勉強したいのに勉強できない社会人のための勉強時間を確保する方法と時間の使い方

勉強したいのに勉強できない社会人のための勉強時間を確保する方法と時間の使い方

こんにちは、
しょうりです。

コチラでは、
勉強したいのに勉強できない社会人のための勉強時間を確保する方法と時間の使い方
を紹介します。

勉強したい気持ちはあるけど、時間がなくて勉強ができない!という悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

勉強したいのにできない理由


ここからは、
勉強したいのにできない理由
をお伝えします。

勉強したいのにできない理由① 時間の使い方が間違っている

勉強したいのにできない理由1つ目は、
時間の使い方が間違っている
です。

がっつり時間がある場合は別ですが、限られた時間しかない場合、うまーく時間を使わないと勉強時間は確保できないし、効率よく勉強をすることはできません。

限られた時間しか確保できない中で、勉強できないと感じる場合はこれが原因かと思います。

時間の使い方を工夫していきましょう。

勉強したいのにできない理由② 勉強方法が間違っている

勉強したいのにできない理由2つ目は、
勉強方法が間違っている
です。

がっつり時間がある場合とそうじゃない場合で、勉強方法は使い分けないと勉強時間が確保できないし、効率よく勉強することはできません。

なので状況に合わせた勉強方法を選択して、常に効率よく勉強できるようにテクニックを仕入れておきましょう。

勉強したいのにできない理由③ 無駄な時間が多すぎる

勉強したいのにできない理由3つ目は、
無駄な時間が多すぎる
です。

時間があまりにもないという場合は、おそらく生活の中に無駄な時間が多すぎることが原因です。

なのでまずは生活の中からムダでしかない時間を削除するところからはじめていきましょう。

そうしないと勉強時間を確保することはいつまでできません。

社会人にありがちな時間の無駄


ここからは、
社会人にありがちな時間の無駄
をお伝えします。

社会人にありがちな時間の無駄① 残業

社会人にありがちな時間の無駄1つ目は、
残業
です。

社歌人が時間取れない原因の多くを占めるのが、残業ではないでしょうか。

基本的に残業というのは上司の指示があってからやるものなので、自分から進んでやる必要はありません。

なのでまずは残業しないように仕事する生活に切り替えていきましょう。

残業は多少お小遣いもらえるかもしれないけど体力と時間の無駄ですからね。

なるべくなくして、勉強時間を確保できるようにしていきましょう。

社会人にありがちな時間の無駄② 飲み会

社会人にありがちな時間の無駄2つ目は、
飲み会
です。

仲の良い人たちとたまに行く飲み会は除いてください。

それ以外の、会社の飲み会とか、大して仲良くない人とのうすっぺらい人間関係の飲み会とか、そういう飲み会ですね。

それらはすべて時間の無駄なので、生活の中からすべて削除していきましょう。

社会人の多くは飲み会でもかなり多くの時間を無駄にしているので、それらをすべて削除するだけでもかなりの勉強時間を確保できるかと思います。

社会人にありがちな時間の無駄③ タバコ

社会人にありがちな時間の無駄3つ目は、
タバコ
です。

タバコは時間とお金の無駄。さらにカラダに悪い。まわりの人にも害を与える最悪なモノです。

やめる以外の選択肢はないかと思います。

やめることでタバコで無駄にしていた時間を勉強時間として確保できるようになるし、健康状態も改善できるので良いことしかないかと思います。

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法


ここからは、
勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法
をお伝えします。

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法① 残業しない

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法1つ目は、
残業しない
です。

とにかくまずは残業しない生活に切り替えましょう。

朝から定時ピッタリに帰れるようにプランを立てて、仕事してください。

やってやれないことはないはずです。

定時で帰るテクニックについて紹介している記事もあるので、よかったらそちらもご覧ください。
定時で帰るのを気まずいと思わなくなるメンタル改造戦略と定時で帰るコツ

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法② スキマ時間

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法2つ目は、
スキマ時間
です。

移動中、昼休み、電子レンジでチンしている時間などなど…

日常の中にあふれているスキマ時間を意識して、勉強に充てることで勉強時間を作ることができます。

1つ1つは短い時間ですが、ちまちま積み重ねていけばけっこうな量になります。

実際やればわかりますが、数分の積み重ねでもかなり身につきます。

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法③ 少し早起きor少し遅寝

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法3つ目は、
少し早起きor少し遅寝
です。

少し早く起きてその時間を勉強に充てるか、少し遅く寝てその時間を勉強に充てるかしましょう。

毎日15~30分程度かもしれませんが、積み重ねるとこれも大きな時間になります。

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法④ 仕事中の暇な時間を使う

勉強したい社会人のための勉強時間を確保する方法4つ目は、
仕事中の暇な時間を使う
です。

もしも仕事中に暇な時間があって、比較的に自由に過ごすことが許されるのであれば、その時間を勉強に使うのも効果的かと思います。

会社での暇な時間ってほかにできることもないからただただだらだらボーっと過ごして時間を無駄にしがちなので、勉強しましょう。

そしたら帰ってから大量に勉強時間確保しなくても勉強できるようになっていきます。

勉強したい社会人のための時間の使い方


ここからは、
勉強したい社会人のための時間の使い方
をお伝えします。

状況に合わせてうまーく時間を使って勉強時間を確保するために知っておいてください。

勉強したい社会人のための時間の使い方① 短い時間

勉強したい社会人のための時間の使い方1つ目は、
短い時間
です。

短い時間におすすめの勉強は…

・ちょっと読む
・簡単な問題を頭で解く
・ちょっと動画見る
・覚えたことを思い出す
・解いた問題を思い出す

といった感じですかね。

短い時間にやるのは、主に復習系、基礎系の勉強が良いかと思います。

あまり高度な問題になると1問解くのに時間がかかってしまうので、短い時間でやろうとすると中途半端になってしまいます。

なのでなるべく短時間でできる系の勉強をはめこんでいってください。

短い時間をうまく使って積み重ねていくことで多くの勉強時間を確保できます。

勉強したい社会人のための時間の使い方② 長い時間

勉強したい社会人のための時間の使い方2つ目は、
長い時間
です。

長い時間におすすめの勉強は…

・難しめの問題を解く
・じっくり系の問題を解く
・がっつり暗記しまくる
・エンドレス勉強法

ですね。

時間が長めに確保できているときは、あまり時間を気にせず勉強できるので、時間がかかる系の勉強を積極的に行うのがおすすめです。

長い時間に短い時間にやる勉強をたくさんやるのでokです。

ちなみにエンドレス勉強法については以下の動画を参考にしてください。

勉強したい社会人のための時間の使い方③ スマホ触れる時間

勉強したい社会人のための時間の使い方3つ目は、
スマホ触れる時間
です。

スマホを自由に触れるときにはスマホを活用した勉強法を積極的に使っていきましょう。

・アプリで勉強
・動画で勉強

主にこの2つになると思いますが、ガンガンスマホを勉強道具として使い倒していってください。

間違ってもポチポチスリスリするだけのゲームで時間を浪費しないようにしてください。勉強時間を確保するために動いてください。

勉強したい社会人のための時間の使い方④ スマホ触れない時間

勉強したい社会人のための時間の使い方4つ目は、
スマホ触れない時間
です。

スマホ触れない時間は、紙媒体を使って勉強するか、頭の中で勉強するのがおすすめです。

本開いて勉強できる状況ならそれでいいかと思います。

手元に本がないとか、本開ける状況ではないのであれば頭の中で、昨日触れた問題を思い出したり、覚えていることを片っ端から思い出したりして頭の中で復習しましょう。

頭の中で復習したってあまり意味ないって思うかもしれませんが、そんなことありません。

とても高い復習効果あるのでガンガン実践してみてください。

最後に


以上、
勉強したいのに勉強できない社会人のための勉強時間を確保する方法と時間の使い方
でした。

勉強したいのに勉強できない!って感じている方は、ぜひ取り入れてみてください。

勉強のための時間を増やすことができ、時間をうまーく使えるようになり、効率よく勉強していけるようになります。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 大人の数学の学び直しにおすすめのツールと勉強法
⇒ 英語を話す練習にぴったりの英語勉強アプリ
⇒ 大人の勉強のやり直しに塾はおすすめしない5個の理由
⇒ 社会人が勉強しない理由と勉強しない5個の恐ろしいデメリット

時間作りテクニックカテゴリの最新記事