資格試験で緊張してしまう人のための緊張を薄める5つの勉強法

資格試験で緊張してしまう人のための緊張を薄める5つの勉強法

こんにちは、
しょうりです。

こちらでは、
資格試験で緊張してしまう人のための緊張を薄める5つの勉強法
をお伝えします。

試験本番になると緊張してしまう方はぜひ参考にしてください。

事前に対策を実践しておくことで緊張することなく、試験に取り組めて、しっかり力を出し切って合格を勝ち取ることができるようになります。

目次

資格試験で緊張する原因


ここからは、
資格試験で緊張する原因
をお伝えします。

資格試験で緊張する原因① 勉強不足

資格試験で緊張する原因1つ目は、
勉強不足
です。

単純に勉強不足の場合、そのまま試験本番を迎えるとわからないことが多すぎて不安でいっぱいになって緊張してしまいます。

まぁこれはあたりまえですよね。

資格試験で緊張する原因② 練習不足

資格試験で緊張する原因2つ目は、
練習不足
です。

知識は十分頭に入っていても、試験本番を想定した練習ができていないと、試験本番の空気に緊張してしまって、せっかくつめこんだ知識を本番に発揮できなくなってしまいます。

資格試験で緊張する原因③ マジメに考えすぎ

資格試験で緊張する原因3つ目は、
マジメに考えすぎ
です。

なんでもかんでもマジメに考えすぎるタイプの人は資格試験で緊張しがちです。

そこまで重く考えたり、悲観的にならなくていいのに、自分で勝手にそう考えて、心を乱してしまいます。

資格試験で緊張する原因④ 心の準備ができてない

資格試験で緊張する原因4つ目は、
心の準備ができてない
です。

資格試験で心を乱さないためには心の準備も大切です。いつも試験で緊張する人はこれができていません。

知識をつめこむだけが勉強ではないので心の準備もしっかりやっていきましょう。

資格試験の緊張を薄めるための勉強法


ここからは、
資格試験の緊張を薄めるための勉強法
をお伝えします。

資格試験の緊張を薄めるための勉強法① 常に時間に追われて勉強する

資格試験の緊張を薄めるための勉強法1つ目は、
常に時間に追われて勉強する
です。

常にシビアな時間制限をつけて勉強するようにしてください。

そうやって時間に追われながら勉強するのをあたりまえにしておけば、時間制限のある試験本番でも普段と同じように解けるようになります。

資格試験の緊張を薄めるための勉強法② 試験時間より短い時間で解く

資格試験の緊張を薄めるための勉強法2つ目は、
試験時間より短い時間で解く
です。

模擬試験問題のような本番を想定した問題にチャレンジするときは、時間制限を実際の試験より短くしてやるようにしてください。

そうしておくことで本番で少し時間的にも心的にも余裕を持って取り組めるようになります。

資格試験の緊張を薄めるための勉強法③ 知識を徹底的につめこむ

資格試験の緊張を薄めるための勉強法3つ目は、
知識を徹底的につめこむ
です。

知識は徹底的につめこみまくってください。あたりまえですが意識して、つめこんでください。

勉強に使っている本の基礎知識はほぼ完ぺきに頭に入っているくらいには鍛えましょう。それが最低限です。

そこをおろそかにすると本番でわからないことがたくさん出てきて、緊張して、やらかしてしまいます。

資格試験の緊張を薄めるための勉強法④ 模擬試験は余裕で合格点取れるようにする

資格試験の緊張を薄めるための勉強法4つ目は、
模擬試験は余裕で合格点とれるようにする
です。

問題集の模擬試験や過去問は、何回も繰り返し解いて、余裕で合格点とれるようになるまで鍛えておきましょう。

模試を余裕に鍛えておくことで、知識を本番レベルで鍛えることができ、さらに模試でそれだけできるようになったんだから本番も大丈夫って自信にもつながります。

資格試験の緊張を薄めるための勉強法⑤ BGMに雑音流して勉強する

資格試験の緊張を薄めるための勉強法5つ目は、
BGMに雑音流して勉強する
です。

いつも静かな部屋で勉強していると、試験本番のいつもと違う空気に心を乱されるかもしれません。

なので普段勉強するときも静かな環境ではなく、わざと多少雑音のある環境で勉強するようにしてください。

Youtubeで「試験会場の音」というのがあるのでそれを流しながら勉強するのが良いかと思います。

★試験会場の音

試験の緊張を薄めるための思考法


ここからは、
試験の緊張を薄めるための思考法
をお伝えします。

試験の緊張を薄めるための思考法① 落ちたって人生終わらない

試験の緊張を薄めるための思考法1つ目は、
落ちたって人生終わらない
です。

やたら試験で緊張する人ってそこで失敗したら人生終わるって思ってるんですよね。

だけど実際落ちたからって人生終わることはありえません。

だからそんな変な不安は持たずに気楽にいきましょう。

試験の緊張を薄めるための思考法② ダメならまた挑戦すればいい

試験の緊張を薄めるための思考法2つ目は、
ダメならまた挑戦すればいい
です。

合格するためにしっかり準備するのは当然ですが、うまくいかないこともありえます。資格試験は多少運も含みますからね。

なのでダメだったらまた挑戦すればいいって気持ちで、ビビらず堂々と試験を受けましょう。

試験の緊張を薄めるための思考法③ 焦ってもいい結果は生まない

試験の緊張を薄めるための思考法3つ目は、
焦ってもいい結果は生まれない
です。

焦っても心が乱れて、悪い方向にしかいきません。

だから余計な思考はオフにして、無に近い状態になっていきましょう。

余計なこと考えるから焦るし不安になるんです。

試験の緊張を薄めるための思考法④ 正しくやったから受かるに決まってる

試験の緊張を薄めるための思考法4つ目は、
正しくやったから受かるに決まってる
です。

正しい勉強法を使って、正しく取り組んできたのであれば、基本的には合格できるはずです。

なので「正しくやったから受かるに決まってる」って言い聞かせて、強い気持ちで試験に向かっていきましょう。

資格試験当日に緊張を薄める方法


ここからは、
資格試験当日に緊張を薄める方法
をお伝えします。

資格試験当日に緊張を薄める方法① 試験開始したら深呼吸

資格試験当日に緊張を薄める方法1つ目は、
試験開始したら深呼吸
です。

緊張するタイプの人が試験開始と同時に慌てて解き始めると、心を乱してしまいます。

なのでいったんすぐに解かずに、深呼吸してください。

まずは心を落ち着けましょう。最初の数秒深呼吸に使ったからって間に合わないなんてことはあり得ませんから。

資格試験当日に緊張を薄める方法② まわりの音を聴いてリラックスする

資格試験当日に緊張を薄める方法2つ目は、
まわりの音を聴いてリラックスする
です。

まわりの戦略持ってない多くの人たちは試験開始と同時に必死に解き始めるかと思います。

その人たちの音を聴いて「みんな焦ってるなぁ」って感じでリラックスしましょう。

資格試験当日に緊張を薄める方法③ 優雅な気持ちで取りかかる

資格試験当日に緊張を薄める方法3つ目は、
優雅な気持ちで取りかかる
です。

深呼吸して、まわりの音を聴くことでかなり落ちつけるかと思います。

しっかり落ち着いたらあとは、リラックスしたまま優雅な気持ちで解いていきましょう。

そしたらしっかりみにつけた力が発揮できるはずです。

最後に


以上、
資格試験で緊張してしまう人のための緊張を薄める5つの勉強法
でした。

試験で過剰に緊張してしまうと、基本的に悪いことしかありません。

緊張するタイプの方はとくに意識して、日頃から本番を想定して準備を積み重ねていってください。

日頃からあたりまえにプレッシャーにさらされて勉強しておくことで、試験では恐ろしく落ち着いて解けるようになります。それは間違いありません。

なのでぜひ使ってみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 社会人の勉強がうまくいかない原因とすぐ改善する6個の方法
⇒ プレゼンテーションの原稿の効率的な覚え方4選
⇒ 暗記できない人がやりがちな5個のダメな覚え方とおすすめの覚え方
⇒ 動きが遅い人必見!動きが遅いを改善する5個のテクニック

メンタルカテゴリの最新記事