大人が計算力を効率よく計算力を鍛える4個の勉強法(仕事・生活編)

大人が計算力を効率よく計算力を鍛える4個の勉強法(仕事・生活編)

ここでは、
大人が計算力を効率よく計算力を鍛える4個の勉強法(仕事・生活編)
をお伝えします。
 
計算力は大人になってからも
必要です。
 
仕事や生活の中で、
あたりまえに使う場面は登場します。
 
なくても生きていくことはできるけど、
ないとデメリットたくさんなので、
計算はできるようにしておいた方がいいです。
 
なので計算力をぜひ鍛えていきましょう。
 
 
 

大人に必要な計算力


ここからは、
大人に必要な計算力
をお伝えします。
 
どういう計算力が必要なのか?
それをしっかり把握しておいてください。
 
大学受験用みたいな、
無駄に高度な計算は必要ないですから。
 
 

大人に必要な計算力① 基礎計算力

大人に必要な計算力1つ目は、
基礎計算力
です。
 
ここでいう基礎計算力というのは、
小学校レベルの四則計算です。
 
これができないと、
日常に登場するあらゆる計算が
できませんからね。
 
 

大人に必要な計算力② 簡単な暗算力

大人に必要な計算力2つ目は、
簡単な暗算力
です。
 
電卓使えばいいじゃん
って思うかもしれませんが、
簡単な計算するたびにいちいち電卓だすのは、
とてつもない手間です。
 
だからあらゆる計算を
暗算できる必要はないけど、
簡単な計算くらいはできるようにしましょう。
 
 

大人に必要な計算力③ だいたいで計算する計算力

大人に必要な計算力3つ目は、
だいたいで計算する計算力
です。
 
きっちり計算しなくても、
だいたいこれくらいになる
っていう計算力もあると、
いろいろ便利です。
 
主にお金の計算ですね。
 
だいたいこれくらい
って計算できれば、
ムダ使いせずに済みます。
 
レジでお金足りないっていう
悲しい事態も避けられます。
 
 

大人に必要な計算力④ 割合計算

大人に必要な計算力4つ目は、
割合計算
です。
 
割合計算できない人
多いですよね。
 
日常生活で
かなりの頻度で登場する計算だと思うので、
確実に身につけておきましょう。
 
 
 

計算が遅い・苦手なデメリット


ここからは、
計算が遅い・苦手なデメリット
をお伝えします。
 
計算が遅い・苦手だと
こんなデメリットがある
ってことを認識しておいてください。
 
 

計算が遅い・苦手なデメリット① 無駄な時間がかかる

計算が遅い・苦手なデメリット1つ目は、
無駄な時間がかかる
です。
 
計算力が低いと、
いちいち書いたり、
いちいち電卓出したり、
いちいち考えたり
することになります。
 
時間の無駄ですよね。
 
計算力鍛えておけば、
その時間を節約できます。
 
 

計算が遅い・苦手なデメリット② 人として恥ずかしい

計算が遅い・苦手なデメリット2つ目は、
人として恥ずかしい
です。
 
小学生レベルの計算が
出来ない大人は単純に恥ずかしいですよね。
 
義務教育ですからね。
 
それくらいの計算は
あたりまえにできるようにしておきましょう。
 
出来たほうがいいのではなく
できてあたりまえですから。
 
 

計算が遅い・苦手なデメリット③ 頭の回転が遅くなる

計算が遅い・苦手なデメリット3つ目は、
頭の回転が遅くなる
です。
 
計算力が低いと
頭の回転も遅いです。
 
頭の回転が遅いと、
会話はつまらないし、
なにかと効率悪くなるし、
仕事で良いアイデアも浮かびません。

 
 

計算が遅い・苦手なデメリット④ 損しているかも

計算が遅い・苦手なデメリット4つ目は、
損しているかも
です。
 
計算力がしょぼいと、
お金の計算ができないってことです。
 
つまり、
自分が得しているのか損しているのか?
判断できないってことです。
 
ということは、
知らないうちに、
損している可能性がある
ってことです。
 
損しないためにも
計算力は鍛えておきましょう。
 
 
 

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法


ここからは、
大人が効率よく計算力を鍛える勉強法
をお伝えします。
 
計算力を鍛えるために
使える方法をいくつかピックアップしました。
 
使ってみてください。
 
 

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法① 百ます計算

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法1つ目は、
百ます計算
です。
 
基礎計算力を鍛えるのに
ちょうどいいのが百ます計算です。
 
集中してひたすら
足し算とか引き算とか
解きまくってください。
 
繰り返していくうちに
どんどん鍛えられて
いきます。
 
 

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法② 計算ドリル

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法2つ目は、
計算ドリル
です。
 
大人のための計算ドリル
なるものが売られています。
 
そういうのをゲットして、
解いて鍛え直す
というのもアリです。
 
しっかり継続すれば、
しっかり鍛えられていきます。
 
 

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法③ 目に入る数字を計算する

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法3つ目は、
目に入る数字を計算する
です。
 
日常の中で数字を目にすること
多いと思います。
 
そう思わない場合は、
意識して生活してみてください。
 
たくさんの数字が目に入っているはずです。
 
そういう数字を使って
計算するクセをつけてください。
 
足すでもいいし、引くでもいいし、
かけても、わってもいいです。
 
とにかく数字が目に入ったら
計算するプログラムを
頭の中に作りましょう。
 
これの積み重ねで
簡単な計算は劇的に鍛えることができます。
 
 

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法④ 買い物のときに計算する

大人が効率よく計算力を鍛える勉強法4つ目は、
買い物の時に計算する
です。
 
買い物の時、
カゴに商品を入れながら、
いくらくらいになっているのか?
 
ざっくりでいいので
計算する
ようにしてください。
 
答え合わせは
レジで支払いの時に
です。
 
あたりまえに計算するクセをつけることで、
計算力は伸びていきます。
 
 
 

計算ドリルのおすすめの使い方


ここからは、
計算ドリルのおすすめの使い方
をお伝えします。
 
せっかくドリルを買っても、
使い方間違ってしまうと
あまり勉強の効果得られないので、
ここでお伝えする
効果的な使い方で実践してください。
 
 

計算ドリルのおすすめの使い方① 制限時間つける

計算ドリルのおすすめの使い方1つ目は、
制限時間つける
です。
 
だらだら解いても
計算力は身につかないので、
必ず制限時間をつけて
問題を解くようにしてください。
 
例えば、
1ページ5分とか
ですね。
 
時間内に終われるように
スピードを常に意識して、
かつ正確に解けるように

していってください。
 
 

計算ドリルのおすすめの使い方② 1問ミスしたら全問やり直す

計算ドリルのおすすめの使い方2つ目は、
1問ミスしたら全問やり直す
です。
 
制限時間つけて解いて
答え合わせした結果、
1問でもミスしていたら、
そのページ全問解きなおし
ましょう。
 
計算力を効率よく鍛えるためには、
これくらいやらないと、ぬるいので。
 
1問でもミスったら
全問やり直しも徹底してください。
 
 

計算ドリルのおすすめの使い方③ 毎日やる

計算ドリルのおすすめの使い方3つ目は、
毎日やる
です。
 
計算力に限らずですが、
勉強は毎日やらないと身につきません。
 
というかどんどん抜けていきます。
 
なので少しずつでもいいから、
必ず毎日やってください。
 
 
 

大人向けおすすめ計算ドリル


 
 
 

最後に


以上、
大人が計算力を効率よく計算力を鍛える4個の勉強法
でした。
 
計算が苦手とか遅いと感じている方は、
今すぐ取り入れて実践してみてください。
 
ちゃんとやれば、
絶対に身につきます。
 
基本的な計算くらいできないって
本当にダサいし恥ずかしいですからね。
 
きっちり鍛えていきましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

勉強テクニックカテゴリの最新記事