英語ライティング勉強法の具体的なやり方3ステップ

英語ライティング勉強法の具体的なやり方3ステップ

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
英語ライティング勉強法の具体的なやり方3ステップ
をお伝えします。
 
英語を書いて鍛える勉強法です。
 
英語のスキルを伸ばすためには
すごく重要なやり方なので
ぜひ参考にしてください。
 
 
 

英語のライティングは最強の英語勉強法


英語のライティングは
最強の英語勉強法です。
 
いろんな勉強法はあると思うけど、
いちばん効果が大きいのは
英語のライティングです。
 
ぜひ取り入れていってください。
 
 

英語のライティング勉強法でできるようになること

英語のライティングの勉強法で
英語のトレーニングを積んでいくと、
 
英語の文章が
ある程度かけるようになるので、
 
英語の試験でよく登場する
穴埋め、並べ替え、正誤判断、長文
すべてができるように
なります。
 
ちなみにスピーキングだけは、
別のトレーニングが必要なので、
ライティングだけではできるようにはなりませんが、
英会話のフレーズを覚えるトレーニングとしては
有効です。
 
 

英語のライティングが英語の勉強に有効な理由

英語のライティングが
英語の勉強に有効な理由

お伝えします。
 
書くという行動は、
いわゆる
アウトプット
というやつです。
 
勉強がうまくないひと、
勉強の効率が悪い人って、
インプットばかりがんばっちゃうんですよね。
 
でも勉強って
アウトプットもしないと
身につかない
んです。
 
英語の勉強は
メインの勉強がインプットになりがちなので、
そこにライティングというアウトプットの勉強法を
加えることで勉強効率を爆あげできる
というわけです。
 
 
 

英語のライティングの勉強に必要な知識


ここからは、
英語ライティングの勉強に必要な知識
についてお伝えします。
 
英語のライティングは
最強の英語勉強法なんですが、
これを実践するためには
いくつか必要な知識があります。
 
それを順に解説していきます。
 
 

英語のライティングの勉強に必要な知識① そこそこの単語力

英語のライティングの勉強に必要な知識1つ目は、
そこそこの単語力
です。
 
以後のライティングは
文章を丸ごと書く勉強法なので、
単語を全く知らない状態では
出来ません。

 
なので、
そこそこの英単語は
知っておかないとダメです。
 
そこそこの英単語っていうのは、
中学1年レベルの単語ですね。
 
とりあえずこれだけは
ちゃんと頭に入れてから
ライティング勉強法を行いましょう。
 
 

英語のライティングの勉強に必要な知識② 基本的な文法力

英語のライティングの勉強に必要な知識2つ目は、
基本的な文法力
です。
 
これも単語と同じくです。
 
文章を書く勉強法なので、
文法も基本的なモノは覚えていないと
出来ません。

 
文法は中学レベルの
基礎的なモノ
は理解しておけばいいかと思います。
 
 

英語のライティングの勉強に必要な知識③ 難しく考えない思考力

英語のライティングの勉強に必要な知識3つ目は、
難しく考えない思考力
です。
 
英語のライティングが下手な人は、
日本語で難しく考えすぎている場合が
ほとんどです。
 
日本語は自由すぎて難しい言語なので、
それをそのまま英語にしようと思うと
ものすごく難しいです。
 
なので、
難しい日本語ではなく、
簡単な日本語で考える思考力が必要です。
 
イメージは、
小学校低学年の子供とか
幼稚園の子供がつかいそうな
日本語で考えること
です。
 
そうすれば、
英語にも直しやすくなります。
 
 
 

効率の良い英語ライティング勉強法


ここからは、
効率の良い英語ライティング勉強法
をお伝えします。
 
ここでお伝えするやり方を使えば、
挫折することなく効率よく
英語ライティングで鍛えていけます。
 
 

効率の良い英語ライティング勉強法① 真似る

効率の良い英語ライティング勉強法1つ目は、
真似る
です。
 
ライティング勉強法をやり始めたときは、
まだまだ英語をいきなり書くのは難しいです。
 
なのでまずは、
正しい英語をマネして書く
というのを繰り返しましょう。
 
これをしばらく繰り返していけば、
徐々に英語の単語の並びがわかってきます。
 
 

効率の良い英語ライティング勉強法② 日本語見て英語にする

効率の良い英語ライティング勉強法2つ目は、
日本語見て英語にする
です。
 
見て真似るのに慣れてきたら、
次は英語を見ずに、日本語だけ見て、
それを英文に直すトレーニング
を行いましょう。
 
これを繰り返せば、
穴埋め、並べ替え、長文、英作文
すべてのスキルを鍛えることができます。
 
日本語を見て英語に直す
この習慣をつけていきましょう。
 
 

効率の良い英語ライティング勉強法③ 好きに書く

効率の良い英語ライティング勉強法3つ目は、
好きに書く
です。
 
問題集の日本語を見て
英文を書くのにも慣れてきたら
徐々に好きに書くのも取り入れていってください。
 
例えば日記とか、
その日に読んだニュースのまとめとか、
なんでもいいんですが、
自由に英語の文章を書きましょう。
 
ここまでできるようになれば、
英語のスキルはかなり鍛えられていると思います。
 
 
 

最後に


以上、
英語ライティング勉強法の具体的なやり方3ステップ
でした。
 
ぶっちゃけ英語は
ライティング勉強法だけやっておけば、
かなり鍛えることができます。
 
基礎的な単語、文法を覚えたら、
さっさとライティング勉強法始めてください。
 
簡単ではないけど、
効果は大きな勉強法です。
 
ぜひ使ってみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

勉強スピードアップテクニックカテゴリの最新記事