仕事の理解力がない人が理解力を高める5個の方法

仕事の理解力がない人が理解力を高める5個の方法

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
仕事の理解力がない人が理解力を高める5個の方法
についてお伝えします。
 
仕事の理解力がない人は、
仕事できないやつ認定されて
職場で期待されなくなります。
 
まわりに理解力がない人がいると、
まわりの人はたいそうストレス感じます。
 
なので、
理解力がないと自覚のある方は、
ぜひ改善に動き出してください。
 
また、
まわりに理解力がない人がいる場合は、
ここでお伝えすることを実践させてみてください。
 
改善していくと思います。
 
 
 

仕事の理解力がない原因


ここからは、
仕事の理解力がない原因
をお伝えします。
 
まずは、
理解力がない原因が何なのか?
を明らかにしていきましょう。
 
 

仕事の理解力がない原因① 集中力不足

仕事の理解力がない原因1つ目は、
集中力不足
です。
 
集中力がなくて、
人の話をちゃんと聞いてなくて、
理解できないパターン
ですね。
 
これはとりあえず、
人の話はちゃんと聞くようにしましょう。
 
話を聞かなくて
理解力上げようなんてのは
むちゃなお話ですから。
 
 

仕事の理解力がない原因② 柔軟性がない

仕事の理解力がない原因2つ目は、
柔軟性がない
です。
 
カラダではなく、
頭の話です。
 
柔軟性が欠けているのも、
理解力がない人の特徴です。
 
自分の考えに固執しすぎないように
気をつけていきましょう。
 
そんなことしていても、
成長しないし、理解力も高まりませんから。
 
 

仕事の理解力がない原因③ 教える人が下手

仕事の理解力がない原因3つ目は、
教える人が下手
です。
 
こちらがどれだけ集中して、
真剣に取り組んだとしても、
教える側が下手くそでは、
理解しようがありません。

 
この場合は、
教えるのが下手な人対策を
使ってみてください。
 
 
 

仕事の理解力を高める方法


ここからは、
仕事の理解力を高める方法
をお伝えします。
 
意識して行動を変えることで、
勝手に理解力がない状態から
脱却できるので使ってみてください。
 
意識して日々実践するのが大切です。
 
 

仕事の理解力を高める方法① 超メモる

仕事の理解力を高める方法1つ目は、
超メモる
です。
 
指示や装置の使い方、連絡事項など、
必要な情報はとにかくメモしましょう。
 
基本的なことですが、
理解力がない人は
コレを徹底してない可能性が高いです。
 
まずは最低限、
メモはがっつり取る。
 
これをあたりまえにしていきましょう。
 
メモの注意点としては、
いい加減に書きすぎないこと
です。
 
あとで見て、
ちゃんと理解できるように
気をつけてください。
 
読めなかったら意味ないので。笑
 
 

仕事の理解力を高める方法② 柔軟に受け入れる

仕事の理解力を高める方法2つ目は、
柔軟に受け入れる
です。
 
自分の考えはおいといて、
いったん言われたことを
すなおに受け入れましょう。
 
この姿勢が大切です。
 
柔軟性に欠けていると、
狭い視野で、浅い思考で、
成長できないし、
一生理解力高まりません。
 
 

仕事の理解力を高める方法③ わからないことはすぐ質問する

仕事の理解力を高める方法3つ目は、
わからないことはすぐ質問する
です。
 
わからないことがあったら、
すぐ質問するように心がけましょう。
 
わからないままにするのは
絶対にダメです。
 
疑問に思う部分、
よくわからない部分
出てくることってあります。
 
そこをしっかり聞くようにすることで、
理解力は高まっていきます。
 
 

仕事の理解力を高める方法④ 聞くことを恐れない

仕事の理解力を高める方法4つ目は、
聞くことを恐れない
です。
 
説明されたことに対して、
質問するのを恐れる人がいますが、
そんな必要はありません。
 
「何度も同じこと聞くな」
とかいう無能指導者もいるかもしれませんが、
それはそいつの教え方が悪くて
伝わってないのが悪いので、
恐れずに質問してやりましょう。

 
ちゃんと質問して、
疑問を解決していくことで、
理解力は高まっていきます。
 
 

仕事の理解力を高める方法⑤ とりあえずやってみる

仕事の理解力を高める方法5つ目は、
とりあえずやってみる
です。
 
ひととおり教えてもらって、
疑問が解決したら、
とりあえず実践してみてください。
 
細かいことをいつまでも考えていても
仕事は一向に進みません。
 
なので、
一通り疑問が解決したら
とりあえずやってみる
 
この考えで動いていきましょう。
 
 
 

わからないことを聞くときの注意点


ここからは、
わからないことを聞くときの注意点
についてお伝えします。
 
聞き方が悪いと、
いつまでたっても疑問が解決しないし、
無駄な質問を繰り返してしまう
ので、
ここもしっかり意識していってください。
 
 

わからないことを聞くときの注意点① まずは自分で調べてみる

わからないことを聞くときの注意点1つ目は、
まずは自分で調べてみる
です。
 
とりあえず自分で
調べることができるようなことだったら
一旦自分で調べてみましょう。
 
調べたら案外すぐに解決することって
けっこうあります。
 
調べてもわからなかったら、
「調べたけどわからなかったので
教えてください」

って聞けばいいです。
 
自分で一旦調べていることで、
「自分でなんとかしようとした感」も
演出できる
のですんなり教えてもらいやすいと思います。
 
 

わからないことを聞くときの注意点② 質問は具体的に細かく

わからないことを聞くときの注意点2つ目は、
質問は具体的に細かく
です。
 
「わかりません」
では教える側もめんどくさいので
いやになります。
 
そういういい加減な質問ではなく、
なんの、どこの、どういう点がわからない
という感じで
 
聞きたい部分を
出来るだけ具体的に細かくしてから
聞くように
しましょう。
 
そうすることで、
質問した相手がこたえやすくなります。
 
質問がざっくりすぎると、
なにを答えればいいのか伝わりません。
 
だから、
質問はできるだけ、
具体的に細かく!

これも意識してみてください。
 
 
 

教えるのが下手な人対策


ここからは、
教えるのが下手な人対策
をお伝えします。
 
あなたになにか教える人が
下手くそな人だった時に
意識して使ってみて
ください。
 
下手な人からでも
しっかり必要な情報を
引き出せるようになる
かと思います。
 
 
 
教えるのが下手な人対策は、
こっちから細かく聞きまくる
これだけです。
 
下手な人の説明だと、
最初の説明の段階から
全然理解できないと思います。
 
なので最初の説明の段階から、
わからない部分が出てくるたびに、
細かく聞きまくって
ください。
 
ひととおり聞いてからだと、
時間がもったいないです。
 
下手な人の説明は
一通り聞いても何も理解できませんからね。
 
説明の途中でも関係なく、
ガンガン聞きまくってください。
 
説明下手な人は、
なにを伝えればいいかわかってないので、
細かく1つ1つこちらから聞くことで、
情報を引き出せる
ようになります。
 
 
 

脳を鍛えて理解力を高める方法


ここからは、
脳を鍛えて理解力を高める方法
をお伝えします。
 
仕事上の行動以外で、
理解力を高める方法

少しだけ紹介しておきます。
 
日常生活のなかで
意識して取り入れることで、
脳が成長し、理解力も上がっていくかと思います。
 
脳って使わないと
腐っていきますからね。
 
 

脳を鍛えて理解力を高める方法① 本を読む

脳を鍛えて理解力を高める方法1つ目は、
本を読む
です。
 
本を読むことで、
日常では遭遇しないいろんな世界に
触れることができます。

 
自分の世界にはない考え方に触れることで
視野がひろがります。
 
語彙力もあがるので、
教えるスキル、質問のスキルも
鍛えられます。
 
 

脳を鍛えて理解力を高める方法② 新しいことに挑戦する

脳を鍛えて理解力を高める方法2つ目は、
新しいことに挑戦する
です。
 
新しいことに挑戦することで、
脳にいい感じの刺激を与えられます。
 
まだ見ぬ世界を知ることで、
視野も広がり、頭の柔軟性も高まります。
 
 

脳を鍛えて理解力を高める方法③ 勉強する

脳を鍛えて理解力を高める方法3つ目は、
勉強する
です。
 
社会人になると、
急に勉強しなくなる人が増えます。
 
そのため脳が腐っていき、
理解力もダメになっていきます。
 
それを防ぐためには、
やっぱり勉強するのが一番です。
 
勉強は脳を活性化するのに
ちょうどいい手段です。
 
社会人が勉強するなら、
英語や資格、
あとは忘れてしまった過去の勉強

とかもいいかもしれませんね。
 
なんでもいいので、
学ぶことで脳を使って、
理解力も高められます。

 
 
 

最後に


以上、
仕事の理解力がない人が理解力を高める5個の方法
でした。
 
理解力がないという自覚のある方は、
今すぐ取り入れて改善していきましょう。
 
まわりに理解力がない人がいる方は、
その人たちに教えて、実践させてください。
 
そうすることで、
教えるときのストレスを軽減できますよ。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

仕事関連カテゴリの最新記事