新しいパソコン購入におすすめのメーカーと失敗しないパソコンの選び方

新しいパソコン購入におすすめのメーカーと失敗しないパソコンの選び方

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
新しいパソコン購入におすすめのメーカーと
失敗しないパソコンの選び方

についてお伝えします。
 
パソコンは
そこそこ大きな買い物です。
 
だからできるだけ
失敗したくないですよね。
 
自分のニーズに合ったパソコンに
出会う確率を少しでも上げるために

ぜひ知っておいてください。
 
 
 

パソコン購入時に決めること


ここからは、
パソコン購入時に決めること
をお伝えします。
 
どんなパソコンが欲しいのか?
それを明確に決めるのが、
失敗しないパソコン選びの第一歩です。
 
 

パソコン購入時に決めること① パソコンの用途は?

パソコン購入時に決めること1つ目は、
パソコンの用途は?
です。
 
なにに使うためにパソコンを購入するのか?
ですね。
 
ネットサーフィンするだけなのか
文書作成、プレゼンテーション作成などやるのか
ソフトをたくさん起動してなにかするのか
スペックが必要なソフトを使うことはあるのか
動画作成、編集するのか
などなど…
 
用途を明確にして下さい。
 
ここから必要なスペックを
明らかにしていきましょう。
 
 

パソコン購入時に決めること② 求めるスペックは?

パソコン購入時に決めること2つ目は、
求めるスペックは?
です。
 
用途に応じて、
必要なスペックは変わってきます。
 
用途が
ネットサーフィン、ネットショッピング
程度であれば大したスペックは必要ありません。
 
ですが、
ソフトをたくさん起動したり、
重いソフトを使うとなると
しょぼいスペックだと、
動作が超重いか最悪まともに動きません。
 
なので、
用途に応じてスペックを決めてください。
 
使うソフトが決まっているのであれば、
そのソフトの推奨環境を調べてみてください。
 
推奨環境のスペックを超えるものを
探していきましょう。
 
 

パソコン購入時に決めること③ ノート?デスクトップ?

パソコン購入時に決めること3つ目は、
ノートかデスクトップか
です。
 
持ち運びしたいならノートPC
そういう気がないならデスクトップ

ですかね。
 
あとは、
設置の問題もありますね。
 
家で使うときに
パソコンを設置する場所に合わせて、
ノートかデスクトップか
きめましょう。
 
デスクトップのごつい本体を置くスペースが
確保できてないなら、
本体だけで使えるノートがいいです。
 
あといろいろ配線細かいコトするのが
苦手な場合もノートの方がラク
ですね。
 
 

パソコン購入時に決めること④ 大きさはどれくらい?

パソコン購入時に決めること4つ目は、
大きさはどれくらい?
です。
 
大きさとは、
モニターの大きさですね。
 
ノートPCなら
望むサイズの中で探さないといけないし、
 
デスクトップなら
それに合わせたモニターを買わないといけません。
 
なので
どれくらいの大きさがいいのか?
も決めておきましょう。
 
ちなみに、
ノートPCであれば、
12~13インチくらいが
個人的にはおすすめ
です。
 
デスクトップは、
20インチくらいのモニターが
比較的ちょうどいいサイズな印象です。
 
 

パソコン購入時に決めること⑤ 予算はどれくらい?

パソコン購入時に決めること5つ目は、
予算はどれくらい?
です。
 
スペック、サイズなど
いろいろ決まったら予算の相談です。
 
求めるスペックが高ければ
当然金額も上がっていきます。
 
なのでいくらまで出せるのか?
それもしっかり決めて、
そのうえで条件に合うパソコンを探していきましょう。
 
 
 

出来るだけパソコンを安く買うポイント


ここからは、
出来るだけパソコンを安く買うポイント
をお伝えします。
 
よけいな出費を減らすのに
非常に重要なポイントなので、
意識してみてください。
 
 

よけいなソフトは入ってないモノを選ぶ

出来るだけパソコンを安く買うポイント1つ目は、
よけいなソフトは入ってないモノを選ぶ
です。
 
世の中に出回っているメーカーパソコンの多くは、
用途もわからない、使うこともないような、
重たいだけの余計なソフトがたくさん入っていることがあります。
 
それを目的に買う場合はいいけど、
そうじゃない場合はパソコンを重たくするだけで
なにもいいことがありません。
 
なのでなるべくよけいなソフトは入っていない
できるだけからっぽのPCを買うのが
安く買うポイント
です。
 
 

オフィスソフトが入っていないモノを選ぶ

出来るだけパソコンを安く買うポイント2つ目は、
オフィスソフトが入ってないモノを選ぶ
です。
 
ワード、エクセル、パワーポイント
これらが入っているモデルは、
値段が高くなります。
 
自分で持ってるならそれ使えばいいし、
持ってなくても無料で使えるオフィスソフトがあるので、
それでも十分です。
 
なのでできるだけ安くするために
オフィスソフトは入ってないモノを
選んでいきましょう。
 
 
 

パソコン購入におすすめのメーカー


ここからは、
パソコン購入におすすめのメーカー
をお伝えします。
 
わたしが実際に、
パソコンを購入してみて、
良かったと思ったメーカー
です。
 
参考にしてください。
 
 

パソコン購入におすすめのメーカー① Lenovo

パソコン購入におすすめのメーカー1つ目は、
Lenovo
です。
 
ノートPCなら
LenovoのThinkPadいい感じでした。
 
よけいなソフトはほとんど入ってないし、
買うときにこまかいカスタマイズもできて、
自分好みに作れます。
 
選択肢が多くあるので、
求めるスペック、予算に合わせて
選びやすい
かと思います。
 
ちなみに、
ボディのデザインは超シンプルなので、
おしゃれ感を求める方には合わないかもしれません。
 
■Lenovo
⇒ ThinkPadラインナップ
 
 

パソコン購入におすすめのメーカー② パソコン工房

パソコン購入におすすめのメーカー2つ目は、
パソコン工房
です。
 
メーカーっていうのとは
少し違うかもしれませんが、
ここで買うのもなかなかおすすめです。
 
安めのノートPCからハイスペックまで
ラインナップが豊富で、、
カスタマイズもできます。
 
特におすすめなのが
BTOパソコン
ですね。
 
基本構成を選んで、
かなり細かくカスタマイズして、
自分好みのPCを作れます。
 
■パソコン工房
⇒ BTOパソコンラインナップ
 
 

パソコン購入におすすめのメーカー③ apple

パソコン購入におすすめのメーカー3つ目は、
apple
です。
 
わたしは、
mac book air
11.6インチのモデルを購入しましたが、
薄くて持ち運びしやすくて、
バッテリーの持ちもいい感じ
です。
 
ワード、エクセル、パワポ系の
メジャーなソフトは全部入っているし、
OSも無料アップグレードできるのが
いいところですね。
 
トラックパッドの操作性の高さ
mac bookのいいところですね。
 
マウスがなくても
不自由しません。
 
よりハイスペックを求めるなら、
mac book pro
を買うのがいいかと思います。
 
値段はちょっと高くなりますけどね。
■Mac
⇒ mac book
 
 
 

パソコンを買う前にやるべきこと


ここからは、
パソコンを買う前にやるべきこと
をお伝えします。
 
ある程度買うものが
定まったときに必ずやっておいた方がいいこと

です。
 
これをしっかりやることで、
より後悔のないパソコン購入
実現できます。
 
 

パソコンを買う前にやるべきこと① レビューチェック

パソコンを買う前にやるべきこと1つ目は、
レビューチェック
です。
 
メーカーパソコンの場合、
製品名で検索すれば
レビューがいろいろ見つかります。
 
それをしっかり読んでみてください。
特に悪いレビューですね。
 
モノによっては、
あなたが望むパソコンの姿とは
違う現実が待っているかもしれません。
 
もしイメージに合わなそうなら、
別のものを新たに探しましょう。
 
悪い点が許容できるものだったら、
気にする必要はありません。

 
最終的に買うにしても、
どんな悪い点があるのか?
を知って、納得しておいた方が、
ストレスも後悔もなくせます。
 
 

パソコンを買う前にやるべきこと② スペックリサーチ

パソコンを買う前にやるべきこと2つ目は、
スペックリサーチ
です。
 
CPUとかメモリの量とか
そういうキーワードで検索して、
それらについても調べておきましょう。
 
本当にあなたが求めるスペックを
実現してくれるものなのかどうか?
 
もしも過剰なら
少しスペックを下げて
安くできるかもしれません。
 
値段の割にいまいちっぽいなら、
別のものを探した方がいいかもしれません。
 
そんな感じで、
後悔の無い買い物をするために、
しっかり調べてみてください。
 
多く人はこのステップを
いい加減にしかやらないから、
買ってから後悔する
んです。
 
 
 

最後に


以上、
新しいパソコン購入におすすめのメーカーと失敗しないパソコンの選び方
でした。
 
しっかり条件きめて、
しっかり調べて、選ぶことで、
後悔の無い、失敗しないパソコン選び
実現できます。
 
ちょっと考えて、
ちょっと調べるだけです。
 
パソコン選びに失敗したら
ストレスたまるじゃないですか。
 
普段使いのものならなおさらです。
 
だから失敗しないように、
出来る限りのことはやってから
購入に踏み切ってください。
 
自分のイメージにぴったりはまるパソコンを
使えるととても楽しい
ですよ。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

お金カテゴリの最新記事