貯金できない人が貯金するために意識すべき4個のコトと避けるべき3つのコト

貯金できない人が貯金するために意識すべき4個のコトと避けるべき3つのコト

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
貯金できない人が貯金するために
意識すべき4個のコトと避けるべき3つのコト

についてお伝えします。
 
貯金できない人が
少しでも貯金したい!って思ったら
使ってみてください。
 
少しはお金貯めれるようになると思います。
 
 
 

最初に確認すべきこと


ここからは、
貯金の前に最初に確認すべきこと
についてお伝えします。
 
最初にお金の現状を
しっかり確認しておくことで、
効率良く貯金することができるようになります。
 
 

最初に確認すべきこと① 月にいくら余るのか?

最初に確認すべきこと1つ目は、
月にいくら余るのか?
です。
 
毎月の収入から、
絶対必要な生活費を抜いた金額が
いくらになるのか?

 
まずはこれをしっかり把握しましょう。
 
自分のお金の収支を
認識していないと貯金は
絶対にできませんからね。
 
まずはしっかり、
いくら稼いでいて、
いくら出ていって、
いくら余るのか?

 
はっきりさせてください。
 
 

最初に確認すべきこと② 月にいくら趣味に使いたいか?

最初に確認すべきこと2つ目は、
月にいくら趣味につかいたいか?
です。
 
毎月余るお金の中で、
最低いくら趣味、遊びに使いたいのか?
明確に決めてください。
 
余ったお金すべてを
好き勝手に使っていては、
貯金は絶対にできません
からね。
 
遊びに使うお金も
多少コントロールする必要があります。
 
 

最初に確認すべきこと③ 目標金額を決める

最初に確認すべきこと3つ目は、
目標金額を決める
です。
 
遊びに使う金額と合わせて、
毎月いくら貯金するのか?
を決めましょう。
 
これに合わせて、
節約したり、趣味のお金を削ったり

してください。
 
こういうのって明確に決めていかないと
どうせやらなくなるので、
「月いくら貯金!」
って決めたら、
それを徹底して守ってください。
 
あとは、
なんのためにお金を貯めるのか?
っていうのも具体的にあると、
より真剣に貯金していけるようになります。
 
 
 

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト


ここからは、
貯金できない人が貯金するために意識すべきコト
についてお伝えします。
 
貯金できない人って
お金の管理がいい加減
です。
 
無駄遣いが多いんです。
 
なのでそれを
意識して避けるように行動していきましょう。
 
 

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト① 財布にお金入れすぎない

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト1つ目は、
財布にお金を入れすぎない
です。
 
財布にお金がたくさん入っていると、
ついつい使ってしまいがちです。
 
なので財布にはあまりお金を
入れないようにしましょう。
 
月にいくら入れる
とか決めてしまうといいかもしれません。
 
電子マネーの場合は、
オートチャージ機能をオフにして、
毎月決めた金額だけ入れるようにしましょう。
 
そうすることで、
無駄なお金が出ていくのを
ある程度防ぐ
ことができます。
 
 

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト② 自販機やコンビニで飲み物買わない

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト2つ目は、
自販機やコンビニで飲み物は買わない
です。
 
毎日のように自販機やコンビニで飲み物を
買っていませんか?

 
自販機やコンビニだと
基本割高ですよね。
 
小さい金額ですが、
意外と積み重なって
大きくなっている
んです。
 
なので、
自販機やコンビニでは
基本的には買わないように

意識してください。
 
飲み物は箱買いして、
水筒などに小分けにして持っていくのが
良いかと思います。
 
自販機やコンビニで買うのは、
持参した飲み物が尽きてしまって、
水分不足になったときだけにしましょう。
 
 

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト③ できるだけ自炊する

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト3つ目は、
できるだけ自炊する
です。
 
出来るだけ自炊することで、
食費を抑えることができます。
 
一度の料理で大量に作って
それを何日か持たせる

という方法を使えばかなり抑えられます。
 
一度に多く作っておけば、
料理の手間もかなり減らせるので、
時間的なロスも多くありません。
 
毎回外食だと、
ものすごくお金かかりますからね。
 
よっぽど稼いでない限り、
お金貯まるわけありません。
 
 

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト④ 飲み会は避ける

貯金できない人が貯金するために意識すべきコト4つ目は、
飲み会は避ける
です。
 
たいして楽しくもない
会社の上司や同僚との飲み会

 
これは参加しないようにしましょう。
 
おごりの場合はいってもいいですが、
そうじゃない場合は1回に5000円とか
かかりますよね。
 
とんでもないムダですよ。
 
これ辞めるだけでも
かなり出費は抑えられると思います。
 
 
 

無意味な節約術


ここからは、
無意味な節約術
についてお伝えします。
 
ココでお伝えする節約術は
やっても無駄なのでやめておきましょう。
 
 

無意味な節約術① 1円でも安い店を探す

無意味な節約術1つ目は、
1円でも安い店を探す
です。
 
よくあっちのスーパーの方が
数円安いからそっちのほうがいい!
とかいって、
何キロも離れた遠くの店までいく
 
って話を聞きますが、
これは超ムダです。
 
数円ケチるために、
わざわざ離れたところに行く
労力を考えて
ください。
 
自転車や歩きで行くなら
時間と体力のムダ。
 
疲れて飲み物大量に飲んだりしたら、
そく数円以上の赤字です。
 
移動が車の場合はもっとムダです。
移動のガソリン代の方が
よっぽどコストかかります。
 
節約はトータルで
無駄のないようにしないと
意味ないので、
1円も出やすい店を探して
駆けずり回るのはやめましょう。
 
 

無意味な節約術② 過剰に食費をケチる

無意味な節約術2つ目は、
過剰に食費をケチる
です。
 
食費をケチるのは
せつやくして貯金するためには
いっけん手っ取り早いモノ
感じるかもしれません。
 
だけど大間違いです。
 
食費が多すぎる場合は削るべきだけど、
過剰に削ってしまった場合は、
栄養バランス崩して、
体調崩すリスクがあるのでダメです。
 
体調崩して、
薬買ったり、医者いったら
もうそれで赤字
ですよ。
 
だから、
過剰に食費を削るのもやめましょう。
 
 

無意味な節約術③ ストレス感じる節約

無意味な節約術3つ目は、
ストレス感じる節約
です。
 
ストレス感じてまで
むりに節約するのはやめましょう。
 
いろいろ紹介しましたが、
どれもストレス感じるからムリ!
って方は、
節約して貯金するのは
あきらめてください。

 
ストレス感じてまで
節約したって楽しくない
ですからね。
 
ここで紹介したのは、
比較的手軽に取り組めるものばかりです。
 
それすらストレス感じる人は
もうどうしようもありません。
 
なので副業やるか、
出世するかして、
今以上に稼いで貯金する
しかないかと思います。
 
 
 

最後に


以上、
貯金できない人が貯金するために
意識すべき4個のコトと避けるべき3つのコト

でした。
 
生活の中でちょっと意識すれば
簡単にできることを意識するだけで
余計な出費は抑えられて、
簡単に貯金する余裕は生み出せます。
 
なので貯金できない!
って嘆くのではなく、
とりあえず行動を変えて、
実験してみて
ください。
 
やってみて合わなければ
やめればいいんですよ。
 
そのかわり、
お金はたまらないですけどね♪
 
いずれにせよ、
貯金したいって思いがあるなら
とりあえずやってみて
ください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

お金カテゴリの最新記事