社会人向け。自分に合った勉強スタイルの見つけ方

社会人向け。自分に合った勉強スタイルの見つけ方

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
社会人向け。自分に合った勉強スタイルの見つけ方
をお伝えします。

自分の勉強スタイルを見つけて、効率よく楽しく勉強できるようになって、着実に成果を出せるようになっていってください。

目次

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット


ここからは、
社会人が勉強スタイルを見つけるメリット
をお伝えします。

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット① 習慣化しやすい

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット1つ目は、
習慣化しやすい
です。

自分の勉強スタイルを見つけることで、勉強を習慣化しやすくなります。

社会人はとくに時間が限られているなかで勉強していかないといけないので、勉強スタイルを見つけることは重要かと思います。

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット② 知識を身につけやすい

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット2つ目は、
知識を身につけやすい
です。

自分の勉強スタイルを見つけることで、常に自分に合った勉強法で勉強できるようになります。

そのため良くわからない状態で勉強しているときに比べると圧倒的に知識を身につけやすくなります。

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット③ 覚えたことを忘れにくくなる

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット3つ目は、
覚えたことを忘れにくくなる
です。

勉強スタイルをみつけることで知識を身につけやすくなるのと同時に、覚えたことを忘れにくくもなります。

自分に合った勉強法を使うことで、1回で身につく深さが深くなり、それがより強く脳に刻まれるからです。

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット④ 試験で結果を出せる

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット4つ目は、
試験で結果を出せる
です。

勉強スタイルを見つけることで、効率良く覚えて、忘れなくなっていけば、試験でもしっかり結果を出せるようになります。

資格試験.で何回やっても落ちてしまうなんてことも避けられます。

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット⑤ 勉強が楽しくなる

社会人が勉強スタイルを見つけるメリット5つ目は、
勉強が楽しくなる
です。

効率良く身につき、さらに成果もしっかり出せるようになれば勉強が楽しくなります。

やったことがそのまま結果にシンプルに反映されるのって本当に楽しいですからね。

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット


ここからは、
社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット
をお伝えします。

社会人が勉強スタイルをみつけずに合わない勉強法で勉強してしまうとろくなことがありません。そこんところもしっかり認識しておいてください。

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット① 無駄に疲れる

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット1つ目は、
無駄に疲れる
です。

合わない勉強法は体力的にも精神的にもムダに疲れます。

合うやり方でやれば5分で終わることも合わないやり方でやると倍以上かかったりします。それってすごくストレスだし、疲れもたまります。

勉強効率も上がりません。

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット② なかなか覚えられない

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット2つ目は、
なかなか覚えられない
です。

合うやり方でやれば2~3回で覚えられるものも合わないやり方でやってると何回やってもなかなか覚えられなかったりします。

これもなかなかストレスだし、勉強効率も上がらないのでしんどいです。

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット③ 勉強が楽しくなくなる

社会人が合わない勉強法で勉強するデメリット3つ目は、
勉強が楽しくなくなる
です。

社会人が合わない勉強法で勉強し続けていると、どんどん疲れとストレスがたまっていき、さらに成果もなかなか出ないので、どんどん勉強が楽しくなくなっていきます。

だから合わない勉強法は使わない方が良いです。

自分に合った勉強スタイルの見つけ方


ここからは、
自分に合った勉強スタイルの見つけ方
をお伝えします。

自分に合った勉強スタイルの見つけ方① いろいろ試してみる

自分に合った勉強スタイルの見つけ方1つ目は、
いろいろ試してみる
です。

とりあえずどんな勉強法が合うのかは、いろいろ試してみないとわかりません。

なのでいろんなところで効率が良いと言われている勉強法を試してみてください。いろいろ試していく中で、やりやすいものに出会えます。

なのでまずはとにかくいろいろ試してみてください。

自分に合った勉強スタイルの見つけ方② 効率を常に意識

自分に合った勉強スタイルの見つけ方2つ目は、
効率を常に意識
です。

釈迦自陣が自分に合う勉強スタイルを見つけるときには、常に効率を意識してください。

効率良く勉強できないと意味ないですからね。効率よい勉強法を探しまくって、試しまくってください。

自分に合った勉強スタイルの見つけ方③ 合わないと思ったらすぐ変える

自分に合った勉強スタイルの見つけ方3つ目は、
合わないと思ったらすぐ変える
です。

勉強スタイルを探す中で合わない勉強法にも出会うことがあります。そんなときはさっさと辞めて次に行ってください。

合わない勉強法で続けてもしんどいだけですからね。とりあえず1週間くらい試して、合わないと思ったらさっさと乗り換えましょう。

取り入れてはいけない勉強スタイル


ここからは、
取り入れてはいけない勉強スタイル
をお伝えします。

効率悪いのでここでお伝えするやり方は勉強スタイルとして採用するのはやめてください。

取り入れてはいけない勉強スタイル① 時間制で勉強

取り入れてはいけない勉強スタイル1つ目は、
時間制で勉強
です。

時間制で勉強してしまうと、その時間にだらだら過ごしてしまう可能性が上がるので時間制で勉強するのはやめてください。

時間制ではなくノルマ制でやっていきましょう。

取り入れてはいけない勉強スタイル② 一切書かない勉強

取り入れてはいけない勉強スタイル2つ目は、
一切書かない勉強法
です。

書かなくても覚えることはできます。だけど書いた方が効率いいです。だから一切書かない勉強法は採用しないでください。

書く勉強も書かない勉強もバランスよく取り入れていくのがベストです。

取り入れてはいけない勉強スタイル③ コツコツやらない勉強

取り入れてはいけない勉強スタイル3つ目は、
コツコツやらない勉強法
です。

勉強はコツコツやらないと絶対にみにつきません。なのでコツコツやらない勉強法もスタイルとして取り入れるのは避けてください。

効率を最大限高めるためにはコツコツやるのが最強ですから。

最後に


以上、
社会人向け。自分に合った勉強スタイルの見つけ方
でした。

社会人の場合、自分に合う勉強スタイルを見つけて、それで勉強することはかなり重要です。

自分に合う勉強スタイルでやるのが一番効率よくできますからね。

というわけでぜひ自分の勉強スタイルを見つけて、日々効率よく楽しく勉強できるようになっていってください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 勉強の成果がでない2つの原因。改善して成果でない状態から脱却しましょう。
⇒ 勉強中に頭痛い時のおすすめ対処法6選
⇒ 集中力がない大人のための長時間集中しない勉強法
⇒ 大人におすすめの勉強道具の選び方とおすすめ

勉強テクニックカテゴリの最新記事