時短家事術を使って、勉強時間を確保する4つの方法

時短家事術を使って、勉強時間を確保する4つの方法

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
時短家事術を使って、勉強時間を確保する方法をについてお伝えします。
 
時短家事術を使って勉強時間を確保していってください。
 
 
 

時短家事術 掃除編


ここからは、
時短家事術 掃除編
をお伝えします。
 
掃除の時短テクニック的なものですね。
 
わたしが実際にやっていて、これがいいなぁって感じたものを紹介します。
 
 

時短家事術 掃除編① コロコロ

時短家事術 掃除編1つ目は、
コロコロ
です。
 
ホコリをとるために粘着テープの筒をコロコロするあれです。
 
あれを常備しておき、気になったときにコロコロやっておく。
 
コロコロがあればちょっとしたときにこまめに掃除するようになるので、高頻度でがっつり掃除する時間をとる必要がなくなります。

がっつり掃除しなくて済むので勉強時間を確保しやすくなります。
 
 

時短家事術 掃除編② クイックルワイパー

時短家事術 掃除編2つ目は、
クイックルワイパー
です。
 
クイックルワイパーはコロコロでは取れない汚れを取るのに活躍してくれます。
 
堅く絞った雑巾とかでもいいんですが、めんどくさいじゃないですか。
 
だからクイックルワイパーでごっそりほこりをとって、それを掃除機で吸いましょう。
 
クイックルワイパーは優秀なのでかなりごっそりとってくれてラクです。
 
ぼろくなったら捨てればいいのもラクですよね。
 
あとほこりが気になったときにこまめにとるのにも使えるので、コロコロと同じように、がっつり掃除しなくてもなんとなく部屋をキレイにしていけます。

同じく時短して勉強時間確保につなげられるというわけです。
 
 

時短家事術 掃除編③ 掃除しやすいレイアウト

時短家事術 掃除編3つ目は、
掃除しやすいレイアウト
です。
 
部屋のレイアウトを掃除しやすいようにしておくというのも時短に効果的です。
 
例えば、あまりモノは多く置かず、出来るだけ収納してしまって、細かいモノにほこりがたまらないようにするとか
 
クイックルワイパーやコロコロでこまめに掃除しやすいように家具を配置するとか
 
ですかね。
 
とにかく自分が掃除しやすいと思うレイアウトにしておくと、掃除が楽になり、時間も短縮できるようになります。その結果、勉強時間も確保しやすくなります。
 
 

時短家事術 掃除編④ ワイヤレス掃除機

時短家事術 掃除編4つ目は、
ワイヤレス掃除機
です。
 
ふつーの掃除機ってコードつないで、準備して使うからめんどくさいんですよね。
 
ワイヤレスにしておくとパワーはおちるけど、充電器から外してすぐ使えるので、使い勝手がいいです。
 
で、使い勝手が良くなると、ちょっとホコリがきになるときとか、まめに掃除機かけるようになります。
 
そうするとこれまた掃除の時間をわざわざ確保しなくても部屋を掃除できるようになり、掃除の時間が短縮できます。勉強時間も確保しやすくなります。
 
 
 

時短家事術 料理編


ここからは、
時短家事術 料理編
をお伝えします。
 
料理の時間を短縮して、勉強時間を確保することもできるのでガンガン使っていってください。
 
 

時短家事術 料理編① 電子レンジ活用

時短家事術 料理編1つ目は、
電子レンジ活用
です。
 
電子レンジでチンするだけで作れるものはたくさんありますよね。
 
そういうものを積極的に使うことで、自分で料理する時間を大幅に短縮できます。
 
レンジで料理する場合、「時間がかかるものもある!」って思うかもしれませんが…
 
そういうときはレンジで料理している間に別のことをやればトータルで時短になります。

レンジ調理中の時間にちょっと勉強するという勉強時間確保のやり方もアリです。
 
 

時短家事術 料理編② 多く作って冷凍

時短家事術 料理編2つ目は、
多く作って冷凍
です。
 
料理するときにわざと多く作るようにして、余った分は冷凍して後日食べるようにしましょう。
 
料理は一回でたくさん作るのも少量でもあまり変わりません。
 
それなら、多く作っておいて何日か持たせた方が明らかに時短になります。
 
例えばカレーとかは、でっかいなべで作るのがいいですよね。
 
あとわたしは、とんかつを1日で10枚とか揚げて余りは冷凍して1週間以上つないだこともあります。
 
ちなみに残り物を食べるときは、同じ食べ方ではなくいろいろアレンジすると楽しめます。

料理の回数を減らせるので勉強時間確保しやすくなります。
 
 

時短家事術 料理編③ 洗い物を少なく

時短家事術 料理編3つ目は、
洗い物を少なく
です。
 
例えば
大きな鍋ひとつですべてを完結させるとか
フライパンひとつで完結させるとか

ですね。
 
そういう風に意識してやるようにすると、洗い物が減って本当にラクです。
 
ついでに時短になります。勉強時間も確保しやすくなります。
 
料理後の荒いモノってめんどくさいじゃないですか。
 
だから最初から少し意識して、少なくなるように計算していきましょう。
 
 
 

時短家事術 洗濯編


ここからは、
時短家事術 洗濯編
をお伝えします。
 
洗濯に関しては洗濯機がやってくれるので、たいしたことはありませんが、一応紹介しておきます。
 
 

時短家事術 洗濯編① 短時間コースを使う

時短家事術 洗濯編1つ目は、
短時間コースを使う
です。
 
洗濯機には通常コース、短時間コースみたいのがあると思います。
 
時短のために、短時間コースを使いましょう。
 
ぶっちゃけ、そんなに変わらないと思います。
 
汚れがひどいものを洗うときはダメかもしれないけど、そうじゃないときは全然問題ないです。
 
なので時短のために、普段は短時間コースを徹底しましょう。
 
 

時短家事術 洗濯編② できるだけまとめて洗濯

時短家事術 洗濯編2つ目は、
できるだけまとめて洗濯
です。
 
洗濯はできるだけまとめたほうがラクです。
 
洗濯で一番面倒なのは、干したり、片づけたりですよね。
 
できるだけまとめてしまえば、それをやる回数が減らせます。
 
そして時間も減らせます。勉強時間も確保しやすくなります。
 
洗濯機に洗濯物入れて、出して、干して、片づけてのセットを何回もやると時間かかりますからね。
 
 
 

時短家事術 買い物編


ここからは、
時短家事術 買い物編
をお伝えします。
 
買い物でも少し意識することで、時短できるのでやってみてください。
 
 

時短家事術 買い物編① 買うものはキッチリメモ

時短家事術 買い物編1つ目は、
買うものはキッチリメモ
です。
 
買い物に行くときは、買うものがあるから行くものですよね?
 
だけどそれをメモらずに行くと、買い忘れが起こるかもしれません。
 
そんでまた買いに出かけるとかなったら時間のムダです。
 
なのでそれを防ぐために、必ず必要なものはメモっていくようにしましょう。
 
そうすれば、買い忘れはなくなるし、迷いもなくなり買い物の時間短縮になります。

ムダが減って勉強時間も確保しやすくなります。
 
 

時短家事術 買い物編② 肉は小分けにして冷凍

時短家事術 買い物編2つ目は、
肉は小分けにして冷凍
です。
 
肉を料理のたびにどれだけ使うか悩んでいたら、時間がもったいないです。
 
そこで買った肉は、だいたい同じくらいで小分けにして冷凍しておきましょう。
 
そんで使うときに、必要な分だけ解凍して効率良く使っていきましょう。

悩む時間を減らせばそれだけ時短になって、勉強時間を確保できるようになっていきます。
 
 

時短家事術 買い物編③ 飲み物は箱買い

時短家事術 買い物編3つ目は、
飲み物は箱買い
です。
 
飲み物を箱買いしておくことで、追加で買い物に行く時間を減らせます。
 
飲み物がなくなるたびにコンビニにいっていたら、お金も時間もムダですからね。
 
こういうちょっとしたことを短縮していくことで、勉強時間は確保しやすくなっていきます。
 
 
 

最後に


以上、
時短家事術を使って、勉強時間を確保する方法
でした。
 
細かいところでいろいろ時短していくことで、かなり勉強時間は確保しやすくなります。
 
「時間がない」なんてセリフを吐く前に、できることをやってみてください。
 
意外と時間って簡単に作れちゃいますよ。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 覚えられない人に抜けている勉強の時の4つの意識
⇒ 集中力がない大人のための長時間集中しない勉強法
⇒ 丸暗記の5個のコツと丸暗記がダメって言われる理由
⇒ 英語を話す練習にぴったりの英語勉強アプリ

時間作りテクニックカテゴリの最新記事