集中力がない大人のための長時間集中しない勉強法

集中力がない大人のための長時間集中しない勉強法

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
集中力がない大人のための長時間集中しない勉強法
をお伝えします。

自分は集中力がないから勉強できないって感じている方はぜひ参考にしてください。

集中力がない原因


ここからは、
集中力がない原因
をお伝えします。

集中力がない原因① 集中することに慣れてないだけ

集中力がない原因1つ目は、
集中することに慣れてないだけ
です。

集中して勉強に取り組むということに慣れてなかったら、集中して勉強できないに決まってます。

集中力がない原因② 集中のタイプが違うだけ

集中力がない原因2つ目は、
集中のタイプが違うだけ
です。

人によって集中力のタイプが違います。

長時間長く浅く集中できるタイプと短時間深く集中するタイプなどいろいろあります。

なので長時間集中できないと感じている方は短時間集中タイプの可能性があります。

だからダメってことはありません。自分に合う勉強法を実行すればいいだけです。

集中力がない大人のための勉強法


ここからは、
集中力がない大人のための勉強法
をお伝えします。

便宜上、集中力がないと表記しますが、短期型の集中タイプの人用の勉強法って考えてください。

集中力がない大人のための勉強法① まずは何分くらい集中できるか把握する

集中力がない大人のための勉強法1つ目は、
まずは何分くらい集中できるか把握する
です。

自分が集中できる時間が30分なのか1時間なのか…そこをまずは把握していきましょう。

テキトーに時間設定して勉強してみてください。良い集中状態を保って、疲れを感じない時間があっている集中時間です。

集中力がない大人のための勉強法② 集中できる時間を1セットとする

集中力がない大人のための勉強法2つ目は、
集中できる時間を1セットとする
です。

自分の集中時間を把握したら、その時間を1セットとして勉強していってください。

その時間で区切って、それ以上長い時間継続しないように勉強してください。

そうすれば短期集中を繰り返して、トータルで長い時間集中して勉強できるようになります。

集中力がない大人のための勉強法③ 1セットの中でできるノルマを設定する

集中力がない大人のための勉強法3つ目は、
1セットの中でできるノルマを設定する
です。

1セットの中でどれくらいの勉強をするか?も明確に設定してください。

ノルマの目安は気を抜いたら間に合わないかもしれない量です。

集中力がない大人のための勉強法④ 毎日のノルマはセット数で決める

集中力がない大人のための勉強法4つ目は、
毎日のノルマはセット数で決める
です。

長時間集中できない短期集中型の人は、日々のノルマをセット数で決めて勉強してください。

その方が効率よく勉強できます。

集中力がない大人のための勉強法⑤ 1セットごとに休憩する

集中力がない大人のための勉強法5つ目は、
1セットごとに休憩する
です。

1セット終わるごとに必ず休憩をはさむようにしてください。

多少休憩の数が多くなっても問題ありません。

1セットごとにしっかり休んで回復することで、疲れもストレスも感じずに勉強し続けることができます。

どうしても集中できない時の対処法


ここからは、
どうしても集中できない時の対処法
をお伝えします。

なんか今日は集中できないって時に使ってみてください。

どうしても集中できない時の対処法① 1セットだけやる

どうしても集中できない時の対処法1つ目は、
1セットだけやる
です。

集中できないって感じるときに無理にたくさんやろうとしてもしんどいし、集中できないしで勉強効率上がりません。

なのでとりあえず1セットだけやるってことにして取り組んでみてください。

それでもう無理って感じたら終わればいいし、もう少しできるって思ったらノルマをこなせばokです。

どうしても集中できない時の対処法② 5分だけやる

どうしても集中できない時の対処法2つ目は、
5分だけやる
です。

1セットやるのすらしんどいって感じるときは、とりあえず5分だけやってみてください。

ゼロにするのはよろしくないので、ちょっとはやるようにしてください。

5分勉強してもう無理って感じたらそこで終わり。もう少しできそうって感じたら1セットやってみてください。

集中力がない人でも取り入れるべき勉強


ここからは、
集中力がない人でも取り入れるべき勉強
をお伝えします。

集中力がない人でも取り入れるべき勉強① スキマ時間の活用

集中力がない人でも取り入れるべき勉強1つ目は、
スキマ時間の活用
です。

待ち時間、移動時間などのスキマ時間を徹底的に勉強に活用するようにしてください。

スキマ時間に少しずつ勉強することで、勉強時間をたくさん確保できるようになって勉強効率高まります。

スキマ時間は短い時間なので、集中力ない人でも集中して取り組みやすいです。

集中力がない人でも取り入れるべき勉強② 暇な時に思い出す

集中力がない人でも取り入れるべき勉強2つ目は、
暇な時に思い出す
です。

これは覚えた知識を維持するための勉強法です。

移動中、待ち時間、仕事中などの暇な時に、頭の中で勉強したことを思い出すクセをつけてください。

思い出すだけで復習の効果が得られるので、覚えたことをどんどん忘れなくなっていきます。

最後に


以上、
集中力がない大人のための長時間集中しない勉強法
でした。

長時間集中できない人はぜひ取り入れてみてください。

自分の集中力のタイプにあった勉強を使うことで、今までとは比にならないレベルで勉強効率を高めることができます。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 資格試験で緊張してしまう人のための緊張を薄める5つの勉強法
⇒ 社会人の勉強がうまくいかない原因とすぐ改善する6個の方法
⇒ 大人におすすめの勉強道具の選び方とおすすめ
⇒ 勉強が苦手と感じている大人のための思考法と勉強法6+4選

勉強テクニックカテゴリの最新記事