働きながら勉強するときに超使える5個のテクニック

働きながら勉強するときに超使える5個のテクニック

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
働きながら勉強するときに超使える5個のテクニック
をお伝えします。

働きながら着実に、ラクに、効率よく、勉強していくためにぜひ取り入れてみてください。

目次

働きながら勉強するときに必要なテクニック


ここからは、
働きながら勉強するときに必要なテクニック
をお伝えします。

どんなテクニックが必要なのかをまずは把握しておいてください。

働きながら勉強するときに必要なテクニック① 時間のテクニック

働きながら勉強するときに必要なテクニック1つ目は、
時間のテクニック
です。

時間のテクニックとは、時間の使い方のテクニックです。

働きながら勉強する場合、限られた時間をうまく使わないといけないので、働きながら勉強するなら必須のテクニックです。

働きながら勉強するときに必要なテクニック② 勉強効率化テクニック

働きながら勉強するときに必要なテクニック2つ目は、
勉強効率化テクニック
です。

働きながら勉強する場合、限られた時間で勉強する必要があります。

なので短時間でより効率よく勉強するために、勉強効率化のテクニックも必須です。

働きながら勉強するときに必要なテクニック③ 定時で帰るテクニック

働きながら勉強するときに必要なテクニック3つ目は、
定時で帰るテクニック
です。

なるべく定時で帰ることで簡単に勉強の時間を作り出すことができるので、定時で帰るテクニックも積極的に使っていくのがおすすめです。

定時で帰るのを基本にすれば、勉強以外にも自分の時間を増やすことができますしね。

働きながら勉強するときに必要なテクニック④ 体力温存テクニック

働きながら勉強するときに必要なテクニック4つ目は、
体力温存テクニック
です。

働きながら勉強するとき、いつも仕事で体力を使い果たしてしまったら勉強できなくなってしまいます。

なのでそうならないために体力温存のテクニックもガンガン使っていきましょう。

働きながら勉強するときに必要なテクニック⑤ 復習テクニック

働きながら勉強するときに必要なテクニック5つ目は、
復習テクニック
です。

復習のテクニックを使うことで、復習のためにあまり多くの時間を割かなくても大丈夫になります。

なので繰り返しの回数を減らすことができ、さらに一度覚えたことを忘れにくくすることができます。

より短い時間でたくさんのことを記憶し、忘れなくなるので、働きながら勉強するときには必須のテクニックです。

働きながら勉強するための時間のテクニック


ここからは、
働きながら勉強するための時間のテクニック
をお伝えします。

働きながら勉強するための時間のテクニック① 寝る前の時間を使う

働きながら勉強するための時間のテクニック1つ目は、
寝る前の時間を使う
です。

働きながら勉強する場合、寝る前の時間を勉強の時間に使うのがおすすめです。

寝る前に何時間もやるのではなく寝る前15分とか30分とかですね。

睡眠時間に大きな支障のない範囲で少し寝る時間を減らして、それを勉強の時間に変えていきましょう。

毎日コツコツ継続すれば大きな時間になるので、かなりの勉強ができます。

働きながら勉強するための時間のテクニック② 通勤時間を使う

働きながら勉強するための時間のテクニック2つ目は、
通勤時間を使う
です。

働きながら勉強する場合、通勤時間も勉強にガンガン勉強に使っていきましょう。

バス、電車通勤なら動画で勉強したり、本を読んで勉強したり…
歩き、車なら音声を聞いて勉強したり…

という感じで通勤方法に合わせてできることを少しでもやるようにしてください。

これも短い時間でも積み重ねていけば大きな時間になります。

働きながら勉強するための時間のテクニック③ 昼休憩を少し使う

働きながら勉強するための時間のテクニック3つ目は、
昼休憩を少し使う
です。

会社の昼休憩の時間も勉強に使うのがおすすめです。

全部勉強に使ってしまうと休憩にならないので、昼休憩の時間の一部だけ勉強の時間にするのがおすすめです。

例えば60分の休憩なら、20分昼食、20分勉強、20分昼寝みたいな感じですね。

昼休憩のメシ食べた後って、やること決めてないと暇なことって結構あると思うので、それを勉強の時間にしていきましょう。

働きながら勉強するための時間のテクニック④ スキマ時間を使う

働きながら勉強するための時間のテクニック4つ目は、
スキマ時間を使う
です。

日常の中でたくさん登場するであろう待ち時間。

これも勉強に使うようにしていきましょう。

数分もあれば軽く復習くらいならできます。そんなちょっとだけやっても効果あるのかって思うかもしれませんが、ちゃんと効果あるのでやってみてください。

働きながら勉強するための効率化テクニック


ここからは、
働きながら勉強するための効率化テクニック
をお伝えします。

働きながら勉強するための効率化テクニック① ノルマ

働きながら勉強するための効率化テクニック1つ目は、
ノルマ
です。

毎日の勉強のノルマを決めてそれを守るというやり方です。

ノルマが決まっていれば、毎日目標が明確で、それを片づけることに意識を集中しやすいので、効率が高まります。

ちなみに「ノルマが終わらない限り寝てはいけない」というルールは必ず付けてやってください。

そうしないと簡単にサボってしまいますからね。

働きながら勉強するための効率化テクニック② タイムアタック

働きながら勉強するための効率化テクニック2つ目は、
タイムアタック
です。

問題解くときに必ず時間制限をつけて行うようにしてください。

時間に追われている状態になると人って集中できます。

あと試験受けるのであればそれのトレーニングにもなるので一石二鳥です。

時間制限の目安は、「気を抜いたら間に合わないくらい」です。

働きながら勉強するための効率化テクニック③ 常に速く解く意識

働きながら勉強するための効率化テクニック3つ目は、
常に速く解く意識
です。

タイムアタックでやればこれは自然にできるんですが、暗記系の勉強するときなどのタイムアタックでやれない勉強の時もこれを意識してやってください。

常に速くって意識でやることで、集中力を高く維持でき、だらだらやるの防げます。

働きながら勉強するための効率化テクニック④ すぐに勉強できる環境づくり

働きながら勉強するための効率化テクニック4つ目は、
すぐに勉強できる環境づくり
です。

カバンにいつでも勉強できるように本とかノートを入れておくとか、スマホですぐに勉強できるようにアプリを入れておくとか、家に帰ったらすぐ勉強できるようにすべての準備を整えておくとか…

とにかく勉強する!って思った時にいつでもすぐに勉強できる状態にしておきましょう。

せっかくやる気になったのに、そこから準備していると準備している間にテンション落ちちゃう可能性があります。

なのですぐに勉強できる準備を常にしておいてください。

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック


ここからは、
働きながら勉強するための定時で帰るテクニック
をお伝えします。

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック① 人に頼めるものは頼む

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック1つ目は、
人に頼めるものは頼む
です。

自分以外の人に頼める仕事は基本的にガンガン頼んでしまいましょう。

頼めるものは頼むことで、相手の成長につながるし、自分の仕事量は減るしで良い子としかありません。

仕事量が減ればそれだけ定時で帰れる確率は高まります。

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック② 誰でもいい仕事は絶対にやらない

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック2つ目は、
誰でもいい仕事は絶対にやらない
です。

たまに「誰でもいいから気付いた人がやればいい」みたいな仕事ってありますよね。しょーもない雑用とかで。

そういうのは断固拒否。完全無視してください。

誰でもいいなら我々がやる必要はありません。気が付くマジメな誰かにやってもらいましょう。

わざわざ自分から無駄な仕事を増やす必要はありません。

会社での変な評価よりも、定時で帰る方が重要ですから。

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック③ 定時より30分早く終われるように動く

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック3つ目は、
定時より30分早く終われるように動く
です。

朝から逆算して、定時の30分前くらいには仕事が終わるように動くのを習慣化してください。

定時ちょうどに終わるように動いてしまうと、アクシデントがあったときに定時で帰れなくなってしまうので、それを防ぐために30分前くらいに終わるように動くのがおすすめです。

で、あとはゆっくりお片付して定時になったらささっと帰宅しましょう。

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック④ 最初はテキパキ、徐々にスローダウン

働きながら勉強するための定時で帰るテクニック4つ目は、
最初テキパキ、徐々にスローダウン
です。

定時30分前くらいに仕事を終えるために、最初はテキパキ動いて、やるべきことをガンガン片づけていきましょう。

ですがそのままの状態で1日過ごすと、疲れるし仕事が早く終わりすぎてしまうので、徐々にスローダウンしていってください。

17時が定時ならだいたい14~15時くらいからペースを調整するのがいいかと思います。

定時の30前分くらいに運よくタイミングよく仕事が終わった感を出すために、うまーくスピード調整してください。

働きながら勉強するための体力温存テクニック


ここからは、
働きながら勉強するための体力温存テクニック
をお伝えします。

働きながら勉強するための体力温存テクニック① ゆっくりめで動く

働きながら勉強するための体力温存テクニック1つ目は、
ゆっくりめで動く
です。

仕事中はあまり気合を入れずゆっくりめで動くのを意識してください。

早く動けばそれだけ無駄に疲れますからね。

テキパキやるときは多少スピード上げてもいいけど、それ以外の時は基本ゆっくりめで動きましょう。

普段の0.7倍速くらいをイメージしてください。そしたらムダなエネルギー消費を減らすことができ、体力温存できます。

働きながら勉強するための体力温存テクニック② 積極的に手伝ってもらう

働きながら勉強するための体力温存テクニック2つ目は、
積極的に手伝ってもらう
です。

パソコン作業系は別にいいですが、肉体労働系のことをするとき、一人でやると体力を多く使ってしまうので、手伝ってもらえそうなものは積極的に手伝ってもらうようにしましょう。

手伝ってもらえば1人1人の労力減りますからね。

いい感じに体力温存できます。

働きながら勉強するための体力温存テクニック③ 昼休憩に仮眠取る

働きながら勉強するための体力温存テクニック3つ目は、
昼休憩に仮眠取る
です。

昼休憩に必ず仮眠をとるようにしてください。

昼に仮眠をとっておくことで午前の疲れを癒せるし、体力を温存して、帰ってから眠気に襲われることを防ぎ、しっかり勉強に取り組めるようになります。

働きながら勉強するための復習テクニック


ここからは、
働きながら勉強するための復習テクニック
をお伝えします。

働きながら勉強するための復習テクニック① 頭の中で思い出す

働きながら勉強するための復習テクニック1つ目は、
頭の中で思い出す
です。

勉強したことを頭の中で思いだして下さい。

仕事中、つまらない会議中、満員電車での移動中などに使うのがおすすめです。

頭で思い出すだけでもかなりの復習効果は得られるので積極的に使ってみてください。

働きながら勉強するための復習テクニック② メモに書いて思い出す

働きながら勉強するための復習テクニック2つ目は、
メモに書いて思い出す
です。

仕事中の暇なとき、つまらない会議中などに使うのがおすすめです。

なにかメモを書いている風の空気を醸し出しながら、自分の勉強の復習を書いてやるという方法です。

パッと見マジメに仕事している、会議を聞いている風に見えるので、まわりの目をごまかしつつ勉強しやすいです。

働きながら勉強するための復習テクニック③ 声に出して思い出す

働きながら勉強するための復習テクニック3つ目は、
声に出して思い出す
です。

まわりがうるさい環境でおすすめの復習方法です。

頭の中で思い出すだけでなく、それをぶつぶつつぶやいて思い出してください。

まわりがうるさい環境なら多少ブツブツ声出してもまわりには気づかれません。

最後に


以上、
働きながら勉強するときに超使える5個のテクニック
でした。

働きながら勉強するなら、いろんなテクニックを駆使した方が圧倒的にラクに着実に効率よく勉強していけます。

なのでぜひテクニックをガンガン取り入れて勉強してみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 大人の勉強が続かない5個の原因と7個の勉強を続ける秘策
⇒ 大人が勉強しても覚えられないのを改善する8個の方法
⇒ 社会人が勉強しない理由と勉強しない5個の恐ろしいデメリット
⇒ 勉強したいのに勉強できない社会人のための勉強時間の作り方と時間の使い方

勉強テクニックカテゴリの最新記事