動きが遅い人必見!動きが遅いを改善する5個のテクニック

動きが遅い人必見!動きが遅いを改善する5個のテクニック

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
動きが遅いを改善する5個のテクニック
をお伝えします。

動きが遅い人はいろいろ損しているので、できれば遅いのを改善して、少し速くなれるようにしていきましょう。

少しでも動きが遅いのを改善することで、世界は変わっていきます。

目次

動きが遅い人の特徴


ここからは、
動きが遅い人の特徴
をお伝えします。

動きが遅い人の特徴① いちいち停止する

動きが遅い人の特徴1つ目は、
いちいち停止する
です。

動きが遅い人は、ちょっと動くたびに停止する人が多いです。

カバン空けたら数秒止まる。ちょっと文字を書いたら数秒止まる。ページをめくったら数秒止まる。

そういうのがすごく多いです。

これで多くの時間を無駄にしているので改善した方が良いかと思います。

動きが遅い人の特徴② しゃべるのが遅い

動きが遅い人の特徴2つ目は、
しゃべるのが遅い
です。

動きが遅い人は、一言一言話すのもすごく遅いです。

早口で話す必要はありませんが、あまりにも遅いのは改善した方が良いかと思います。

スムーズにコミュニケーションとれないので。

動きが遅い人の特徴③ なにも考えてない

動きが遅い人の特徴3つ目は、
なにも考えてない
です。

動きが遅い人の中には何も考えずにぼーーーーっと過ごしている人も多いです。

何にも考えてないから、なにすればいいかもわからないし、なにしたいかもわからない。

だからテキパキ動けなくて、動きがスローになる。って感じですかね。

良いことないので改善していきましょう。

動きが遅いデメリット


ここからは、
動きが遅いデメリット
をお伝えします。

動きが遅いことにより発生している具体的なマイナスポイントです。

自覚していない場合はしっかり自覚して、意識して改善していきましょう。

動きが遅いデメリット① 勉強に時間がかかる

動きが遅いデメリット1つ目は、
勉強に時間がかかる
です。

動きが遅い人はとにかく1つ1つのことに無駄に時間がかかるので、勉強にも時間がかかります。

速い人は5分で終わる問題に30分とかかけてしまう人も多くいます。この場合、単純計算で勉強量6倍変わりますからね。とてつもない時間の損失です。

動きが遅いデメリット② 仕事に時間がかかる

動きが遅いデメリット2つ目は、
仕事に時間がかかる
です。

動きが遅い人は仕事も遅いです。なのでいつも仕事がたまって、残業するハメになりがちです。

チームで動く場合はまわりの人にも迷惑かけまくりです。たぶんイライラしてる人いっぱいいますよ。

とりあえず動きが遅いせいで残業が増えると勉強する時間も減ってしまうのでマイナスでしかありません。

動きが遅いデメリット③ 常に時間に追われる生活

動きが遅いデメリット3つ目は、
常に時間に追われる生活
です。

動きが遅い人はなにかと時間がかかるため、日常生活の中でつねに時間に余裕がなく、時間に追われる生活を送ることになります。

これってとてもストレスです。心が疲れていきます。

動きが遅いのを改善するメリット


ここからは、
動きが遅いのを改善するメリット
をお伝えします。

動きが遅いのを改善するメリット① 時間が増える

動きが遅いのを改善するメリット1つ目は、
時間が増える
です。

動きが遅いのを改善することで、今まで無駄にしていた時間を自分のために使えるようになります。

なので単純に使える時間が増えます。人によってはかなりの時間が生まれます。

動きが遅いのを改善するメリット② 頭の回転が速くなる

動きが遅いのを改善するメリット2つ目は、
頭の回転が速くなる
です。

動きを速くしていくことで、その動きに脳も合わせないといけなくなるので、自然に頭の回転も速くなっていきます。

実際、優秀な人たちって動き速いじゃないですか。「動きが速い=頭の回転も速い」ってことです。

動きが遅いのを改善するメリット③ 書くのが速くなる

動きが遅いのを改善するメリット3つ目は、
書くのが速くなる
です。

動きが遅いのを改善すれば書くスピードも上がります。

勉強で1問解くのにかかる時間が短縮できるというわけです。

今まで10分とかかかっていた問題も半分以下の時間とかで解けるようになっていきます。

動きが遅いのを改善するメリット④ 読むのが速くなる

動きが遅いのを改善するメリット4つ目は、
読むのが速くなる
です。

動きが遅いのを改善すると、頭の回転も速くなるのでそれに伴て読むスピードも速くなっていきます。

読むスピードが速くなれば、問題文を読むのにかかる時間が短縮できるので、1つの勉強にかかる時間が短縮できるというわけです。

動きが遅いのを改善するメリット⑤ 仕事が速くなる

動きが遅いのを改善するメリット5つ目は、
仕事が速くなる
です。

動きが遅いのを改善することで、仕事が遅いのも改善できます。

今までは時間がかかって、残業するハメになっていた仕事も、時間内にきっちり終わって返れるようになり、たっぷり自分の勉強の時間を確保できるようになります。

動きが遅いを改善するテクニック


ここからは、
動きが遅いを改善するテクニック
をお伝えします。

動きが遅いを改善するテクニック① 速く動く意識を持って動く

動きが遅いを改善するテクニック1つ目は、
速く動く意識を持って動く
です。

まずはこれを徹底してください。

常に速く動く意識を持って動いてください。遅い人は基本的にこの意識が完全に欠けているので、強く自分に言い聞かせて常に意識してください。

これをあたりまえにしていけば徐々に基本の動きは速くなっていきます。

動きが遅いを改善するテクニック② 常に最短ルートを考えて動く

動きが遅いを改善するテクニック2つ目は、
常に最短ルートを考えて動く
です。

仕事も遊びも勉強もつねに最短ルートを考えて、それを選択して動くようにしてください。

そうすることで1つ1つにかかる時間を短くできるし、思考力も鍛えることができます。

動きは速くなるし、脳みそも進化するしでいいことづくめです。

動きが遅いを改善するテクニック③ 常にタイムリミットつけて動く

動きが遅いを改善するテクニック3つ目は、
常にタイムリミットつけて動く
です。

すべての行動にタイムリミットをつけて動きましょう。

時間制限があるとチンタラやってる場合じゃなくなるので、イヤでも速く動くようになっていきます。

動きが遅い人は時間の意識が猛烈に欠けているので、なんでもかんでもタイムリミットつけて、時間を意識する習慣を身に着けていってください。

動きが遅いを改善するテクニック④ 準備してから動く

動きが遅いを改善するテクニック4つ目は、
準備してから動く
です。

仕事や勉強を開始する前に、事前に出来る準備をある程度済ませてから動き始めるようにしてください。

手順を書いた紙を用意するとか、優先順位を書いて貼っておくとか、頭の中である程度順番をイメージしておくとか…

そういうのをするだけで行動がスムーズになり、スピードが上がっていきます。

動きが遅いを改善するときに意識すべきこと


ここからは、
動きが遅いを改善するときに意識すべきこと
をお伝えします。

動きが遅いを改善するときに意識すべきこと① 少しずつでいい

動きが遅いを改善するときに意識すべきこと1つ目は、
少しずつでいい
です。

いきなり動く速さを倍くらいにするとか、そういうのはしなくていいです。

それをやってしまうと心と体がついていけなくなって、しんどくなって挫折します。

なので最初は1.2倍くらいの意識から始めて、少しずつコツコツ動きが遅いのを改善していきましょう。

動きが遅いを改善するときに意識すべきこと② たまにはだらけていい

動きが遅いを改善するときに意識すべきこと2つ目は、
たまにはだらけていい
です。

動きが遅いのを改善するためには常に速く動くことを意識するのが大切です。

ですがたまにはだらけてもいいです。たまにだらける時間を作って、ガス抜きしてください。

とくに動きが遅いのを改善し始めたときは、多少ストレスもたまるので適度にだらけて息抜きした方が良いです。

慣れたら速いのがあたりまえになりますが、慣れるまではそうやってうまいことストレスを解放してあげてください。

最後に


以上、
動きが遅いを改善する5個のテクニック
でした。

動きが遅くて人生とくることはおそらくありません。速いに越したことはありません。

なので動きが遅い方は今すぐここのテクニックを取り入れて、改善に動き出してください。

動きが遅いのを改善すれば、勉強効率もグーンと高まって、短い時間でたくさんのことを理解し、記憶し、成長していけるようになります。

勉強が楽しくなっていきます。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 働きながら勉強するときに超使える5個のテクニック
⇒ 時間を有効活用できるようになる時間の使い方7選
⇒ 勉強が苦手と感じている大人のための思考法と勉強法6+4選
⇒ 社会人が勉強しない理由と勉強しない5個の恐ろしいデメリット

勉強スピードアップテクニックカテゴリの最新記事