勉強の中の無駄な時間とそれを徹底的に排除する勉強法

勉強の中の無駄な時間とそれを徹底的に排除する勉強法

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
勉強の中の無駄な時間とそれを徹底的に排除する勉強法
をお伝えします。

勉強の中には多くの人が意識できていない無駄な時間が存在します。

それを意識して排除することでより無駄なく効率よく勉強できるようになるのでぜひ知って、意識して排除していってください。

勉強の中の無駄な時間


ここからは、
勉強の中の無駄な時間
をお伝えします。

勉強の中の無駄な時間① 覚えてないことで悩む時間

勉強の中の無駄な時間1つ目は、
覚えてないことで悩む時間
です。

暗記系の問題を解くときにやたら長時間悩む人がいますがその時間はムダです。

暗記系の問題で答えがすぐに出てこないってことは、頭に入ってないってことなので、どれだけ悩んでもわかるわけありません。

頭の中に入ってない情報を頭の中から引き出せるわけありませんからね。

勉強の中の無駄な時間② わからないことで悩む時間

勉強の中の無駄な時間2つ目は、
わからないことで悩む時間
です。

わからない問題があったときにそこで止まってうんうん悩み続ける人もいますが、それもムダです。

わからないってことはそれを解くだけのスキル、知識が足りてないってことなので悩んでもすんなり解けるわけありません。

勉強の中の無駄な時間を排除する思考法


ここからは、
勉強の中の無駄な時間を排除する思考法
をお伝えします。

勉強の中の無駄な時間を排除する思考法① 長時間悩むのはムダって意識を持つ

勉強の中の無駄な時間を排除する思考法1つ目は、
長時間悩むのはムダって意識を持つ
です。

ちょっとくらい考えるのはアリですが、何十分も何時間も同じ問題で悩むのは無駄という意識を持ってください。

マジで時間の無駄ですから。勉強で大切なのはその場で自力で解くことではなく、効率よく正しい知識を身につけることです。1つの問題に時間かけるのは非効率でしかありません。

なので長時間悩むのは無駄!って意識をもっておいてください。

勉強の中の無駄な時間を排除する思考法② わからないならすぐ調べたほうが早い

勉強の中の無駄な時間を排除する思考法2つ目は、
わからないならすぐ調べたほうが早い
です。

長時間悩むのはムダです。それに長時間悩む暇があるならさっさと調べたほうが早いです。

たいていのことはネットで調べれば解決できるので、さっさと調べて解決した方が圧倒的に効率的です。

なのでわからないことはすぐ調べればいい!って意識も持っておいてください。

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法


ここからは、
勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法
をお伝えします。

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法① 暗記系は悩むのは10秒まで

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法1つ目は、
暗記系は悩むのは10秒まで
です。

暗記系の問題では悩むのは10秒までにしましょう。それ以上悩むのであれば頭に入ってないってことなのでさっさと答え見て確認する、飛ばして先に進むなどしてください。

暗記系で長い時間悩むのは本当に時間の無駄ですからね。

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法② その他の問題は長くても5分まで

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法2つ目は、
その他の問題は長くても5分まで
です。

暗記系以外の問題は手が止まって5分くらいしたらもう諦めましょう。それだけの時間手が止まるってことは無理ってことです。

それ以上粘っても解ける可能性は低いので、粘るだけ時間の無駄です。非効率です。

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法③ 解説が親切ならすぐ解説読む

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法3つ目は、
解説が親切ならすぐ解説読む
です。

わからない問題の解説があって、それが親切なのであれば解説を読んでわからなかったところをしっかり理解してください。

「答えだけ写して終わり」っていうのは絶対にやめてください。それは勉強ではなく落書きです。

ちゃんと解説読んで理解するところまでやるのが勉強ですからね。あたりまえのことですが、念のため。

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法④ 解説がイマイチならすぐネットで調べる

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法4つ目は、
解説がイマイチならすぐネットで調べる
です。

解説がイマイチな時はすぐにネットで検索して調べてください。問題文そのままとかキーワードで検索すれば全く同じ問題か似たような問題の解説は見つかると思います。

見つからない場合はヤフー知恵袋とかで質問してみてください。親切な人が解説してくれます。

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法⑤ 聞ける人がいるならその人に聞く

勉強の中の無駄な時間を排除する勉強法5つ目は、
聞ける人がいるならその人に聞く
です。

わからないことを聞ける人が身近にいるのであれば、その人に聞くのでもokです。とにかくうだうだ悩む時間がムダですからね。

出来ない問題はさっさと区切って他の手段で解決するようにしてください。

わからなかったところの復習法


ここからは、
わからなかったところの復習法
をお伝えします。

わからなかった部分を答え、解説、ネットなどで解決した後の勉強法です。ここをしっかりやっておくことでより理解度を高められるので取り入れてください。

わからなかったところの復習法① その日の勉強の最後に解きなおす

わからなかったところの復習法1つ目は、
その日の勉強の最後に解きなおす
です。

その日の勉強でわからなかったところをその日の勉強の最後にもう1回解きなおすという方法です。

さっきやったことをちゃんと理解しているかの確認もできるし、中途半端な部分を確認することもできるので一石二鳥で効率的です。

わからなかったところの復習法② 暗記系は10回以上書く

わからなかったところの復習法2つ目は、
暗記系は10回以上書く
です。

暗記系の問題でわからなかったものは10回以上書いて頭に叩き込みましょう。覚える意志を持って書けばいやでも頭に入りますからね。

同じ問題を繰り返し間違えた場合は練習の回数をどんどん増やしていくのが良いかと思います。

最後に


以上、
勉強の中の無駄な時間とそれを徹底的に排除する勉強法
でした。

ここでお伝えした勉強の中の無駄な時間は、一般的には無駄と思われていない部分ですが、実は効率よく勉強するためにはとてつもなく無駄なんです。

なのでこのムダを徹底的に排除して、勉強効率を一気に高めていってください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 社会人が早起きして勉強するメリットとデメリット
⇒ 社会人が勉強しない理由と勉強しない5個の恐ろしいデメリット
⇒ 大人の勉強が続かない5個の原因と7個の勉強を続ける秘策
⇒ 時間を有効活用できるようになる時間の使い方7選

勉強テクニックカテゴリの最新記事