勉強の効率的なアウトプットの方法4選

勉強の効率的なアウトプットの方法4選

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
勉強の効率的なアウトプットの方法4選
を紹介します。

アウトプットを効率よくできるようになれば、それだけ効率よく身につくし、忘れなくもなっていくのでぜひ参考にしてください。

目次

アウトプットの前にやること


まずはじめに、
アウトプットの前にやること
をお伝えします。

アウトプットするためには、まずはインプットしなければいけません。どんなにアウトプットを頑張ろうとしても、アウトプットする中身が伴わなければ効率よく勉強できませんからね。

ということでアウトプットを頑張る前にまずはしっかりインプットするのを忘れないでください。

効率的なアウトプットの方法


ここからは、
効率的なアウトプットの方法
をお伝えします。

効率的なアウトプットの方法① テストする

効率的なアウトプットの方法1つ目は、
テストする
です。

番手軽に効率よくできるアウトプットの方法です。

覚えたことをテストしてください。テストすることでどこをちゃんと覚えていて、どこがまだ中途半端かがはっきり確認できます。

テストっていう多少プレッシャーのかかる状態で勉強することで集中力も鍛えられます。

効率的なアウトプットの方法② 人に教える

効率的なアウトプットの方法2つ目は、
人に教える
です。

おそらく最強の復習法ともいえるアウトプットの方法がコレです。

人に教えようと思ったら、教える内容をかなり高い完成度でみにつけていないと教えることができません。

なので人に教えてみることでまだ中途半端な部分、しっかり高い完成度で身についている部分をチェックできるし、教えることで復習にもなります。

効率的なアウトプットの方法③ 1人でブツブツ言う

効率的なアウトプットの方法3つ目は、
1人でブツブツ言う
です。

本を見ながらでも、見ずにでもいいので、覚えたことをブツブツ音読しましょう。

テストしても余裕で解けてしまうレベルまできたらこれやるのがおすすめです。短時間でスムーズにアウトプットできて効率的です。

効率的なアウトプットの方法④ 真っ白な紙にひたすら書く

効率的なアウトプットの方法4つ目は、
真っ白な紙にひたすら書く
です。

真っ白な紙を用意して、そこに頭の中に入っている情報をひたすら書き出していく方法です。

ほとんどすべてを覚えてしまった時のアウトプットにおすすめです。書けない部分をあとから復習すれば、さらに完成度を高められます。

テストでアウトプットする方法を使うときのポイント


ここからは、
テストでアウトプットする方法を使うときのポイント
をお伝えします。

テストでアウトプットする方法を使うときのポイント① 必ずタイムアタック

テストでアウトプットする方法を使うときのポイント1つ目は、
必ずタイムアタック
です。

テストでアウトプットするときは必ず制限時間をつけて、タイムアタックでやってください。タイムアタックしないとチンタラやってしまって、勉強の効率が落ちます。

なので必ず気を抜いたら間に合わないくらいの時間設定でテストしてください。

テストでアウトプットする方法を使うときのポイント② 必ず点数を出す

テストでアウトプットする方法を使うときのポイント2つ目は、
必ず点数を出す
です。

テストでアウトプットしたら必ず点数も出すようにしてください。明確な数字を出すことで、成長を実感できます。

成長を実感できる方がやる気も出るし、勉強楽しくもなりますからね。

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント


ここからは、
人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント
をお伝えします。

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント① わかりやすく伝えるにはどうするか考える

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント1つ目は、
わかりやすく伝えるにはどうするか考える
です。

相手にわかりやすく伝えるにはどうすればいいか?常に考えて教えてあげてください。

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント② 伝わらなかったら言い方を変えてみる

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント2つ目は、
伝わらなかったら言い方変える
です。

自分なりにわかりやすく伝えたつもりでも、なかなか伝わらないこともあります。そんなときは言い方変えてみてください。

いろんな言い方を考えて実践することで、語彙力も鍛えられるし、教えることもより深く理解できていきます。

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント③ わからないことがあったらすぐ調べる

人に教えてアウトプットする方法を使うときのポイント3つ目は、
わからないことがあったらすぐ調べる
です。

教えている中でわからないことも出てくるかもしれません。

そんなときはすぐに調べてください。知ったかぶりしていい加減な説明をする必要はありません。そんなことしても成長できませんからね。

その場ですぐに調べて、それを伝えてあげればokです。

1人でブツブツ言うアウトプットをする方法を使うときのポイント


ここからは、
1人でブツブツ言うアウトプットをする方法を使うときのポイント
をお伝えします。

1人でブツブツ言うアウトプットをする方法を使うときのポイント① まわりに人がいない方が良い

1人でブツブツ言うアウトプットをする方法を使うときのポイント1つ目は、
まわりに人がいない方が良い
です。

1人でブツブツしゃべることになるので、周りに人がいたら完全に怪しい人になってしまいます。

なのでこのアウトプットの方法を使う場合は、周りに人がいない状況を選ぶ方が良いかと思います。

1人でブツブツ言うアウトプットをする方法を使うときのポイント② 声のボリュームは小さめで

1人でブツブツ言うアウトプットをする方法を使うときのポイント2つ目は、
声のボリュームは小さめで
です。

1人でブツブツ言うときは声は小さ目でokです。あまり大きな声でやると疲れますからね。

あと近所にも迷惑かもしれないし。

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント


ここからは、
真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント
をお伝えします。

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント① 高い完成度でインプットするのが必須

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント1つ目は、
高い完成度でインプットするのが必須
です。

このアウトプットの方法を使う場合は、かなり高い完成度でみについてないと実践できません。

なのでとにかくまずはインプット頑張ってください。

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント② まずはほかのアウトプットで鍛えるのがおすすめ

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント2つ目は、
まずはほかのアウトプットで鍛えるのがおすすめ
です。

このアウトプットの方法は最終段階でしかできない方法です。

なのでまずはほかのアウトプットの方法を使って鍛えていってください。

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント③ 最後の仕上げとして使う

真っ白な紙にひたすら書いてアウトプットする方法を使うときのポイント3つ目は、
最後の仕上げとして使う
です。

このアウトプットの方法は最後の仕上げとして使ってください。

中途半端な完成度でやっても十分な効果は得られないので、ほぼすべて身について他のアウトプットの方法では楽勝すぎるって状況になったらやってみてください。

最後に


以上、
勉強の効率的なアウトプットの方法4選
を紹介しました。

効率的なアウトプットの方法を知っておき、上手く使っていくことで、勉強した分だけしっかり身について、成果を出していけるようになります。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 少ない回数で覚えて忘れない勉強法
⇒ 勉強スピード遅い人のための勉強スピードを上げる6つの方法
⇒ 社会人が早起きして勉強するメリットとデメリット
⇒ ノートとルーズリーフどっちが社会人の勉強で効率いいのか?

勉強テクニックカテゴリの最新記事