪いコト
です。
 
日本の悪しき教育を受けてきた人の多くは、
失敗は悪いことって洗脳されています。
 
逆ですからね。
失敗はいいことです。
 
失敗なしに
成功なんてない
と思ってください。
 
 

失敗に対する間違った考え方③ 失敗したからってすぐやめる

失敗に対する間違った考え方3つ目は、
失敗したからってすぐやめる
です。
 
ちょっと挑戦して、
短い期間でうまくいかなくて、
すぐやめてしまう

 
これでは、
なにをやっても無理
です。
 
だからちょっとやって
失敗したからってやめるのは
やめにしましょう。
 
なにごとも成果を上げるには
ある程度の期間は必要です。
 
すぐにやめていたら、
成果にたどり着く前に
すべて終わってしまいます。
 
 
 

失敗から学ぶべきこと


ここからは、
失敗から学ぶべきこと
についてお伝えします。
 
失敗したときに、
意識しておくことで、
失敗を無駄にせずに済みます。
 
 

失敗から学ぶべきこと① うまくいかない方法

失敗から学ぶべきこと1つ目は、
うまくいかない方法
です。
 
失敗は、
上手くいかない方法の発見
です。
 
なのでその失敗を
「上手くいかないやり方」
としてちゃんとインプットしておきましょう。
 
これをしっかりやることで、
確実に上手くいくやり方に
近づいていけます。
 
 

失敗から学ぶべきこと② 次にむけての課題

失敗から学ぶべきこと2つ目は、
次に向けての課題
です。
 
上手くいかない方法がわかるので、
なにかしら改善すべき点が見つかります。
 
それをしっかり明確にしていきましょう。
 
あいまいだと、
いい加減なことを
繰り返すだけになってしまいます
からね。
 
 

失敗から学ぶべきこと③ 自分にできることとできないこと

失敗から学ぶべきこと3つ目は、
自分にできることとできないこと
です。
 
失敗していくうちに、
自分にできることとできないことも
見えてくる
ようになります。
 
だけど意識しておかないと
見えてきません。

 
なので常に、
自分にはなにができて、なにができないのか?
これを意識しておきましょう。
 
 
 

失敗から学び失敗を活かすテクニック


ここからは、
失敗から学び失敗を活かすテクニック
をお伝えします。
 
テクニックを使うことで、
より効率的に失敗を活かせるようになります。
 
ぜひ仕入れておいてください。
 
 

失敗から学び失敗を活かすテクニック① 失敗はすなおに受け入れる

失敗から学び失敗を活かすテクニック1つ目は、
失敗はすなおに受け入れる
です。
 
失敗に過剰にネガティブに反応したり、
イライラしたりするのはやめて、
すなおに受け入れましょう。
 
最初からこの心の準備をしておけば、
そういう対応ができるようになります。
 
なので、
失敗はすなおに受け入れる
 
この心の準備を常
しておいてください。
 
イライラしたり、いじけたりする、
無駄な時間を省けるようになります。
 
 

失敗から学び失敗を活かすテクニック② 原因をがっつり究明する

失敗から学び失敗を活かすテクニック2つ目は、
原因をがっつり究明する
です。
 
なにが失敗の原因なのか?
ざっくりではなく、
細かく細かく追及して、
見つけ出しましょう。

 
1つ1つ調べれば、
きっと答えは見つかるはずです。
 
原因を明確にして、
それをしないように
積み重ねていくことで、
より効率よく成功に近づけます。
 
 

失敗から学び失敗を活かすテクニック③ 失敗の記録を残す

失敗から学び失敗を活かすテクニック3つ目は、
失敗の記録を残す
です。
 
どういう失敗をしたのか?
なにが原因で失敗をしたのか?
 
わかったことはすべて、
記録を残して、忘れないように
しましょう。
 
人間は忘れる生き物なので、
ちゃんとデータとして残さないと
忘れてしまって同じことを繰り返します。
 
パソコンのメモ帳とかワードとか
なんでもいいので残すようにしましょう。
 
 

失敗から学び失敗を活かすテクニック④ 戦略的撤退

失敗から学び失敗を活かすテクニック4つ目は、
戦略的撤退
です。
 
もうこれ以上続けられないほどの
経済的問題、精神的問題が発生したり、
続けても成果が出る気配を感じない場合
 
撤退することも選択肢の1つです。
 
ちょっとやってすぐやめるのはダメですが、
ある程度継続して、それでもだめなら
向いてない、合ってない可能性があります。
 
ガマンして続けても
ストレスたまるだけなので、
一旦やめにして別のコト、別の手法に
チェンジしてみるのもアリ
です。
 
 
 

最後に


以上、
失敗から学ぶべき3個のことと失敗を活かす4つのテクニック
でした。
 
失敗をうまく生かしていくことで、
勉強でも仕事でもなんでも
効率良く成果を出せるようになります。
 
ぜひ取り入れて、
失敗を活かしまくってください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

メンタルカテゴリの最新記事