効率の悪い勉強法。社会人がやりがちな4つの勉強法

効率の悪い勉強法。社会人がやりがちな4つの勉強法

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
効率の悪い勉強法。社会人がやりがちな4つの勉強法
についてお伝えします。
 
効率悪い勉強をやっていても、
いいことないので、
気をつけていきましょう~
 
 
 

効率悪い勉強法のデメリット


ここからは、
効率悪い勉強法のデメリット
をお伝えします。
 
効率悪い勉強していると
どんなデメリットでまみれることになるのか?
しっかり把握しておいてください。
 
 

効率悪い勉強法のデメリット① 身につかない

効率悪い勉強法のデメリット1つ目は、
身につかない
です。
 
効率悪い勉強法をやっていても、
何百回も繰り返せばさすがに身につきます。
 
だけど数回では
身につきません。
 
正しい勉強法でやれば
数回ですむことを
何百回もやるなんて効率悪すぎますよね。
 
 

効率悪い勉強法のデメリット② 忘れる

効率悪い勉強法のデメリット2つ目は、
忘れる
です。
 
効率悪い勉強をしていると、
覚えたはずの記憶を維持できません。
 
がんがん忘れていきます。
 
極端な話、
勉強するたびにリセットされます。
 
最悪ですよね。
 
 

効率悪い勉強法のデメリット③ 時間とエネルギーのムダ

効率悪い勉強法のデメリット3つ目は、
時間とエネルギーのムダ
です。
 
効率が悪い勉強法だと、
身につかないし、
身についたとして時間かかる。
 
さらにせっかく覚えても
どんどん忘れていってします。
 
という負のスパイラルから
抜けられません。

 
覚えられないわけじゃないけど、
すべての勉強に無駄な時間とエネルギーが
かかってしまう
ことになります。
 
効率良くできれば
その十分の一くらいのエネルギーと時間で
同じ量を覚えられる可能性もあります。
 
そう考えると、
効率悪い勉強って
とんでもないムダ
ですよね。
 
 
 

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法


ここからは、
社会人がやりがちな効率の悪い勉強法
についてお伝えします。
 
学生とは違って、
仕事に終われて忙しい社会人だから
やってしまいがちな勉強法も
あるのでしっかり認識して、
やらないようにしていきましょう。
 
 

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法① 週末しか勉強しない

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法1つ目は、
週末しか勉強しない
です。
 
週に1~2日だけ勉強する
これはよろしくありません。
 
人は忘れるように
できているので、
勉強しない5日の間に
ほとんど忘れてしまいます。
 
なので
週末しか勉強しない
というのは無しでいきましょう。
 
 

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法② 気が向いた時しか勉強しない

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法2つ目は、
気が向いた時しか勉強しない
です。
 
これも週末しか勉強しないのと同じで、
たまにしかやらないことになるので、
覚えたことをきれいさっぱり忘れてしまいます。
 
毎回忘れたことを
思い出すことから始めるので、
勉強効率上がりません。
 
 

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法③ 復習までに時間あけすぎ

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法3つ目は、
復習までに時間あけすぎ
です。
 
継続的に勉強していたとしても、
新しいことばかりやっていたら
意味ありません。

 
復習をしなかったら、
せっかく覚えたことも忘れていきます。
 
新しいことを勉強する中でも
登場することは覚えておけるけど、
登場回数が多くないモノは忘れていきます。
 
なのでその知識を失うことを避けるために
復習もしっかりやっていきましょう。
 
 

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法④ 1周して満足している

社会人がやりがちな効率の悪い勉強法4つ目は、
1周して満足している
です。
 
勉強する!って気合い入れて、
問題集を買って、
ちゃんと解いて…
 
ってとこまではいいんですが、
1周してそれで終わっていたら、
意味ありません。

 
1回解いたくらいでは
覚えれませんからね。
 
問題集は何周もするのが基本
です。
 
 
 

勉強効率下げないために意識すべきこと


ココからは、
勉強効率下げないために意識すべきこと
についてお伝えします。
 
しっかり意識して、取り入れて、
勉強効率を落とさず勉強していきましょう。
 
 

勉強効率下げないために意識すべきこと① 時間は作るもの

勉強効率下げないために意識すべきこと1つ目は、
時間は作るもの
です。
 
時間がない
とか言う人多いですが、
それはウソです。
 
時間は作るものなので、
作る努力を怠っているだけです。
 
どうやって時間作ればいいかわからない場合は、
以下の記事を参考にやってみてください。

勉強時間がない社会人のための『今すぐ使えるの7個の勉強時間の作り方』
 
 

勉強効率下げないために意識すべきこと② 毎日継続

勉強効率下げないために意識すべきこと2つ目は、
毎日継続
です。
 
勉強は毎日やるのがあたりまえ
という意識で取り組みましょう。
 
毎日何時間もやれ
ってことではありません。
 
どんなに忙しくても、
どんなに疲れていても
5分くらいはできますよね?
 
たった5分なんて意味ない
って思うかもしれませんが
そんなことはありません。
 
そのたった5分が、
大きく影響します。
 
これは実際にやってみれば
わかるのでやってみてください。
 
 

勉強効率下げないために意識すべきこと③ 復習は必須

勉強効率下げないために意識すべきこと3つ目は、
復習は必須
です。
 
覚えたことを脳に定着させるためには
復習は絶対に避けてはいけません。
 
すでに完ぺきに覚えたつもりのことも
たまには振り返ってください。
 
ほったらかすと、
脳が必要ない情報って判断して、
忘れていっちゃいます。
 
 

勉強効率下げないために意識すべきこと④ 問題集は3周以上

勉強効率下げないために意識すべきこと4つ目は、
問題集は3周以上
です。
 
問題集1冊ゲットしたら、
それを最低3周はやる覚悟で取り組みましょう。
 
しっかり3周すれば、
かなり身につくと思います。
 
もし足りないようなら、
さらに4周5周とやってください。
 
もう全部頭に入った!ってくらい
使い倒したら、新しいのに手を出しましょう。
 
 
 

最後に


以上、
効率の悪い勉強法。社会人がやりがちな4つの勉強法
についてお伝えしました。
 
効率悪い勉強は、
いろいろとムダだらけで、
いいことないのでやめましょう。
 
成長も実感しにくいので、
やる気もうせやすいです。
 
効率良くできれば、
成長も実感しやすいし、
楽しみつつ継続できます。
 
ぜひ取り入れてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

勉強テクニックカテゴリの最新記事